Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】表板と裏板の切断

ヴァイオリン製作は最初に横板を作り、その後「表板」と「裏板」の製作に移るのが基本の流れです。前回で横板が仕上がったので、今回からは「表板」と「裏板」の製作に取り掛かります。まず最初に行うのは「切断」。表板と裏板は材料が2つ折りになっている状態なので、これを切断し、1枚の板として接着していきます。

裏板をノコギリで切断!

表板と裏板はどちらから切断しても構いませんが、今回は切りやすい「裏板」から切断します。

ヴァイオリン製作 裏板

裏板は材料にもよりますが、もともと切れ目が入っていることが多く、「切れ目の端」を切るだけで、パキッと綺麗に割れます。表板に比べ、裏板は硬く切断が大変なため、できれば切れ目の入ったモデルを購入することをオススメします。

ヴァイオリン製作 裏板

木の中は既に綺麗に割られている状態なので、画像の部分を下までノコギリで切るだけで綺麗に切断することが可能です。

ノコギリで切断すると、このような断面図の板が2枚出来上がりました。2枚に切断された板はどちらも平行ではなく「片側が厚くもう一方側が薄く」なっていることが特徴です。とりあえずは、まず全体的に軽くカンナをかけます。

ヴァイオリン製作 裏板

全体的にカンナを薄くかけたら、次は「厚くなっている側」の表面を更に綺麗にカンナをかけます。2枚の板を接着する時、両方の「厚い側」同士を接着させるため、表面をカンナで削って「木目を見やすく」しておいた方が作業しやすくなります。

裏板の切断が完了!

ヴァイオリン製作 裏板

このようにカンナをかけると木目がくっきりします。ここまできたら後は真ん中を接着するだけですが、次は表板の切断に移ります。

表板をノコギリで切断!

次は表板を切断していきます。表板の素材はイタリア産「スプルース」。裏板の「メイプル」よりも柔らかく、切りやすいです。

ヴァイオリン製作 表板

裏板とは違い、表板は切れ目が入っていないため、自分で真っ二つに切断する必要があります。まず最初の工程は底面をカンナで平らにすることです。底面がガタガタだと、正確に切断することができないので、綺麗に平らにしましょう。

ヴァイオリン製作 表板

底面を綺麗に整えたら、板の側面の中央に「垂直の線」を書きます。この線がノコギリで切る目安となるため、ズレないように丁寧に書きましょう。

ヴァイオリン製作 表板

側面に線を書き込んだら、その線を基準に表板全体に中心線を書き込んでいきます。これもできる限りズレないように書きましょう。

ヴァイオリン製作 表板

書き込み終えたら、書き込んだ線に沿ってノコギリで切断していきます。ノコギリを使ったことのある人はわかると思いますが、この作業していると線からズレます。。線が見える部分は綺麗に切れていても、板の中や線が見えない下の方は曲がって切れていたりも。。。

ヴァイオリン製作 表板

片側からずっと切ると切りづらいし、曲がります。ですので、両面から少しずつ交互に切っていくのがベストです。リカバリーしやすい工程でもあるため、とりあえずは全力を尽くして真っ直ぐに切りましょう!

表板の切断が完了!

ヴァイオリン製作 表板

何とか切断が完了!裏板よりも表面がデコボコしている為、カンナで綺麗に整えます。ただ、これは完璧でなくても大丈夫です。そして裏板の時と同様に「、厚い側」の表面を木目が見やすいようにカンナで削ります。

ヴァイオリン製作 表板

綺麗にしたら、表板の切断も完了です!次回はこれを接着していきます。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作