Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ仕上げを完成させる

前回は難関工程であるパーフリングをはめ込む作業を終えました。そこで今回はついに「裏板のアーチ仕上げ」を行います。現状はデコボコしていますが、このアーチを一気に綺麗に仕上げていきましょう。ちなみにこの工程は1記事で説明しますが、実際にはひたすら「彫る」ことが多く、とても時間がかかります。

ヴァイオリン製作 パーフリング

現状はこの状態。大分ふっくらしていますが、これを綺麗にヴァイオリンの形に仕上げるのがアーチ作り工程の最終段階です。

アーチ仕上げ工程①

アーチを仕上げる工程は単純明解!とにかくノミを使ってとにかく彫るのですが、そのためにはまず下準備をしなければなりません。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

下準備とは裏板の縁から2mmのところに線を入れることです。ヴァイオリンは縁がボディよりも若干高く仕上がっているため、その高さを最初に設定します。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

一周縁に沿ってぐるっと線を入れると上記写真のように2mmの縁ラインができます。そして、この線を基準にしてパーフリング部分をノミで削り、縁を作り上げます。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

使うのは上の画像のような形のノミ。このノミを使って、パーフリングに沿って2周ほど削ります。その際に気をつけたいのは2mmの線は絶対に超えないこと

この線を超えると「エッジ」がなくなります。。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

ちなみにCバウツ部分ですが、最初は突っ切ってOKです。ひとまずは気にせず削りましょう。2周削り終えたら、最後にCバウツ箇所の処理をします。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

Cバウツの削り方は2周削ったのち、Cバウツの先端からノミを入れ2周削った部分と深さを合わせます。するとTの字状態に削った状態になるので、あとは余分な箇所を削れば完成です。

とにかく彫りまくる工程に突入!

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

ここからはとにかく彫る彫る彫る…。おそらく手が痛くなるので、軍手や手袋をしながら彫っていくことをオススメします。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

アッパーバウツもロウアーバウツも彫る彫る。とにかくヴァイオリンの形に彫る彫る。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

Cバウツはアーチの傾斜が強いので注意。削りすぎるとカッコ悪くなること間違いなし。しかも取り返しはつきません。

ヴァイオリン製作 アーチ ノミ

また、まだ仕上げ工程には入りませんが、大きくアーチの形からずれると大変なので定期的にテンプレートによるチェックはおこなってください。最終的にアーチの1番高いところは15mmになるので、ノミでは16mm〜17mmのところまで削ればいいと思います。

アーチ仕上げ工程② 豆カンナで削る

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

一通りノミで形を作り上げたら、テンプレートに合うようにさらに細かく調整を行っていきます。今回は上記の状態から「豆カンナ」をかけていこうと思いますが、この状態から豆カンナをかけるのは早すぎました^^;

豆カンナの工程を早めすぎると、削るのに時間がかかり上に指が痛くなるので、ギリギリまではノミで彫るのがベストです!

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

ちなみに豆カンナはこんなアイテムです。この豆カンナを人さし指で親指で掴んで、ゴシゴシとこすっていきます。

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

豆カンナをかけることで、アーチは少しつづ削れていきます。ノミで削った時に比べデコボコが少なく、綺麗な仕上がりに近づいていくのが楽しいです。

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

豆カンナをかける方向に決まりはありません。とにかくアーチが綺麗に仕上がるように、ひたすら豆カンナをかけるのみ!

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

もちろん定期的にテンプレートをチェック。削り過ぎには十分注意しましょう。

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

パーフリング周りはデコボコしていたり荒れていたりするので、ココを綺麗にするのも忘れてはいけません。

ヴァイオリン製作 アーチ 豆カンナ

満遍なく豆カンナをかけると、ここまで綺麗になります。テンプレートとほとんど一致し、左右対称に整えることができたら、豆カンナで削るのをやめて、この先はスクレーパーで最終調整に入ります。

アーチ仕上げ工程③ スクレーパーで微調整

ヴァイオリン製作 アーチ スクレーパー

上記方向にスクレーパーをかけ、デコボコしている部分を一切なくします。ちなみに縁はこの向きでなく、カーブの向きに合わせてかけてもOKです。

ヴァイオリン製作 アーチ スクレーパー

ヴァイオリンの縁は盛り上がっている状態。パーフリングから中央にかけては段差がなく滑らかになっていることが理想です。

ヴァイオリン製作 アーチ スクレーパー

横から見ると綺麗なアーチを描いていることがわかります。

ヴァイオリン製作 アーチ スクレーパー

豆カンナでほとんど調整はできているはずなので、スクレーパーはあくまでも「綺麗にするだけ」くらいに思っておきましょう。そして、全て綺麗に整えられたら終了です。

出来ました!

ヴァイオリン アーチ仕上げ

豆カンナで隅から隅まで削り、その後スクレーパーで調整して全面的に綺麗になった状態がコチラ。かなりヴァイオリンっぽくなりました!

ヴァイオリン アーチ仕上げ

アップで見るとこんな感じです。Cバウツの溝も綺麗に仕上がっています(初回の割に)。これにて、裏板のアーチ製作は完了です。

次回からはこのアーチ部分をひっくり返して内部を彫る工程に入ります。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作