Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【資格】フォトマスター2級を習得しました。

写真・カメラの知識を検定する フォトマスター

去年のことになりますが、フォトマスター2級という資格を習得しました。習得したからといって就職が有利になったり、給料が上がったりすることは殆どありませんが、カメラや写真の知識の習得に役立つ資格です。

フォトマスター検定公式サイト

作品を創り出す力=「写真力」の向上や、職能域で力を発揮するためには、幅広く確かな実用知識が不可欠。
フォト検の上位級合格は、大きな自信と力になります。

写真の世界では、最終的には作品の質や芸術性が問 われますが、偶然性に頼ることなく、意図したとおりに 撮れてこそ”写真の達人”といえます。素晴らしい作品 を安定的に創作するためには、カメラやレンズ、記録 メディア、フィルム、光源などの機能や仕組み、性質をしっかりと理解・把握し、これらを駆使して思いどおりに撮影できるだけの知識と能力を身につける必要があります。フォト検は、写真愛好者のより高い目標設定か ら、職能域での力の発揮・活躍までをサポートします。

-公式サイトより引用-

上手な写真を撮るのに必要な実用知識を身につけるための検定です。3級、2級、準1級、1級、EXの計5階級に分かれていて、級が上がるにつれ内容が高度になっていきます。私が今回習得したのは「2級」です。

「2級の程度としては」

一般的〜中程度の知識と技法を学ぶ

より写真の知識を深め、楽しむステップです。
一般的〜中程度の知識と技法が身につきます。

届いた合格証がこちらです。フォトマスター検定は併願受験が可能なので、保険として今回は3級も受験しました。まぁ、3級と2級は内容があまり大差ないので、2級だけの受験でもOKだったかなと思いました。

しかし、、、合格証が、、

ダサい。ダサすぎる。

一応クリエイティブな資格なので、合格証くらいカッコよくできないものか( ̄へ ̄|||)

問題内容はこんな感じでした

「ある被写体にピントを合わせた時、ピントを合わせた部分だけではなく、その前後にもピントが合っているように見える範囲があり、この範囲を『被写界深度』という。被写界深度は、レンズの焦点距離と撮影距離が一定ならば、レンズの絞りを開けると浅くなる。」

1.正しい 2.間違い

「レンズの絞り値を変えることによって、露出を調節することができる。絞りの開口部の面積を広くすることを『絞りを開ける』、絞りの開口部の面積を狭くすることを『絞り込む』という。『絞りを開ける』ことは、大きなF値(大きな絞り値)を使うことである。」

1.正しい 2.間違い


カメラにある程度の知識がある方なら無勉強でもある程度は回答できると思います。フォトショップ系の問題やフィルムカメラの問題が普段扱わない人には、とっつきづらい問題かと思いました。何年か前まではフィルムの問題は「選択問題」扱いだったので、対策しなくてもOKだったのですが、今は統一問題になったせいで「フィルム」にある程度詳しくならないとダメです。う〜ん、、個人的には時代錯誤ではないかと、、、。

まとめ

WEB関連の仕事はもちろんEC運営、ブログ運営をされている方にオススメな資格です。写真やカメラに関する知識を向上させることができます。ただ、基本的に自己啓発的資格なので、就職等のアピールには弱いです。過度な期待はしないように。。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作