Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

1万円台でゲット!コスパ抜群のHUAWEI P9 lite PREMIUMに機種変

私はスマホを最大限駆使して生活するタイプではありません。用途としてはちょっとゲームをしたり、ネットサーフィン・LINEをするくらいなので、正直そこまでスマホにお金をかけたくないのです。

ですので、現在まで使っていたスマホは2014年夏モデルの「HTC J butterfly HTL23」という非常にコスパに優れた機種を使っていました。しかし!このHTC23のバッテリーと電源ボタンがついに逝かれたため、機種変を決意しました。

そこで、白羽の矢がたったのが、こちらもコスパ抜群とされている「HUAWEI P9 lite PREMIUM」。早速このスマホを買っちゃいました!

mobile P9 lite PREMIUM

1万円台で高スペックスマホがゲットできる

iPhoneの定価が高くなる一方なのに対し、Androidはどんどん価格がリーズナブルになってきてます。その差はもう5万円以上。

何が何でもiPhoneじゃなければイヤ!という人でない限り、Androidスマホでも十分だと思います。

特に今回購入した「HUAWEI P9 lite PREMIUM」は1万円台でもハイスペックなスマホですので、オススメです。

P9 lite PREMIUM

P9 lite PREMIUM

◆主なスペック◆
寸法:約146.8×72.6×7.5mm
質量:約147g
ディスプレイ:5.2インチ(フルHD)IPS液晶,1920×1080
OS:Android™ 6.0
CPU:MSM8952 オクタコア(1.5GHz+1.2GHz)
ROM:16GB
RAM:3GB
通信方式:4G LTE / WiMAX 2+  CA対応

ROMは16GBと少なめですが、液晶は綺麗ですし、画面も大きくて見やすいです。RAMも3GBあれば十分。

特に「HUAWEI P9 lite PREMIUM」のようなSIMフリーモデルはキャリアスマホよりもRAMの空きが多いので、普通に使っていれば3GのRAMを使い切ることはありません。

そして通信方式は「WiMAX2+」に対応しているので「下り最大220Mbps」の高速通信が実現しています。まぁ、現実的にはよほど条件がマッチしなければ理想的な速度はでないんですけどね^^;

ただ、1万円台で購入できるスマホとしては非常に優れたコストパフォーマンスを持ち合わせています。

mobile P9 lite PREMIUM

ちなみに、付属品としてクリアケースがついているので、わざわざ別途ケースを買う必要はないです。簡易的な出来栄えですが、Androidスマホはいいケースが少ないので有難いですね。

 

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」を購入するときはヤフオクで!

購入先ですが、今回もこれまでと同様にヤフオクで購入しました。なんだかんだでヤフオクで新品を買うのが一番安上がりですから。

価格.comの最安よりも安いですし、もちろん正規で購入するよりも1万円以上も安くなります。保証はつきませんが、そもそも安いのであまり気になりません。

要は壊さなきゃいいんです!

ネットに繋がらないという問題に直面

安く買えて満足。よし、早速新しいスマホを使おう!と、思った矢先、思わぬ問題に直面にしました。

それは、ネットに繋がらないという問題。

SIMカードを入れ替えても2分〜3分で回線が途切れてしまうのです。。なぜか、機内モードのON/OFFを繰り返すと若干繋がりやすくなるのですが、このままでは不便すぎます。

と、いうことで原因を探った結果、単純なミスに気づきました。

SIMカードがVoLTE通信に対応してなかったんですよね。。

UQ SIM

2014年以降のモデルはほとんどの機種がVoLTE通信に対応していますが、これまで使っていた「HTC J butterfly HTL23」はギリギリVoLTE通信に対応していませんでした。そのため、普通のnanoSIMを使っていたわけです。

ですが、nanoSIMではVoLTE通信とは周波数域が合わないため、すぐに接続が切れてしまう問題が起こってしまいます。そのままでは新スマホを使うことができないので、SIMカードを変更する羽目になりました。。。いつか変えないといけなかったとはいえ、3000円の出費は癪です。

(※私が使っているUQmobileはSIM交換で3000円がかかります)

まとめ

「HUAWEI P9 lite PREMIUM」は1万円台でゲットできる上に、スペックも申し分無いオススメスマホです!特にライトユーザーにはこのコスパフォーマンスは魅力でしょう。

ただ、SIMカードがVoLTE非対応の方はSIM交換が必要なので、ご注意ください。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作