Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ジクソーパズル】おにねこ 森のおとぎ話 を作りました!

イラストレーターおにねこ作:森のおとぎ話

1近年イラストレーターによって描かれたジクソーパズルが増えています。特に童話をモチーフにしたパズルがどしどし発売される様になり、これが結構人気があるのです。今回は私が好きなイラストレーターの「おにねこ」さんの作品『森のおとぎばなし』という作品を購入しました!

森のおとぎばなし「おにねこ」さんがのイラストは優れた色彩感覚と透明水彩なタッチが魅力的で、その作品も素敵なイラストに仕上がっております。とても可愛らしく、森をテーマとにしてい作品なので家に飾ろうと思い、購入してみました。

実は前も「おにねこ」さんの作品を作っていて、その時は1000ピースの作品を作りました♪ただ、1000ピースを作りすぎても置き場所に困るので今回は450ピースです。(300ピースの大きさでの450ピースなので、少し細かい品です。)

まずは、外周から作ります。

では、製作に取り掛かりましょう。1000ピースではなく、450ピースなのでそこまで時間かからないで出来るかと思います。私のパズルの作り方として、最初は角枠を作るところから始めています。その方が崩れにくくもなり、その後の製作がしやすくなります。

角枠で使われるピースは一辺が凹凸の無い直線になっているので、そのピースをピックアップし、組み立てます。

森のおとぎばなしと、こんな感じに外枠が出来ます。

人物や建物など、特徴のあるものから埋めていきます。

今回のパズルは柄が多いので、【パーツの形が特徴的なもの(3凸1凹など)】を除けておいてから、人物・動物など特徴のあるピースから順に組み立てていきます(o´・ω・`o)ノ

海とか空とかが多いとピースの見分けがつかなくて難しいのですが、このパズルは組み立てやすいです。

pazuru230分〜40分くらいでこれくらい作れました♪人物の顔や動物が中心に出来上がりました。最終的には服とか、森の部分が残っちゃいますが、それは形や色で判断していきましょう。

割とすぐに完成

500ピースなのでちゃちゃっとできてしまった感じはあります。キャラクターがはっきりしているので、キャラ毎にパズルを組み立てていったらすぐできました^^;

森のおとぎばなし壁に飾ろうかとも思いましたが、我が家の雑貨エリアその1に置いたら結構しっくりきたので、壁に立てかけました。

moやはり彩度の高さと水彩的雰囲気が素敵ですね。赤いフレームを使っていますが、フレームによって印象がかなり変わるので、自分好みのフレームを探してみるのもオススメです。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作