DTMでヴァイオリン(フィドル)伴奏を作ろうと思います。

DTM 作曲

日頃からブログを読んでくれている方、いつもありがとうございます。
そして、初めての人は初めまして。

Atelier Erenを運営している高屋千尋といいます。

私は趣味レベルではありますが「ヴァイオリン」を作っており、その工程記録やヴァイオリン製作に関する情報を中心にブログ記事を書いています。

日本ではヴァイオリン製作に関する情報は多くはありませんが、興味を持っている人は意外に多いです。

1人でも多くの方に楽器製作のことを知ってもらえるように、ヴァイオリン作りのレベルアップに勤めることがメインの活動となっています。

白木ヴァイオリン

そんな私ですが、実は以前にDTMを勉強していた時期もあり、MIDI検定2級3級の指導講師資格を所持しています。

資格があるからといって、何かの役に立っているわけではありませんが、DTMに関する知識は素人よりはさすがに高いと思っています。

そこで、今後ヴァイオリン製作の合間を縫ってDTMを使ってヴァイオリン演奏(フィドル)の伴奏データを作ることにしました。

なんでDTMをやろうと思ったのか?

ヴァイオリン製作とDTM。
一見関連性がないように思えますが、強ちそうとは言い切れません。

その理由は以下の通りです。

■楽器知識が上がる

■製作者としての引き出しが増える

■自分の専門ジャンルに強くなる

■楽器が上達したら作曲も楽しめる

楽器製作者としてDTMを学ぶメリットは多岐にわたりますが、何より製作した楽器を演奏する際、DTMを知っていると格段に趣味の幅が広がります。

ヴァイオリン演奏

ヴァイオリンは単旋律楽器なので、伴奏者がいないと弾く時ちょっとつまらないです。ましてや練習の時はさらにつまらないと思います。

頻繁に一緒に演奏してくれる人がいるのならば話は別ですが、忙しい日本人にとってはそれは難しいでしょう。

そこで、DTMの出番です。

DTMが出来れば自分の好きなジャンルの演奏データを自由に作ることができます。

例えば私の場合はヴァイオリン(フィドル)を弾くので、DTMができれば1人でも伴奏データを作って遊ぶことができますし、音源を買い足せばリアルな音質でオリジナル楽曲を作ることも可能です。

そして、作ったデータをバックに演奏をすると、あら不思議。楽しい演奏が更に楽しく感じられます。

楽器を趣味とする方であれば、どんな楽器を演奏するにしてもDTMを知っておいて損をすることはないでしょう。

伴奏データがあると練習が楽しくなる!ほんとに。

と、いうわけで楽器が完成次第、DTMを使っての音源製作をしようと思います。

メインの活動ではないため、活動内容はたまにの更新にはなりますが、ちょっとでも楽しんでいただけるような内容にしようと思いますので、少しだけ期待してください。

あくまでも伴奏音源を作る程度

私は作曲・アレンジのプロではないです。音楽の引き出しが多いわけではなく、様々なジャンルに精通してもいません。

そのため、DTMが上手くなりたい方の為というより記事というよりは「DTMでこんなことができる」といった紹介程度の内容になるとを最初に伝えておきます。

DTM

また、ブログのカラーリングや雰囲気、トップ画像を見るとイメージできると思いますが、私は可愛いものや綺麗なモノ・明るい世界観が好きです。

音楽に関してもそれは同じで、アコースティックな楽器を使った音楽を好みます。

そのため、伴奏音源を作る際には「アコースティック楽器」しか使いません。そして別に本格的に作曲をしたいわけではないので、DTMを使った活動は「ヴァイオリンの伴奏」「フィドルの伴奏」に絞るつもりです。

主にケルト系の伴奏を作ろうかなと思っています!

-ちなみに私が好きな音楽ジャンル-

 

・ヒーリングミュージック
・イージーリスニング
・ゲーム音楽

・ケルト音楽
・映画/アニメ/ドラマ/サウンドトラック

そもそもDTMって何?

最後にそもそもDTMって何?と思われている方に向けてDTMについても軽く触れていきます。

DTMはディスクトップミュージックの略。その名の通り机の上で音楽を作ることが出来ることから、この名前が名付けられました。

パソコン上で曲を完成することができるので、出かけなくても!友達がいなくても!楽器が弾けなくても!

音楽を作ることができます。

ゲーム音楽

DTMを始めるためには幾つかの道具が必要ですが、必要最低限の道具で始めるのであれば「パソコン」「作曲ソフト」「ヘッドホン(イヤフォン)」「打ち込み用キーボード」があれば取り合えずOKです。

パソコンさえ持っていれば、作曲ソフト・イヤフォン・キーボードを買えば始めることが出来るので、初期費用は意外にかかりません。

パソコンを除けば10万円以下で揃えることも可能でしょう。

道具を揃えてしまえば、ソフトの扱いと音楽知識があれば曲は作れるようになります。

最後に

最後まで記事を読んで頂いたことを嬉しく思います。

今回はDTMカテゴリー記事のスタートとして、近いうちにDTMによる音源製作を始めることをお知らせしました。

メインの活動ではないため、試行錯誤の記事が多くなると思いますが、ヴァイオリン製作同様「プロでないからこその記事」を残せていけたらなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください