Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【禁煙】飲食店が原則禁煙に向かっていますが

オリンピックを東京2020年に控え、ついに日本でも飲食店の原則禁煙化への動きが加速してきました。愛煙家の方には申し訳ないですが、私はタバコが嫌いな「嫌煙家」なので、とても嬉しいことだと感じています。

できるだけ飲食店では喫煙を避けて欲しいのが本音

私は19歳くらいの時に、今まで大丈夫だったタバコの臭いにアレルギー反応が出るようになってしまいました。正確にはタバコからでる化学物質に対するアレルギーなのですが。喫煙室から帰ってきた人が隣に座るだけで気持ち悪くなったり、血圧上がるし目もしょぼしょぼしてくるんですよ^^;

なので、全面喫煙可なお店は行けませんし、分煙が徹底されていないお店にも行けません。いくら料理が美味しくても、喫煙席の有無によって行けないお店になってしまうのは悲しいです。

それ以上に付き合いでの食事が問題

大人になるとすぐ「飲みにいきましょう!」と言われてしまいますが、、、タバコの臭いや煙がダメとなると、居酒屋には行けないんですよね。現在の日本の居酒屋はほとんど喫煙可能になっていますので。

それに、喫煙者の人と食事に行くと「喫煙席」「禁煙席」問題も発生して正直気を使ってしいます。

まぁ、、、私はお酒自体も飲めないので、どちらにせよ行かないことが多いのですが^^;アルコール摂取しちゃうと「毒」状態なステータス異常をもたらすので。

そうはいっても歓迎会や上司とのコミュニケーション、サークル活動、すべて飲み会がつきものです。それがNGになると苦労するわけです。行けば「タバコの煙」で体調崩しますし、行かなければコミュニケーションをとる機会が格段に減るし、まぁ色々と不利になるわけです。組織にいるならなおさら、、、。

世の中には未だに「飲みニケーション」が横行しています。そりゃ昔よりは減りましたが、「飲み会NG」な人間よりは「飲み吸いOK」のほうが、男社会では戦いやすいでしょう。

少なくても私の場合は「室内全面禁煙」になれば出席くらいはできるのです。酔っ払いの話を聞いたり、テンションを合わせることくらいは私にもできますし。しかし、「タバコの煙」は隣でモクモクされたら耐えられないわけです。無条件でアレルギー反応でてしまうので。

喫煙者の中には理解のない方もいて、

神経質なだけ。。わがままなやつ。

と思われることもよくあります。

相手が譲歩してくれない限り、私は「理解のない喫煙者」の方とは食事をすることも難しくなります。服に残っているヤニの臭いで気持ち悪くなるくらいですから。さすがに「服についた臭い」までなんとかしろ!とは言いませんけど、喫煙者の人には非喫煙者にとって「有害な煙」を撒き散らしていることは理解してほしいです。

余談ですが、学生時代の友達も「喫煙」によって疎遠になってしまった人も多いです。。今も喫煙者とは友達どころか表面上仲良くするのも難しい。気を使っちゃいますからね、、お互い。

まとめ

吸ってもいい場所だから吸わせろ!とか、吸わないとイライラするとか、車の排気ガスの方が害など、様々な言い分はあると思いますが、喫煙による煙は「有害」なものであることは確かであり、その「煙」で困っている人や苦しんでいる人がいるのも事実なのです。

ですので、喫煙者の方には申し訳ないですが「飲食店全面禁煙化」はとても良いことだと思います。そして、できれば各自治体には喫煙者向けに、煙の漏れにくい喫煙スペースを各所に設置して欲しいです。(歩きタバコが増えないように・・・)

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作