Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

伊豆高原の可愛い施設 「伊豆テディベアミュージアム」

東京から約2時間くらいで到着するテディベア・ミュージアム。最寄駅は伊豆高原駅となっており、近隣には多くの美術館やミュージアムが立ち並びます。そんな伊豆高原で特に人気が高い施設が「伊豆テディベアミュージアム」です。

このミュージアムコンセプトは「テディベアの家」。テディベアを愛したおばあさんが、テディベアたちと一緒に住んでいる古い家をイメージして建てられたようです。このミュージアムを「日本におけるテディベアの故郷にしよう」という熱い思いにより、現在は伊豆高原と那須高原の2箇所で様々なテディベアが展示されています。

伊豆テディベアミュージアム
出典:http://teddynet.sakura.ne.jp/izu/

高原の緑の中

伊豆高原駅・桜並木口から徒歩10分ほど歩けば、緑に包まれた洋風な建物が見えます。それが伊豆テディベアミュージアムです。

伊豆テディベアミュージアム
出典:http://www.teddynet.co.jp/

赤いレンガで作られた三角屋根の建物と自然のコントラストはメルヘンチック♪その可愛さから多くの子供や女性が訪れ、伊豆高原でトップクラスの人気を誇る観光地です。

伊豆テディベアミュージアム

入り口には可愛らしい看板が設置されています。しかし、なぜか中心にいるクマさんはレンジャー?冒険家?のような雰囲気。

展示物は写真撮影OK!思い出をイッパイ残せます。

伊豆テディベアミュージアムは100年以上の時を超え、愛され続けるテディたちが優しい出会いを待っています。そしてこのミュージアムは写真撮影がOKなのも魅力。様々なテディベアたちを写真に収めて帰ることができます♪

当ミュージアムは2階建てで構成されているミュージアムですが、1階は通年展示物エリアで2階は期間限定の企画展が行われています。私が訪れた際は「トトロのぬいぐるみ展」が開催されていました。

展示されているテディベアの一部を紹介します

伊豆テディベアミュージアム

暖炉の前に並ぶオシャレをしたテディベアたち。アンティークな雰囲気も相まって、どこかロンドンな雰囲気を感じます。

伊豆テディベアミュージアム

一際目立つメリーゴーランドに集まるクマさんたち。ドールハウスのような世界観の展示物が多く、テディベアの様子を眺めるだけでもすごく楽しめます。

伊豆テディベアミュージアム

、テディベアを製造する工場で働くテディベアたち。若干シュールな光景ですが、世界観の作り込みが素晴らしく、小さなとパーツまで精密に作られています。ベルトコンベアもちゃんと動作していて、梱包されたテディベアが上のフロアまで運ばれていくのが面白かったです。

しかも、その後ラッピングまで施されているという(笑)

伊豆テディベアミュージアム

工場の作業員と化しているテディベアさん。。ちゃんとまともな給料もらえているのか?休日はちゃんとあるのか?と心配になります^^;

伊豆テディベアミュージアム

テディベアエクスプレスという列車に乗る貴族風なクマさんたち。溢れ出る上流階級オーラがたまりません!そして衣装の細部まで細かく裁縫されていることが凄い。

伊豆テディベアミュージアム

テディベアエクスプレスは乗客1人1人に設定が加えられており、これを読んだ後にどこにいるか探すのも楽しいです。また、乗客の経歴が様々なのもユニーク。デザイナーにジャズシンガー、名探偵とバラエティー豊かなメンツが並びます。

まとめ

伊豆テディベアミュージアムは単にテディベアを眺めるだけでなく、ドールハウス的な世界を楽しむことができます。家族連れはもちろん、女性同士・カップルにもオススメです。割と男性でも楽しめるように工夫されていると思うので、伊豆高原を訪れた際には是非立ち寄ってみてください。

カフェも併設されているため、時間があればコチラでのんびり過ごすのもGOOD。自然豊かな場所で優雅な時間を過ごせますよ♪

伊豆テディベアミュージアム

http://teddynet.sakura.ne.jp/izu/

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作