Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

バロック時代の作曲家 音楽の母と呼ばれたヘンデル

偉大なる作曲家ヘンデル。クラシックに詳しくない方でもこの名前を知っている人は非常に多いです。ただ、名前は知っていてもどのような人物だったのか知らない人が多いので、今回はヘンデルについて大まかに解説していこうと思います。

音楽の母と呼ばれたヘンデル

クラシック作曲家 ヘンデル

ヘンデルは1685年に生まれたバロック時代の作曲家。正式名称は「ゲオルク・フリードリヒ・ヘンデル」といいます。この時代の作曲家はドイツもしくはオーストリアで活躍した人物が多いイメージですが、ヘンデルはキャリアの大半をイギリスで過ごしたイギリスの作曲家です。

また、同時期に音楽の父と呼ばれるバッハがいたことから、ヘンデルは「音楽の母」という呼び名が与えられています。バッハの音楽がガッチガッチの理論武装をした教会音楽であったのに対し、ヘンデルの音楽はメロディアスな音楽だったことが「バッハ=父、ヘンデル=母」というイメージにつながったのでしょう。

ただ、音楽の母という名は日本人がヘンデルをバッハと対等の存在として位置付けるために作った言葉であるため、諸外国ではこれらの呼び名は存在しません。

ヘンデルの音楽スタイル

ヘンデルの音楽スタイルはオペラなどの劇場用の音楽。現代でいう映画やゲームの劇伴作曲家といえます。オルガン曲・宗教音楽をメインに作曲したバッハに対し、ヘンデルはオラトリオ・管弦楽曲・オペラ作品をメインに作曲活動に励みました。

ヘンデルには数々の名曲がありますが、そのどれもメロディアスな旋律が印象に残ります。

名曲① ハレルヤコーラス


ヘンデルといえばまずはこの曲でしょう!おそらく知らない人などいないのでは?有名すぎるハレルヤコーラスが特徴的なオラトリオです。

名曲② 調子の良い鍛冶屋


正式には『ハープシコード組曲 第5番 ホ長調』HWV.430 の終曲「エアと変奏」と呼ばれる曲です。バッハのチェンバロ曲とは異なり、軽やかな曲調に仕上がっています。余談ですが、私の地元の葛飾区にある駄菓子屋は入店するとこの曲が流れます。

名曲③ 見よ、勇者は帰る

運動会の表彰式でよく流れるテーマです。ヘンデルの曲は現代でも馴染みのある曲が多いですね。

名曲④水上の音楽


ヘンデルの管弦楽作品としてもっとも知名度の高い曲。冒頭部分はテレビでもよく流れます。この曲はイギリス王ジョージ1世の為に作曲したといわれています。

ヘンデルの生涯

ヘンデルはドイツのハレという街でバッハが生まれた年(1685年)に生まれました。音楽一家の生まれではなかったヘンデルは大学で法律を学びますが、音楽への情熱を捨てきれずに両親の反対を押し切って音楽への道に進みます。

キャリアのスタートはドイツ・ハンブルク。当時のドイツで名を馳せていた理論家:マッテゾンに師事し、作曲を学びます。1705年には初めてのオペラを作り上げ、非凡な才能の片鱗を見せます。

1706年にはイタリアに渡り、当時の最先端音楽ジャンルであったオペラ曲を多数作り上げました。1712年にはロンドンに移り住み、1727年にはイギリスに帰化。ドイツで活躍したバッハとは対照的に、ヘンデルは3カ国をわたり歩いたため、ドイツ語・イタリア語・英語といった多言語を操ることができます。

ロンドンでは前期はオペラ、後期はオラトリオ・声楽曲を中心に作曲し、オペラでは「アリオダンテ」「忠実な羊飼い」、オラトリオでは「アレキサンダーの饗宴」「メサイア」といった代表作を生み出しました。

ヘンデルの曲はエンターテイメント色の強いものが多く、当時の音楽界としては実に華やかな活躍をした人物といえるでしょう。

晩年は眼病との戦いに苦しみます。1751年から視力が減退し、眼科医”ジョン・テイラー”の手術を受けますが1752年には視力を失いました。ちなみに、この眼科医はバッハを結果的に失明させた眼科医であり、大作曲家2名を失明させたヤブ医者として後世に語り継がれています。

失明後は即興音楽家として活躍しますが、1759年4月14日にその生涯を終えました。

まとめ

ヘンデルはキャリア前期はオペラを中心に、キャリア後期はオラトリオ作曲家として活躍しました。また、キャリア初期のハンブルク時代はヴァイオリン奏者としても活躍しています。弦楽器の扱いに優れているからこそ、管弦楽曲の作曲に長けていたのでしょう。

教会音楽で活躍したバッハとは対照的に大衆音楽で活躍したヘンデル。今でいうポップス作曲家ともいえるヘンデルは間違いなく音楽の歴史を切り開いた一人であるといえます。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作