Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【プロローグ】ヴァイオリン製作を始めるまで

Atelier Erenへようこそ♪

はじめまして!Atelier Erenを運営している「ひろりん」といいます。Atelier Erenはアマチュアヴァイオリン製作家としての日々の活動や音楽全般に関する記事をコンテンツとするブログ型サイトです。今回は自己紹介も兼ねて「ヴァイオリン製作を始める」までの歴史をお話しします。

幼少時代とゲーム

ヴァイオリン製作を始めるキッカケとなったのは、幼少時代のゲーム。一人っ子だった私は一人でゲームやプラモデル、木工といったモノ作りをして過ごすことが多かったです。たくさんのゲームをプレイし、たくさんの作品を作ったことが、後にヴァイオリン製作へと気持ちを向かわせる原点となりました。
出典:https://www.nintendo.co.jp/3ds/aqej/


出典:https://www.nintendo.co.jp/wiiu/bczj/

特にゼルダの伝説シリーズは父と一緒に何度も遊んだ思い出の作品であり、中世ヨーロッパの世界観・ケルト風の音楽が幼少期の私に突き刺さり、すごく影響を受けました!特に風のタクトの絵本のような世界観は凄く大好きでした。


風のタクトの「マコレ」は今でもとても好きなキャラ。ゼルダは北欧神話をモデルにしているだけあり、自然豊なステージや、優しいBGMが多いのも特徴。ゼルダシリーズ以外にもFF9やドラクエシリーズなど、幼少時代は中世ファンタジーの世界に没頭しました。

ゲーム音楽の影響を受け、ピアノと作曲を始める

ゲームともの作りばかりして育った私は、ゲームBGMの素晴らしさに影響され作曲を始めることにしました。楽器ができなければ作曲も難しいのと、純粋にピアノが好きだったのでピアノも一緒にスタート。中、高校の時はピアノに打ち込みました。


ゲームではサモンナイトシリーズの世界観に心奪われました。優しく、ふんわりした絵本的な世界観に自然豊な緑!風のタクトとの共通点も多く、自分の好みが分かってきた気もします。

作曲を勉強しに音楽学校へ

そのままの勢いで大学には進学せず、音楽学校に行き作曲を学びました。主にPCでの作曲(DTM)中心に活動し、合唱曲の作曲・譜面製作のお仕事もやらせて頂くなど、様々な経験ができました。

が、私は音楽一家でもなく、お金持ちの家でもない。ましては幼い頃から音楽に親しんだわけではないので、サラブレットとの差は歴然!お仕事をするも長く持つわけもなく、、、すぐにプロを目指すのは断念しました。

※ちなみにゼルダの影響で在学時にアイリッシュフィドル(ヴァイオリン)を1年だけ学びました。

モノつくりの再開とヴァイオリン

卒業後はWEB系の勉強をしながら普通のお仕事をして過ごしました。その後、ハンドメイド作品に興味を持ったことから「フラワーアレンジ・ブーケ製作・腕時計制作」を学んだりと、幼少期に大好きだったモノ作りを再開しました。

しかし、モノ作りを続けていくうちに「何か違うな??」と思うように。。。違和感の原因を探した結果、最終的には「音楽」が絡んでないから「何か違うと」思ってしまうことに気づきました。

そこで「自分の棚卸し」をし、何が好きで何がしたかったのか考えてみました。

・作ることが好きだった

・楽器や音楽が好きだった

・可愛い世界観/中世ファンタジーの世界観が好きだった

全て含んで考えたら、、、、

楽器を作ろう!可愛い世界観で!

という結果に至りました。自分の好きなことを混ぜたら出てきたのが「ヴァイオリン製作」。今までの人生から出てきた本当の「やりたいこと」だから、大切にしよう。。。と思い、ヴァイオリン製作の記録を残しておくことにしました。それがAtelier Erenです。

いつかは小さくていいので可愛いヴァイオリン工房を作れたらな〜。と淡い期待を抱きながら、とりあえずは一生の趣味としてヴァイオリンと向き合おうと心に決めた2016年の冬。

まとめ

クラシック音楽の影響からか「堅苦しい」「敷居が高い」イメージを持ってる人がとても多いヴァイオリン。幼少時代、音楽に馴染みのなかった普通の庶民でも「ヴァイオリン」を身近に感じることのようなコンテンツ作りをしていきたいなぁ、、と真面目に思っています。

音楽が好きな人、ヴァイオリンが好きな人、またはゲームやアニメが好きな人!是非、Atelier Erenを覗いていってくださいね♪

31 76 65 64 43 95

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作