Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】裏板の内側を掘る-前編

前回までの工程で裏板のアーチ(表面)を完成させました。しかし、これで完成というわけではありません。なぜかというとヴァイオリンは内側を掘る必要があるからです。

そこで今回は裏板の内側を掘って裏板を完成させようと思います。この工程は2回に分けて紹介していくので、よろしければご覧ください。

裏板の内側面にラインを入れていく

ヴァイオリン製作 裏板 内側

現在の裏板はこのような状態です。ここから、決められた寸法までどんどん掘っていきます。ちなみに、表面はもう完成させているので”傷をつけない”ように革マットで保護するのが基本です。

まずはラインを引く

先ほどの画像ではすでに線が引かれていましたが、この線はこれから紹介する工程にて線が加えられています。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

まずは横板を取り出し「上下のブロック」の横幅・縦幅を定規で図り、裏板の内側面にその寸法を移します。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

上下のブロック位置は横板のラインを書き写した時の線に沿って書き写します。最終的にこの書き写した部分にブロック及び横板が乗っかるため、寸法ミスをしないようにしてください。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

上下ブロックを書き写したら、次にフリーハンドで縁から4〜5mm付近にラインを引いていきます。なかなかこの作業は難しいのですが、指をうまく壁にして滑らせるように線を引いていくことで割と綺麗に引けます。

また、ブロックはのちに角を丸くするため、丸くラインを入れておくのが基本です。

第2のラインを引く

ヴァイオリン製作 裏板 内側

縁から4mm〜5mm付近のラインが一周引けたら、さらに内側にもう一つ線を引きます。線の引き方は厚さ6mmの箇所にどんどん点を打っていき、その点を線として繋げていくというユニークな方法です。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ひとまず6mmの部分に点を打ってみると、このようなひょうたん型のラインが見えました。どのヴァイオリンでもアーチが綺麗に仕上がっていれば、6mmの点を打つことでこのようなラインができます。あとはこのラインをなぞればOKです。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

なぞった状態がこちら!この第2ラインから内側をまずは掘っていくことになります。

第2ラインから内側を掘りまくる

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ラインを引いた裏板を専用の台座にセットし、ここからは掘りまくります!ひとまず第2ラインの内側が概ね6mmになるまでノミでガッツリ掘っちゃいましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

掘り掘り掘り。掘り掘り掘り。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

さらに掘り掘り掘り。掘り掘り掘り。注意したいのは「掘りすぎないこと」、そして縦方向に力を入れすぎないことです。この台座は橋のようになっているため、中央が空洞になっています。そのため縦方向に力を入れすぎると、、、割れます。。

そうならないために、とにかく横に掘っていってください。

裏板内側掘り 前半終了

以上が裏板の内部掘りの前半です。ここまでは大雑把に掘っていきましたが、後半からは細かな寸法通りに掘っていかなければならず難易度が上がります。

次回はそれにチャレンジです!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作