Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

ワードプレスを運営するならパーマリンク設定は必須!

パーマリンクとはページのURLのことです。ワードプレスを使ったブログのURLは初期設定のままですと「http://atelier-eren.co.jp/?p=〇〇」という形になりますが、これは実はオススメできないんです。

パーマリンクは初期設定でも記事の中身さえしっかりしていれば問題ありません。ただ、ちゃんとパーマリンク設定したページが最大100%の力を持つとしたら、初期設定のパーマリンクは最大97%の力になってしまうかもしれません。

塵も積もれば山となる!ということで、是非パーマリンクは最適化しましょう。

パーマリンクの理想的設定

ワードプレス パーマリンク

ワードプレスの基本パーマリンクは「http://atelier-eren.co.jp/?p=123」のスタイルに設定されています。冒頭でも言いましたが、実はこれはよろしくないんです。

どうして、よろしくないのかというと「グーグル先生」が推奨しているスタイルと異なっているからです。

グーグル先生が推奨するパーマリンク

グーグル先生はサイトのURL構造はシンプルであるのが好ましいとおっしゃっています。

サイトの URL 構造はできる限りシンプルにします。論理的かつ人間が理解できる方法で(可能な場合はIDではなく意味のある単語を使用して)URL を構成できるよう、コンテンツを分類します。

引用:シンプルなURL構造を維持する

IDではなく、単語でという点もポイント。つまり初期設定の「p=123」ではなく、意味のある単語にするのがベストということになります。

ただ、日本語でのパーマリンクを設定するのはNG。なんていっても世界は英語が基本です!日本語を使ってしまうと、様々なデメリットがおこります。

【主なデメリット】

◆日本語部分がHTMLで表記されると、わけのわからない文字列になる

◆他のサイトで404エラーが起こりやすくなる

つまりは、日本語のパーマリンクはやめておけ、、というわけです。

ならどうすればいいか?答えは簡単。英語をつかえばいいんです!

http://○○○○.com/wordpress-violinmaking   ←このような形

 

ワードプレス パーマリンク

パーマリンクのラインナップは6種類ありますが、グーグル先生の意に沿っているのは1番下のカスタム構造のみです。ぱっと見は投稿名も英文字になっていますが、ワードプレスを日本語で運用すると投稿名は日本語になるのでこれはNG。

また、ただ単にカスタム構造を設定すると「http://atelier-eren.co.jp/◯◯」という形になりますが、このままよりも上の画像のように

/%category%/%postname%/

という文字を加えた設定にするのがベストです。

 

カスタム構造の意味

前項で書き加えた文字にはこのような意味があります。

/%category%/ ・・・カテゴリーを読み込んでください

/%postname%/・・・投稿名を読み込んでください

この2つのデータを読み込んだパーマリンクは「http://atelier-eren.co.jp/カテゴリー名/投稿名」となります。

例えば「ヴァイオリン製作」カテゴリーを設定したパーフリングの記事(投稿名 purfling)のパーマリンクは

「http://atelier-eren.co.jp/violin-making/purfling」となり、自分もグーグル先生からも非常に分かりやすいものとなります。

カテゴリー/ページタイトルはスラッグ設定しておかないとダメ!

ちなみにカテゴリー/ページタイトルにはスラッグ設定というものがあり、これを設定しておかないと、日本語のカテゴリー名が読み込まれてしまいます。それはNGなので、スラッグ設定は必須です。

ワードプレス パーマリンク

スラッグ設定は投稿→カテゴリーから設定できます。上の画像は新規でカテゴリーを追加する画面ですが、このスラッグという項目に英語で名前をつけておけば設定OK。この際に区切りを入れたいときは-(ハイフン)を使用して、_(アンダーバー)を使うのは控えてください。グーグル先生は-(ハイフン)を推奨しています。これは、ページの名前を付ける時も同じです。

ワードプレス パーマリンク

私の場合はヴァイオリン製作というカテゴリーにはviolin-makingというスラッグ名をつけています。これにより、/%category% にてカテゴリー名を読み込む際にviolin-makingのいう単語が読み込まれるのです。

ページタイトルの編集は投稿ページの上部で!

パーマリンク ワードプレス

投稿スタイルをカスタム構造にしている場合は、上記のような編集ボタンが表示されます。このボタンを押して、カテゴリースラッグのように「英単語とハイフンの組み合わせ」でタイトルをつけてください。

できるかぎり、一番最初に設定すること!

これらの作業はいつでも行うことができますが、出来る限りブログ運営を始める一番最初に設定していくのが基本です。

何故なら、パーマリンクを変えるということはURLを変えるということ。URLを変えることは今までのSNSからのリンクや、グーグル先生からの評価を手放すということになります。

たくさんの「いいね!」、検索で1ページ目に表示されている記事の評価。グッバイ。。

運営を初めてからまだ日が浅いブログなら痛手は少ないですが、盛り上がりを見せてきたブログでこれを行うと悲惨です。

ただ、リダイレクト処理を設定しておけば、元のパーマリンク時のGoogle評価をある程度は引き継ぐことができます。しばらくの間、サイトの評価や流入は下がると思いますが、何年も運営したのちにパーマリングを変更するよりもマシです。

気づいたら、即パーマリンクは変更しましょ!

 

ブログの規模によってはカテゴリ設定はいらない

ある程度の規模のブログですと「カテゴリ/ページタイトル」の構造が好ましいのですが、小規模のブログだとカテゴリーが定まってなく、カテゴリーを変更することもあるかと思います。仮にカテゴリーを変更した場合、パーマリンクも変更となってしまうため色々不便です。

そうならないために「http://atelier-eren.co.jp/ページタイトル」のようなカテゴリーをつけないパーマリンクもオススメ。現に私はこのスタイルを採用しています。

設定方法はカスタム構造で「/%postname%/」のみを設定するればOKです。

まとめ

パーマリンク設定はブログ運営を始めるときにカスタム構造に設定するのが基本!そして、一回つけたカテゴリーは変えないようにしましょう。また、カテゴリーを変えてしまうのとURLも変わってしまうため、記事のカテゴリー分けは的確におこなってください。もちろん、URLは英語で長くなりすぎないように♪

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作