進行状況は Instagram&Twitter にて更新中!

イタリア語で使われれるアルファベットとアクセント

イタリア語 アルファベット アクセント

A~Zの26文字のアルファベット。義務教育で英語を習ってきた私たちには馴染みの深いものだと思います。しかし、イタリア語のアルファベット(アルファベート)は実は21文字しか使われず、英語と比べて5文字も少ないです。

今回はイタリア語学習の第一歩として、アルファベットとアクセントの位置について学んでいきます。

イタリア語で使われるアルファベット

イタリア語で使われるアフルァベットは21文字。省かれるの「J」「K」「W」「X」「Y」で、それ以外の文字が使用されます。

A a ア  /  B b ビ  /  C c チ

D d デ  /  E e エ  /  F f ッフェ

G g ジ  /  H h ッカ  /  I i イ

L l ッレ  /  M m ンメ /  N n ンネ

O o オ  /  P p ピ  /  Q q ク

R r ッレ /  S s ッセ /  T t ティ

U u ウ /  V v ヴ – ヴィ / Z z ータ

使用されるのは上記の文字です。英語のように語尾を伸ばさない、歯切れのよい発音が目立ちます。アクセントも先頭にくるので、語学初心者でもとっつきやすいのではないでしょうか。

省かれた「J」「K」「W」「X」「Y」に関してもそれぞれ読み方がありますが、外来語を表す時にしか使われないため、見かけることは多くありません。

J j イ・ンゴ  /  K k ッパ /  W w ッピョ・ヴ – ヴィ

X x イクス /  Y y プスィロン

もはや単語のような読み方になっています。この5文字が出てきたら、基本的に外来語だと思って大丈夫だと思います。

イタリア語は発音しやすい?

日本人にとってイタリア語は発音しやすい言語だと言われています。

というのも、イタリア語は日本語と同じくア・イ・ウ・エ・オの母音で終わる言葉が多いため、単純にローマ字読みで日本語を喋るように発音しても比較的通じることが多いからです。

例えば

■amore 愛

これはそのまま「アーレ」と読みます。(語尾はe 母音)

■fiore 花

これもそのまま「フィーレ」と読みます。(語尾はe 母音)

 

英語は同じ読み方でも綴りが違うことが多いですが、イタリア語に関しては素直に読みやすく、語学に苦手意識がある人でもすんなり頭に入ります。

アクセントの位置について

イタリア語のアクセントは終わりから2音節目にくるものが多く、約7割ほどが当てはまるそうです。

例えば歌を意味するcanzone「カンツオーネ」という単語。

これを音節で分けると「can/zo/ne」となります。

2音節目の法則に当てはめると、アクセントの部分は can/zo/ne の位置になるので、アクセントをつけて読むと「カンツォーネ」になります。

ローマ字読みでOKなため、アクセントの位置も予測しやすいです。

 

ちなみに2番目に多いのは終わりから第3説目にアクセントが来るものです。

これは比較的長い単語に多く見受けられ、単語によっては先頭がアクセントになります。

例えばランプを意味するlampada「ランパダ」という単語。

先ほどと同じくこれを音節で分けると「lam/pa/da」になります。今回は終わりから第3説目にアクセントが来るため、アクセントは先頭になります。

つまり、lam/pa/da ンパダ です。

 

もう一つはあまり見受けられないパターンですが、最後の音節にアクセントが来る場合もあります。

ただ、最後にアクセントがくる場合はアクセント記号が付くため、視覚的にすぐわかります。

例:caffe コーヒー → caf/fé カッフェ

 

これらを踏まえると、終わりから2音節目にアクセントをつけておけば、わからない単語はとりあえずそれっぽくなります。

知らない単語は調べる必要がありますが、読み方とアクセントが単純な分、英語より学びやすいのは確かなことに思えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください