マイナー資格「ネットショップ実務士レベル3」を習得

以前EC系企業の商品撮影の仕事をしていた時、「ネットショップ実務士」というマイナーな資格を習得しました。今の仕事に活かせているのかと言われると「否」なのですが、EC業界に就職したい方は取ってみるのも良いかもしれません。

ネットショップ実務士

ネットショップ実務士はEC系唯一の資格

「ネットショップ実務士」はネットショップで勤務するために必要な能力を評価・認定する資格。EC業界唯一の資格として、近年注目されている新資格です。とはいっても知名度は一切なく、マイナー資格の域からは出ていません。

ただ、実施委員会にYAHOO!、DeNA、KDDI、ヨドバシカメラ、H.I.Sといった有名企業が関わっているため、割とちゃんとした資格です。資格を取ったからといって会社で大きく評価されることはないかもしれませんが、EC業界で働きたい人やすでに働いている人にとって「プラスアルファ」としてはすごく有効だとは思います。

最上位のレベル3を習得しました

今回私がゲットしたのはオペレーションレベル3という一応最上級のレベルを取得しました。レベル3は実務経験者対象の資格レベルで、上司に勤務証明書を書いてもらって提出すれば概ね取得することができます。

ネットショップ検定レベル3

レベル3はレベル2合格者かつ実務経験があれば取得でき、「マネジメント」「プロモーション」「Web製作」「オペレーション」という4種類に分類されています。

実務の内容によってどの「専門」のレベル3なのか認定されますが、私は普段「運営」に関わっているので「オペレーション」レベル3を取得しました。「マネジメント」は管理職向け、「Web製作」はWeb担当者、「プロモーション」は企画や広報向けです。

割と転職者も多い業界なので、持ってないよりは取り合えず取っておくかという気持ちでゲットしてみました。

興味のある方はレベル2までなら実務経験がなくても取得できますので、レベル2を勉強してもいいかもしれません。

ただ、問題に癖があるので、過去問題やテキストを繰り返して読まないと意外と試験は難しいです。

まとめ

ネットショップに務める予定のある方はネットショップ実務士を習得しておいて損はありません。最初はレベル2(もしくはレベル1)を受験することになりますが、試験問題は露骨なひっかけ問題が多いので、十分な対策が必要です。

興味がある方は是非資格を習得してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください