【音楽】初代プレステの名作”クロノクロス”は良BGMの宝庫

クロノクロス 民族調で壮大なBGMの魅力

1999年にスクウェアから発売されたクロノクロス。当時の私はこのゲームが好きで2〜3回はクリアしました。ゲームシステムとしては、同じプレステ1世代のゲームであるff7の「マテリアシステム」に近い「エレメントシステム」というものが採用されており、攻撃する際にスタミナを消費するという今までにない戦闘が特徴。

なお、クロノクロスのストーリーは前作のクロノトリガーの続編でもあります。ただ、クロノクロスのストーリー展開は前作の結末をを否定する内容とも受け取れ、賛否両論が強く出ました。

この作品は主人公であるセルジュという青年が運命に導かれ「パラレルワールド」と「現在自分のいる世界」を行き来するストーリーなのですが、パラレルワールドは”自分が死んでいる世界”という話で、終始重い雰囲気でストーリーが展開していくため、これも好き嫌いがハッキリ分かれました。

美しい背景

そんなクロノクロスですが、当時のグラフックで最高レベルに綺麗な美術背景が注目を集めました。

クロノクロス テルミナ

序盤で訪れることになる「テルミナ」はギリシャのサントリーニ島スペイン フリヒリアナを彷彿させる街並みで私は大好きでした。当時のスクウェアはff7〜9、クロノクロスと背景美術に優れる作品が多く、街探索するだけでワクワクします。

クロノクロス マーブレ

中盤で立ち寄るマーブレは亜人が住む町。アジアンな雰囲気と、異世界の奇妙な雰囲気が交わった独特の世界観。1999年に発売されたゲームとは思えないほど背景美術のクオリティは高かったです。

クロノクロスのBGM

クロノクロスの一番の魅力はBGMといわれています。民俗調の曲が多く、旋律の美しいアコーステックな魅力が満載です。正直ゲーム内容よりも美術背景・BGMで高い評価をされているといっても過言ではありません!

この記事ではyoutubeなどでゲーム音楽を演奏されている「moonbowmusicmovie」さんによるクロノクロスの生演奏BGMを紹介します。素敵にアレンジされたクロノクロスのBGMが楽しめます。クロノクロスを知っている人も知らない人も是非聞いてみてください。

ガルドーブ ホーム

マーブレ ホーム&アナザー

夢の岸辺に  アナザーワールド

時の傷跡

まとめ

ゲーム音楽は音楽ジャンルとしてはやや下にみられている節がありますが、数々の名曲が存在します。ゲームを普段しない人も是非いろいろなゲーム曲を聞いてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。