Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ製作① ノミを使って傾斜を出す

前回は裏板のカットを終え、遂にヴァイオリンの形に近づいてきたところまで製作を進めました。そこで今回はカットした裏板をひっくり返し、アーチを作るためにノミで木材を掘り進めていきます。

裏板をくるっとひっくり返すとこんな感じに

ヴァイオリン製作 アーチ製作

まず裏板を平らな面からひっくり返し、中央部分を頂点に山なりになっている面を表にしてクランプで止めます。ちなみに、こちら側が完成した時ヴァイオリンの裏側になる面です。

ヴァイオリンの形は側面から見ると「真っ直ぐ」ではなく、「弧」を描いています。この弧をアーチを呼び、木材を掘ることでアーチを徐々に出していく行程がこの段階で必要になります。

まず、下準備でやるべき行程は2つ。1つは中央に縦に2本の直線を鉛筆で引くこと。もう一つはケビキを真っ平らな面に合わせ、8mm幅の線を側面に入れていくことです。特に側面に入れる8mmの線は今後重要になる線なため慎重に刻む必要があります。

際から中心を目掛けひたすら掘り進める

ヴァイオリン製作 アーチ製作

中央と側面のラインが引けたら、この線を基準に「ノミ」で木材を掘り進めていきます。側面は8mmのラインまで掘り、中心の線まで傾斜に見えるように掘り進めます。掘るといっても「デコボコ」な形になるのはよくないので、ノミは寝かせた状態で、なだらかに掘りましょう。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

このように中央に向けて掘りますが、力も必要ですし「8mm」のライン以上進めることはNGなのでゆっくりでいいので正確に進めることが重要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

1/3くらいまで掘りましたが、だいぶ腕が痛くなりました^^;軍手をして休みながらやるのがベスト!

ヴァイオリン製作 アーチ製作

側面から見るとこのような角度になります。だいぶ薄くなりました!Cバウツの先端は大きく削ってしまいがちなので、注意が必要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

2/3付近まで掘り進めたところ。「無の境地」に到達し、ひたすら掘るしかありません!

中央にラインを追加し、さらに掘る

ヴァイオリン製作 アーチ製作

2/3ほど掘った時点で中心に更に2本のラインを引きます。次はこのラインに向け掘り進めますが、掘る方向に注意が必要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

ノミを進める方向はあくまでも上の画像の通り。この進めかたを守りつつ、底辺部の8mm厚から鉛筆でラインに向かってなだらかな傾斜をつくります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

掘り進めると、このような形になります。まだ傾斜が少しふっくらしているため、この部分を若干削れば概ねOKといったところ。

ボタン部分をのこぎりで削り、底部と同様に上部も削る

底面部が削れたら上部も削っていきますが、まずはボタン部分(ネックを取り付ける部分)を8mmの線に沿って切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

使用する道具は「ノコギリ」です。まずは真横に切っていき、ある程度まで切り終えたら真上から切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

横からギコギコ。線より深く削らないために若干線の上から切り始めましたが、上過ぎたかもしれません^^;

ヴァイオリン製作 アーチ製作

横からボディまで線に沿って切ったら、次は上から切っていきます。こちらも間違って線をこえて切らないように注意をしつつ慎重に切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

だいぶ臆病な切り方をしてしまいましたが、とりあえず切れました!あとはノミを使っていらないところを調整します。調整が終わったら、底部と同様に中央部分に引いた線を目掛けて、傾斜を作っていきましょう。

削り終えるとこうなる

ヴァイオリン製作 アーチ製作

一通り削り終えると、中心に引いた線の内側を除いた部分が削られたことがわかります。ここまで削れたら、ひとまず作業は終了。次回は「側面を平らにする」作業への入ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作