Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【イタリア】フィレンツェは職人の街-革が魅力

私にとって特別な国 イタリア

イタリアは私にとって初めて訪れたヨーロッパの国で、「革」や「彫金」といった「工芸」に興味を持ったキッカケとなった国です。イタリアといえば、なんといっても「ローマ・フィレンツェ・ヴェネツィア」といった中世の面影を残す街が魅力!歴史や古いものを大切にする文化がある国なので、中世の街並みがそのまま保存されています。まさにゲームのような「中世ファンタジー」を感じられる感じることができる国です。

フィレンツェ
イタリアは世界遺産が世界一多く、ヴェネツィア・フィレンツェやヴェローナなどは「街自体」が世界遺産!。そのせいか、マクドナルドやスーパーのような近代的な建物が少なく、中世の世界を歩いている!気分に浸れるのが魅力です。ドイツやスイスといった中欧の国より「治安」は悪いので注意が必要ですが、国際的観光地のヴェネツィア・フィレンツェを中心に北イタリアはイタリアの中でも比較的治安が良いとされています。

ヴァイオリンと革の聖地

イタリアは職人の国としても有名です。革、彫金、製靴、ステンドグラス、ヴァイオリンといった中世から現在まで受け継がれた技術は多くの人を魅了します。私がイタリアの工芸で好きなのは「革とヴァイオリン」。もともと音楽が好きなこともあり、ヴァイオリン製作にはイタリア関係なしに興味があったのですが、革は始めてフィレンツェを訪れた時に強い魅力を感じたジャンルです。


ちゃんとした革ってこんなに魅力的なのか、、、と。フィレンツェの街並みも相まって「革工芸」に興味を持ちました。

職人の街 フィレンツェ

イタリアトスカーナ州には中世の魅力的な都市が集まっています。その中でも「花の都」と呼ばれるフィレンツェは一際強い存在感を放つ街です。

山の中に佇むこの街はまさに中世の世界!散歩するだけでもワクワクが止まらない。。

フィレンツェ

フィレンツェは絵画・彫刻を中心に「美術の街」であるのは有名ですが、「革・彫金」といった工芸が盛んな職人の街でもあります。有名ブランドのグッチ・フェラガモはフィレンツェで生まれました。そのせいか工芸の留学も盛んで、世界各国から多くの留学生が訪れます。私自身もこの街を訪れたことで、イタリアと革に興味が湧きました。

※特にオルトラルノ地区は技術職人の工房が多く存在する地域で、今でも多くの職人たちが現役で活躍しています。

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂

do-mo

フィレンツェのシンボル「サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂」はドゥオーモ(大聖堂)、サン・ジョヴァンニ洗礼堂、ジョットの鐘楼の三つの建築物で構成されている教会。名前の由来は「花の聖母マリア」という意味です。

多くの観光客が訪れるサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂ですが、「ジョットの鐘楼」を最上階まで登ると写真のような景色が一望できます。遠くまで見渡しても、赤いレンガの街並みが広がる中世の世界観。ここから見る景色は絶景です。

買い物も楽しめます

フィレンツェ お店

フィレンツェにはシーリングスタンプや羽ペンを扱う文房具店、フィレンツェ伝統のマーブル紙のお店など、この街にしかない魅力的なお店がいっぱい。そのほとんどが個人・家族経営というところが素晴らしい。大企業の量産品に味気なさを感じている人にはうってつけの街ですね♪

イタリアは料理も魅力

イタリアは定番のパスタ・ピザはもちろん、ジェラートやカタラーナといったスイーツまでもが本当に美味しい。これは他のヨーロッパ諸国を圧倒するアドバンテージだと思います。特に観光で訪れる場合は、食事は旅行中の楽しみの一つですからね!本当美味しい方に越したことないです。

日本のイタリア料理もレベルが高く、日本の味の方が美味しいとも感じますが、イタリアならではの味付けも多く、現地でしか味わえない食事も楽しめます。

まとめ

中世の街並みを楽しみ、美味しい料理を食べ、芸術や工芸に触れる。イタリアはそんな贅沢な時間を過ごせる国です。実際に暮らしてみると「時間通りに公共機関が動かない」「適当な人が多い」といった、日本人にとって不満が多く厳しい環境なのかもしれませんが、観光や留学で訪れるなら最高の国の一つかもしれません。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作