Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ作り 2段階目

裏板側面を平らに削ったところで、次は再びアーチを彫ります。この時点ではある程度アーチを描けばOKなのですが、縁は現在の8mmから完成サイズの厚さ約4mmへと掘り進めます。

厚さは箇所によってバラツキがあるため、まずは側面に線を書き入れる工程を行っていきましょう。ちなみに、ヴァイオリンのモデルによってこの厚さは違います。

完成サイズの部分ごとの厚さ

ヴァイオリン製作 裏板

ロウアーバウツは「4.0mm」。

ヴァイオリン製作 裏板

アッパーバウツもロウアーバウツと一緒の「4.0mm」の厚さ。

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツ角は「4.5mm」と若干厚め。

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツの中央付近は「4.2mm」です。

ヴァイオリン製作 裏板

最後にボタン部分。コチラは「4.5mm」です!

各厚さにセットしたケヤキで側面に線を入れる

各箇所の厚みが決まったところで、最初に8mmにケヤキで線を入れた時と同様に線を入れていきます。

ヴァイオリン製作 裏板

今回は厚さが違うため「線が2重」になる箇所がありますが、そういうものなので全然OKです。

ヴァイオリン製作 裏板

ケヤキで1周線が引けたら、線をシャーペンでなぞって線を濃くします。そして、シャーペンの線も1周引けたら、いよいよこの線までノミで掘り進めます。

アーチを掘り進める 2段階目

再びアーチを彫り進めますが、今回は縁を目標の厚さに整えることが重要です。この厚さは最終ラインとなるので、線以上彫り進めないよう細心の注意をはかって彫りましょう。

ヴァイオリン製作 裏板

また、縁を線の厚さまで落としつつ、全体的な厚さも薄くアーチを描くように彫り進めます。

ヴァイオリン製作 裏板

縁以外はかなり厚くなっているため、じゃんじゃん彫っていって構いません!どんどんパワフル彫り進んじゃいましょう♪

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツも4.5mmに丁寧に削ります。そして、アーチの高さがまだまだ高いので「ゆるやかな丘」のようになるまでコチラも削ったり彫ったりを繰り返しましょう。

ヴァイオリン製作 裏板

ひたすら削る・彫るを繰り返し、ある程度緩やかなアーチになってきました。が、ここからまだまだ彫り進めます。次回はアーチ彫り2段階目で行うもう1つの重要な工程「パーフリング作業の下準備」です。

それでは、今回はここまで。

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作