ブログを運営するにはHTMLとCSSを覚えなきゃダメ?

ブログを書き始めたばかりの人に「HTMLとかCSSとか覚えなきゃダメ??」と聞かれることがありますが、それに対しての回答は「必ずしも覚える必要はない」です。

HTMLとCSSはWEBページを構築する重要なプログラム言語ではありますが、全て自分でWEBサイトを作り込みたいという人でない限り、一から覚える必要はありません。
今回はその理由について解説します。

HTML CSS

HTML・CSSを覚えなくてもよい理由

WEBデザイナーやコーダーを目指すのではない限り、HTMLとCSSの全てを理解する必要はありません。
特にイラストレーターや演奏家などWEB業がメインではない人は、なおさら覚えなくても良いと思います。
理由はブログを書く上で使うタグ(単語)は限られていますし、サイトのデザイン変更も優良テンプレートを買ってしまえばHTML・CSSを自分で書き換えなくても自分好みに変更することができるからです。

以前は自分でブログ用テンプレートを作る人も一定数いましたが、WEBサービスが発展した現在はゼロからブログを構築することは非効率かつ不具合を起こしやすいとして推奨されていません。

そのため、殆どHTMLやCSSの知識がなくてもブログ運営を行うことが可能となっています。

 

また、専業ライターを目指す人も特に覚えなくても良いと思います。
HTMLやCSSを理解している方が有利ではありますが、結局はプロレベルになるとデザイナーやコーダーがコーディングを担当しますので自分で作り上げることは稀です。
言語を本格的に習得するよりも、文章力や専門分野の知識を磨いた方が専業ライターに近づけるのではないでしょうか?

結局のところ、ライターならライティングに特化した方が結果的にプラスになりますし、コーディング・デザイナーならその方向に特化した方がいいです。

最低限これだけは覚えて欲しい知識

HTML・CSSを覚えなくてもよい理由は前項の通りですが、完全に知識ゼロというのも考え物です。
なので、最低限HTMLとCSSがどんなモノかということだけは知っておきましょう。

HTMLについて

HTML

HTMLはHyper Text Markup Language(ハイパーテキスト・マークアップランゲージ)の略で、WEBページを構築するプログラム言語です。プログラム言語と聞くと難しそうですが、この言語は簡単な作りとなっていますので、誰でも覚えることができます。

HTML 基礎

上の写真はYAHOO!JAPANのトップページを構築しているプログラムの中身であり、色がついている部分がHTMLです。

基本的にHTMLは様々な種類のタグという呪文のような文章をつかってWEBページを構成します。つまり、タグの種類を覚えれば割とすぐにやりたいことができるようになるのです。

ちなみにタグとは <br> <p> <div> <a> のように<>にアルファベットを挟むことでその効果を発揮させます。このタグの種類は数多く存在しますが、使わないものもかなり多いので、主要タグだけ覚えておけばOKです。また、タグの効果を<>で発動させた場合、</>をつかって効果を終了させることが基本となります。

例として強調するという意味をもつ<strong>タグを使ってみましょう。

<strong>注目!太字になってませんか??</strong>

このように<>タグと</>で挟むことによって、その間にある文章に効果を発揮します。タグによって運用方法は違いますが、概ねこのように覚えておけば問題ありません。

よく使うHTMLタグ

HTMLを使いこなすことは意外と難しくありません。主要タグと効果さえ覚えればあとはコピペで使い回すことができるからです。

<html>タグ・・この文章がHTMLで書かれていることを宣言するタグです。WEBページの構築は<html>タグで始まり、</html>で終わります。

<title>タグ・・そのページのタイトルを設定するタグです</title>

<body>タグ・・body要素は文書の内容を表します。</body>

<br>タグ・・文章を改行する

<p>タグ・・囲んだ文章を段落にまとめる</p>

<a href=” “>タグ・・テキストや画像を囲むことでハイパーリンクを指定する</a>

<div>タグ・・囲んだ範囲をひとかたまりとする</div>

CSSとは?

css

CSSはCascading Style Sheets(カスケーディング・スタイル・シート)の略で、ウェブページのスタイルを指定するための言語です。基本的にHTMLタグと一緒に使用し、レイアウトやビジュアル面の制御を担当します。

 

CSSの書き方は以下のように書きます。

p {
    font-size : 30px ;
background : yellow ;

}

HTMLは<>〜</>によってタグを使いましたが、CSSは{ }にプロパティと値を入力することで効力を発揮させます。

{}の前のpはHTMLの段落タグです。上記の記入例ではpタグをどのようにレイアウトするか指定してます。

なお、{}の前に置かれるHTMLタグはCSSではセレクタと呼ばれるので覚えておくとよいでしょう。

では実際にどのような命令を出しているのか。

{}の中に書かれているfont-size :30px;という単語は文字のサイズを30pxに設定するという命令を出す単語で、backgraound: yellow;という単語は背景を黄色にするという命令をだす単語です。

この命令が書かれたpタグは30pxの文字の大きさになり、背景が黄色くなります。

pタグがこうなる

このように、CSSは{}の中にプロパティ: 値;という形で必要な分だけ記述し、自分好みのレイアウト/デザインに変更するものだと思ってください。

ただ、CSSには多くのプロパティと値があるため、全部を網羅するのは非常に大変です。カスタマイズしたい内容を調べて適応させるくらいできるようになればブログ運営者としては十分でしょう。

フォトショップ・カメラの知識は合ったほうがいい

ブログを書くに当たっては、HTMLやCSSの知識よりもフォトショップ・カメラの知識を得たほうが良いかもしれません。
と、いうのもブログには写真が必要不可欠であるため、自分でオシャレな写真を撮影したり加工することができる技術は非常に有利です。
ブログ用の写真としては「写真AC」「ぱたくそ」といった素材サイトの写真がよく使われていますが、ブロガーの多くが同じ素材を使うため、どうしてもオリジナリティーに欠けてしまいます。
やはり、人と違うブログを作るためには「グラフィク面の強化」が重要だと思います。

まとめ

ブログの書き手はプログラマーではなくライターです。HTML/CSSを駆使してサイトが作れるようになる必要性はありません。
サイトを作る練習をするならば一つでも多くの記事を書く方向にエネルギーを使ったほうが良いと思います。
ただ、サイトを作る能力は要らなくとも、最低限の知識だけは知っておいたほうが便利です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。