職人のブログはアフィリサイトっぽくならないように注意!

当ブログでは職人やクリエーターといった「個人で情報を発信したい人」向けのブログ運営論を私なりの見解から綴っています。
今回は伝えたいことは職人及びクリエーターが運営するブログはアフィリサイトやキュレーションサイトっぽくしてほしくないということです。
アクセスを稼ごうとして記事が「アフィリ系ブログっぽい内容」になっている方は、今一度ブログを見直してみても良いかもしれません。

ブログ アフィリエイト

アフィリエイトに対するマイナスイメージ

「広告=悪」ではないので、本来アフィリエイトは正しい広告ビジネスであることは間違いではありません。
しかし、露骨にネットで広告収入を得ようとする人やセミナーや情報商材で稼ごうとする人が多すぎて、ネット広告に対する印象が全国的に悪くなってしまったことは否めません。

恐らくあなたも広告にいいイメージは持っていないと思います。
追尾してきてウザい。本文に関係ない広告が頻繁に出てきて内容に集中できない。広告を見ないと内容が読めない。
広告がなきゃ読みやすいのに、、と思うことは多いでしょう。

つまり、広告=楽して金儲けをしようとしている腹立つモノ
というイメージになってしまっているのです。

収益目的でブログを運営している人はともかく、職人・クリエーターといった「売り出したいモノ」がある人ならば、わざわざマイナスイメージを与える広告を積極的に打ち出していく必要性はないと思います。

折角専門的で内容がしっかりしている記事を書いていても、広告がところどころあるだけで「金儲け主義」と思われてしまうからです。

ブログビジネスは悪ではありませんが、マイナスイメージが大きいうえに広告を貼るだけのメリットが薄れてきています。
そのため、職人・クリエーターのブログとしては「アフィリバナー」を貼りすぎるのはオススメできません。
貼るとしても目立たないところに少しだけ貼るのがベストです。

※目立たないところに1つか2つ程度の広告ならば、記事が参考になったと思ってくれた人が募金としてクリックしてくるかもしれません。

キュレーション記事に対するマイナスイメージ

例えばブログの書き方や運営方法を調べてみます。すると大半がアフィリエイト関連、もしくはキュレーション記事が出てきます。

もちろんライティングのプロによるシッカリとして記事も存在しますが、明らかに情報を寄せ集めただけのSEOにばかり目がいった記事も多いです。

そして昨今は、読んでいて面白くないキュレーション記事が上位を独占することによる「WEB記事に対する信頼性」の下落も問題視されています。

乱立されすぎているキュレーションサイト

ブログ記事の収益性・有効性に目を付けた企業がこぞってオウンドメディア運営を始めたことにより、今現在メディア運営の戦国時代になっています。
各企業は収益性のあるワードで検索上位を狙うため、外注WEBライターを次々採用。人海戦術により大量の記事と大量のWEBライターが生み出されました。
その結果、膨大な数のキュレーションサイトがWEB上に溢れています。

アフィリエイトと同じく、キュレーションサイト自体も決して悪ではありません。私もキュレーション記事はよく見ていますし、為になることも多いです。

しかし、問題が多いのも事実。
当たり前のように人の記事をパクる。間違った情報を平気で掲載する。脳筋全開でまとめた長文記事が上位に表示されてしまう。
など。

DeNAの医療系キュレーションサイトが炎上した事例はその最たる例といえるでしょう。

素人が書いた「医療」や「美容」に関する記事が知識人の記事よりも検索順位で上回ってしまい、間違った知識が世に広まってしまった。

これは現在のグーグルのシステムの欠点ともいえます。信憑性のある記事よりも素人が書いた適当な記事の方が読まれてしまうのですから。

この事例を切っ掛けに、アフィリエイトに対するマイナスイメージと同じくキュレーション記事への風当たりも日に日に強くなっています。

・アフィリ記事=ウザい
・アフィリ広告=ウザい
・キュレーション記事=ウザい

特にキュレーション記事でさらにアフィリ広告が貼られている時のマイナスイメージは半端ないです。

そもそもキュレーション記事を作ってもアクセスが稼げない

昨今のオウンドメディア・キュレーションサイトの乱立により、以前と比較するとブログへの参入者が激増しました。
これまでの個人同士の戦いではなく、もはや企業対企業の上位検索争いになってしまった現在は、生半可な気持ちでは多くのアクセスを見込めるサイトを作ることはできません。

特に収益化が見込める競争率の高い分野ともなると猶更です。「旅行」「美容」「介護」「転職」といった需要が高いワードはもはや個人が太刀打ちできる分野ではありません。
また、個人ブロガーや新参アフィリエイターが書く記事すらも品質も上がってきているため、本気で有益な情報を書かない限りはグーグルから高い評価を得ることは難しくなっています。

グーグル 評価

つまりは個人のブログでありふれたキュレーション記事の真似をしても殆ど意味がありません。寧ろ、個性のないつまらないブログだと思われる可能性があり、マイナスイメージにも繋がります。

最終的には自分自身がもつ専門分野(ニッチであることが望ましい)に関する内容でオリジナリティーのある記事を書き続けるしかないのです。

キュレーション記事の順位下落は始まっている

グーグルは賢いもので、最近は特定の分野のキュレーション記事の順位を下落させるアップデートを施しています。

特に「健康」「医療」のジャンルに関してはその動きが顕著で、既にキュレーション記事が上位検索されないような対策が施されています。例:「健康アップデート」

今後対策が予想されるジャンル

「介護」
「マネー/金融系」
「結婚/離婚」
「法律」
などなど

ユーザーの人生に大きく影響を与える分野にキュレーション記事はいつグーグルによって下落が図られるか分かりません。アクセスを稼ごうとして、迂闊に手を出す必要はないでしょう。

結局職人・クリエーターは書きたいことを書けばいい

日々WEBの世界は変化しています。それと同時に集客の難しさも熾烈化しているのが現状です。
ただ、難しいからといってWEBから逃げてはいけません。
力の弱い個人の職人やクリエーターにとってWEBでの自己アピールや集客は絶対に必要不可欠なのですから。

最後にこの記事の締めくくりとして職人・クリエーターのブログとして重要なことをまとめます。

書きたいことを書く(楽しくブログに取り組む)

個人ブログは客観的である必要はないと思います。折角の個人ブログなのですから、万人受けするために当たり障りのない記事を書くよりかはオリジナリティーを重視した方が良いと思います。
そのほうが書いている方も楽しいですし、読むほうも楽しいでしょう。

一定のクオリティーを保つ

現在はブログ記事の競争が激しいため、たとえ良質な記事を書き続けても思うように結果は出ないかもしれません。
でもだからといって手を抜いた低品質な記事を書くのはダメです。
やるからにはある程度シッカリとした記事を残すことを心がけましょう。
例え趣味や日常の話題を書いた時でも、しっかりと読みものとして成立する記事にすることが大切です。

専門的な内容を突き詰める

この先どうなるかわからないWEBの世界ですが、専門分野に特化していることが強みになることは間違いありません。
その点職人やクリエーターは専門分野があるため有利です。

自分の経験や技術を記事にまとめることさえできれば、間違いなく一定の効果は発揮できると思います。
ブログ運営は年1万円ほどの出費で本格的な運営を行うことが可能なので、絶対やって損はないです。

まとめ

どこにでもありふれた内容の記事を書いたところで、それは誰かの真似でしかありません。職人・クリエーターは豊かな専門性があると思うので、それを突き詰めたオリジナリティー溢れるブログを目指した方が良いと思います。

また、同時にブログで稼げたら理想的なのですが、現状非常に難しい段階にきているといっても過言ではありません。
あまり欲張ってアフィリサイトの雰囲気を放つブログにはしないほうが賢明です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。