Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【スイーツ】壽々喜園×ななや 世界一濃い抹茶ジェラート

世界一濃い抹茶ジェラート 壽々喜園×ななや

今日は浅草の新たな名物スイーツ「世界一濃い抹茶ジェラート」を販売している「壽々喜園さん」を訪れてみました。訪れるのは2回目なのですが、去年の夏に訪れた時はかなり混んでいて50分待ちでした。今回は開店直後&冬ということもあり混雑はなく、ゆったりと抹茶ジェラートを堪能できました。


看板には大々的に「世界で一番濃い抹茶ジェラート」と書かれています!あいかわらず期待が膨らむ看板です。

壽々喜園さんの抹茶ジェラートは濃さが7段階に分かれており、それぞれ「NO.1」〜「NO.7」とナンバリングされていて「NO.7」がMAX濃度となっています。一般的なジェラート屋さんの抹茶ジェラートが大体「NO.3」くらいかなと思います。基本的にどの抹茶ジェラートを食べても美味しいですが、せっかく「壽々喜園×ななや」さんに来たのなら、やっぱり「NO.7」を食べたいところ。

と、いうことで今回は「NO.7」と季節限定の「いちご」のダブルをカップで注文しました。


見るからに濃い抹茶ジェラートNO.7。ちなみに「NO.7」は農林水産大臣賞受賞茶園の高級抹茶を使用していて、この濃厚な抹茶が「世界一濃い抹茶ジェラート」を作り出しています。「NO.7」に埋もれているのは「いちご」です。この「いちご」の役割は「NO.7」と交互に食べることで「NO.7」の濃厚さを引き立たせてくれる重要な引き立て役です。「いちご」の味自体は可もなく不可もなくです。


「NO.7」は相当な濃さで「苦っ!!(TmT)」という感想を持つ人が多いようです。私は「NO.7」の濃厚さが大好きなので、もはや「NO.7」以外では満足できませんが、苦いのが苦手な人は「NO.3〜5」を選ぶといいみたいです。

抹茶が好きな人やジェラートが好きな人、普段あまりスイーツを食べない方も是非一度は食べて欲しい抹茶ジェラートです。もちろん濃度は「NO.7」でお願いします(笑)

壽々喜園×ななや 公式WEBサイト

「簡易的な地図」


お店は浅草寺のスグ裏の大きな通り「言問通り」にあります。なので、行き方は「浅草寺」のスグ隣の道を直進すると、、、


浅草観音堂という信号のある十字路に突き当たります。そして信号を渡って左に曲がります。で、ちょいと歩くとすぐ着きますヨ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作