他のブログと画像が被る問題について

ブログを運営していると必ずぶち当たる「画像無い」問題。

新聞や小説なら活字だけでも許されますが、空き時間にスマホで読まれる傾向が強いネット記事に関しては、どうしても画像がないと読みづらい記事になってしまいます。

そこでブログ運営者はよくフリー素材を画像に使うワケです。

しかし、ブログ記事が乱立している今のネットにおいては、記事の内容が似たり寄ったりになると使用する画像も同じになってしまうことが多いです。

この問題に直面した時、ブログ運営者はどうすればよいのでしょうか?

画像が被る問題

同じ写真を使うと個性がなくなる

取材記事や私が書いているヴァイオリン製作の工程記事のように、実際に体験したり現地を訪れたりしない限りは、基本的に記事に挿入する「写真」が不足します。

そのため、取材を必要としないコタツ記事(出かけずにコタツに籠ってもかける記事)を書き上げる際は、誰でも自由に使うことが出来るフリー素材をブログ運営者は使います。

今回書いている記事も所謂コタツ記事の一種です。

無料写真素材を扱う人気サイト

 

ぱたくそ
写真AC
足成
ビジトリーフォト
モデル フォト」 など

上記のサイトは無料(一部有料)でクオリティーの高い写真を提供してくださるサイトなのですが、有名であるからこそ皆が同じ写真を使います。

ネット記事をよくご覧になる方なら、「あれ?この写真よく見るなぁ」と感じたことがあるはずです。
それは各ブログ運営者が有名無料写真素材サイトの写真を使っているからです。
例えば、最近よく見かける転職の話題に特化したサイト。

転職に特化したサイトは人間関係や法律、ブラック企業、転職エージェントといった題材を扱うことが多いですが、そのような記事を書いていると、どうしても「スーツを着た社会人の写真」が欲しくなります。

自分が被写体になったり、モデルに依頼すればオリジナルの写真を使うことができますが、どうしてもリスクが大きかったり、費用が掛かるため現実的ではありません。

と、なると結局ビジネスマンの写真を幅広く展開している無料写真素材サイトに頼ることになってしまうのです。

ぱたくそ 画像素材

例えばこんな感じの写真。この写真は「ぱたくそ」という有名無料写真素材サイトの素材ですが、非常によく見かけます。

無料写真素材サイトはブログ運営者にとってありがたい存在ですが、昨今は同じような内容を扱う記事が増えているため、写真そのものが被るケースも増えています。

すると、例え内容が異なる記事を書いていたとしても「オリジナリティー」が損なわれてしまうわけです。

たとえ一生懸命記事を書いても、写真をみただけで無個性記事を判断されることも珍しくありません。

無料写真素材サイトに罪は一切ありませんが、有名になりすぎたデメリットがブログ運営者に生じていることは確かです。

無個性記事と思われないために

では折角書いた記事が無個性記事と思われないためにはどのようにすればよいか?

まず第一に自分にしか書けないオリジナルな記事を書くことです。
作品紹介やツールの使い方、作業工程。さらには取材記事や大半の人がやらない事の体験記などもいいですね。

結局は「個性」が重要であることは揺るがない事実です。

ただ、プロブロガーの方はともかく、普通に仕事をしている方なら毎回毎回オリジナルティー溢れる記事を書くのは相当しんどいと思います。

ブログは更新頻度も重要なので、全て高品質な記事に拘ってしまうと頻度が著しく低下しかねません。

なので結局メイン記事と並行してコタツ記事も書くことが推奨されるわけですが、このコタツ記事の品質も上げる必要があります。

コタツ記事に使いたい写真素材

コタツ記事の挿入写真にお勧めなのが「海外の無料素材」もしくは「有料写真」を使うことです。

海外の無料素材は使う人が有名写真素材サイトよりも少ないので、被ることが減ります。
また、費用はかかりますが、「PIXTA」といった有料素材を使うのもありです。
写真のクオリティーが無料素材より上がりますし、コチラも他の記事と写真が被ることが減ります。
いずれも多少被ることは否めませんが、無料素材を使うよりかは大幅に被る可能性を減らすことはできるはずです。

無断で画像をパクるのはやめよう

勝手に人のブログの写真を使う人もいますが、ネット上の画像はその殆どが著作物なので、無断で画像をパクル行為は著作権侵害です。

確かに綺麗な写真を使うと記事が映えるので、使いたくなる気持ちも分かります。

ただ、それらの写真はコストをかけて現地で撮影した写真や、プロに依頼して撮影してもらった写真です。

無断で使ってはいけないのです。。
仮にパクった写真の力を借りてアクセスを上げたとしても、ネットでもの露出が増えれば増えるほど「パクってんな・・コイツ」と思われることにも繋がります。

長期的に考えればやっぱり損するわけです。

最後に

コタツ記事を書く場合、写真問題にぶち当たるのは当然のことです。
これを回避するためには少しでも人と被らないように有料素材を使ったり、海外の無料素材(有料なら尚被らない)を使う必要があります。

ただ、基本的には完全にオリジナルな記事を書くのが一番なので、自分だけにしか書けない記事を考えることに力を注いだ方が賢明です。

出来る限り自分で現地に出向き、自分自身で撮った写真を使ったほうが良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください