2019年4月より 日本バイオリン製作研究会に所属することになりました。

社会人になるとアニメを見なくなる理由

社会人 アニメ 見なくなる

前は1クール毎にどのアニメを見ようか楽しみにしていたのに、今は全く見なくなった・・・。

このような社会人は結構多いと思います。

「アニメを見る時間が取れなくなった」というのが一番の理由だとは思いますが、おそらくアニメを見なくなった理由はそれだけではありません。

今回は実際アニメをあまり見なくなった私が「アニメを見なくなる理由」について考察してみました!

好きだったモノに興味が無くなるのは寂しいことですが、見なくなるのは自然なことなのかもしれません。

アニメを見なくなる理由.1 ワンパターンに飽きている

この記事を見ている方は、おそらくこれまでアニメを見てきた方で、最近アニメを見なくなってきた方だと思います。

直球に申し上げますが、飽きてきたのではないでしょうか??

どんな趣味であれ、長年続けていると飽きが生じます。

アニメも例外ではなく、何十本も何百本も見ていれば、間違いなく飽きてきます。

・異世界に召喚されて〜
・妖が蔓延る世で〜
・4人組の女の子達の日常が〜

などなど。

見る前から何となく内容が想像できるため、見る気が起きなくなっているのだと思います。

また、最近のアニメは予算がないせいか1クールで「俺たちの戦いはこれからだ」的な終わり方をする作品ばかりです。

時間を割いて視聴しても、中途半端なところで終わってしまうため、不完全燃焼になってしまいます。

例え2クール目が始まったとしても、ストーリー性の薄い日常系アニメでもない限り、内容や設定を忘れていることが殆どでしょう。

結局のところ、内容が複雑なうえに毎回途中で終わるワンパターンな作品に飽きちゃったんですよ。。

30分間集中力が続かなくなったという意見も聞きますが、集中力が続かないのはもう飽きている証拠です。

アニメを見なくなる理由.2 自分の中の感性が変わった

歳を取ると味覚が変わってくるように、アニメ作品を見た時の感想も歳を取ると変わってきます。

感動モノが薄っぺらいモノに感じるようになったり。
友情モノに心惹かれなくなったり。
硬派な作品が厨っぽく感じてしまったり。
恋愛ものが見てて恥ずかしくなったり。

どのように感性が変わっていくかは人それぞれですが、以前楽しめたものが楽しめなくなることは多々あります。

アニメは確かに大人向けな作品も存在しますが、漫画と比べるとターゲットが低めに設定されています。

私は最近アニメ化されにくい大人向け漫画が面白く感じています。でも、それは自分が大人向け漫画を面白いと感じる歳になったからなのでしょう。

アニメが見れなくなってきたという方は、自分自身がアニメ作品のターゲットから外れてきてしまったのかもしれません。

アニメを見なくなる理由.3 世界観に入り込めない

比較的時間のある方なら、アニメの世界観に没入するために専門用語を覚える暇があるかもしれません。

ただ、忙しい社会人にとっては専門用語の多い作品(主にバトル系)を視聴することは負担になります。

よくわからない横文字や組織の名前、武器の名前なんて覚えられないですよ・・

作品の世界観が分からないと作品に没入することができません。

そうなると、徐々に見るのがめんどくさくなって、バトル系や複雑な世界観の作品は選択肢から外れていくことになります。

私の周りでも、真っ先にバトル系を見なくなった社会人は多かったです。

アニメを見なくなる理由.4 共感できない

世界観に入り込めなくなった後に待っているのは、共感できないという事態です。

アニメ作品の主人公たちは20歳以下の若者ばかり。特に高校が舞台の作品が多いわけですが、これらの作品は自分が年を取ればとるほど、共感することが難しくなります。

結局、社会人になっていろんなことを知ってしまうと、高校生たちの物語を見るのがつまらなく感じてしまうわけです。

特に恋愛ものは見れなくなりますし、青春部活モノも今の自分と状況が違い過ぎて、見る気が起きなくなります。

青春作品をみて感化されても、学生時代はもう戻ってはきません。どこか虚しさが残るため、楽しく見続けるというのは無理があります。

「自分の中の感性が変わった」の項でも述べましたが、アニメ作品のメインターゲットから、自分の年齢が外れてきているのだと思います。

アニメを見なくなる理由.5 周りに語る仲間がいない

学生であれば、周りにアニメの話ができる人がいたと思います。しかし、社会人になるとオフィシャルの場ではなかなかアニメの話が出来なくなります。

どんな趣味を持つかは人それぞれですが、やはりアニメ関係の話題は理解がない人にはネガティブな印象を与えることが多いです。

プライベートであれば「人にどう思われても自分は自分」で押し通せますが、会社という人間関係の中ではなかなかそれは上手くいきません。

そんなことを考えているうちに、ここまで紹介してきた理由も相まって、アニメを見なくなります。

アニメ 見なくなる

勿論それは自分だけではないので、友達同士であっても徐々に会話からアニメの話題が消えていくこともあるでしょう。

他の趣味と同じく「アニメが好きでいられる環境」がなければ、中々好きを継続することは難しいと思います。

そもそも社会人は友達と会う回数すら少なくなりますからね・・

アニメを見なくなる理由.6 視聴するのが義務になっている

アニメを各クール律儀に追っていた方によく見受けられるのが、視聴するのが義務になっているということ。

何故かアニメは各クールごとに複数の作品を楽しまなければならないモノと化しています。

実は私もこれに陥っていました。

多分習慣化してて、見ないと落ち着かないのでしょうね。

習慣化しているからこそ、面白くもなくても取り合えず見るという行動を繰り返すのだと思います。

しかし、楽しく見れないのであれば、一度習慣にするのを辞めて、本当に興味のある作品だけ見るようにしてみてはいかがでしょうか?

好きなタイミングで好きな作品をレンタルなりHuluなりで見る。

アニメ業界の縮小から良作は近年減りつつありますが、良い作品は無数に存在します。

義務感で見るのではなく、「余裕があるときに好きなモノだけ纏めて見る」スタンスに変えるのもアニメとの一つの向き合い方だと思います。

総括

ワンパターンに飽き、世界観に入り込めず、共感もできない。

しかも、感想を語る仲間もいない。

このような状態になると、アニメを徐々に見なくなるのは、もはや必然です。

また、そもそも自分がアニメ作品のターゲットから外れてきている可能性もあるでしょう。

結局のところ、アニメが好きだったのに見れなくなったという方は、次の趣味を見つける時期に来ているのだと思います。

アニメの変わりにゲームを楽しむのも良いですし、スポーツを始めるのも良し、楽器を始めるのも良し。

アニメはたまに面白そうな作品だけ視聴する程度のモノにし、別の打ち込むモノを見つけるのがベストなのかもしれません。

私はBGV的に視聴できる日常系or気分転換に見れるシュール系ギャグしか見なくなりました。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください