Instagram・Twitter 始めました!

紅茶生産量世界2位 ケニアの紅茶について

ケニア 紅茶

紅茶の産地といえば世界1位のインド、そして世界3位のスリランカが有名です。しかし、生産量世界2位のケニアに関しては意外とその存在が周知されていません。

そこで今回はケニアの紅茶がどんな紅茶なのかを紹介します。

紅茶はインド産・スリランカ産だけにあらず。

ケニアの紅茶も世界に存在する銘茶の一つだったりします。

急成長中の紅茶産地 ケニア

ケニアは20世紀に入ってから急激に生産量を増やしている今注目の紅茶産地です。

茶業に精通しているイギリス人技術者がケニアで栽培実験に成功したことからインド・スリランカに次ぐ紅茶の生産地として有望視され、1924年ごろからウガンダ、タンザニア、マラウィ、モザンビークといった農園を中心に紅茶の生産が加速していきました。

ケニア 紅茶

ケニアは高原国かつ熱帯性の気候であることから紅茶の栽培がしやすく、さらにインドやスリランカよりも摘採のサイクルを速めることができる環境であるため、紅茶の量産に向いています。

茶葉の成長が早く、摘み取っても1〜2週間後にすぐに茶摘みができるみたいです。

回転率が良いと、どうしても品質が悪いと思われがちですが、ケニアの紅茶の品質は実に良質です。

優れた紅茶でありながら「量」も取れるメリットを生かし、手間がかかるリーフタイプではなく、機械で加工するCTCタイプの茶葉の生産し、出荷量を上げています。

CTC

 

細かい粒状の茶葉。CTCという名称はCRUSH(押しつぶす)TEAR(引き裂く)CURL(丸める)の頭文字からとられている。

 

紅茶 CTC製法

ケニアの紅茶はティーバックに使用されることが大半で、世界中の紅茶メーカーにブレンド用茶葉としてよく選ばれています。

ただ、8割近くはイギリス向けに出荷されるため、世界2位の紅茶生産国でありながらも、日本ではあまり知名度が高くありません。

また、ケニアは地域による品種の差がないため、インドやスリランカのような代表的な産地がなく「ケニアの紅茶」というザックリした呼ばれ方をします。

ケニア人と紅茶

ケニアといえば一般的には紅茶よりもコーヒーのイメージが強いです。特にケニア産の「マサイAA」は第一級のコーヒーとして位置づけられており、人気があります。

ただ、実はケニアの人たちはコーヒーをあまり飲みません。

というのも、現地の人々はどうやら「苦いのが苦手」な味覚をしているようで、コーヒーの苦みがどうも馴染めないようです。

逆に紅茶は味覚に合うようで、こちらは国内でも多く消費されています。

ケニアの紅茶の特徴

紅茶の産地としては歴史が新しいケニアは多くの若い樹木が植えられており、味わいは爽やかでクセがありません。渋みも少ないため、紅茶初心者であっても飲みやすい紅茶です。

水色は明るい紅色。

ストレートでもミルクティーでも、なんならレモンティーでも飲みやすく、アレンジティーにも向いています。

ケニア紅茶

ケニアの紅茶は大半がティーバックであることから価格がリーズナブルです。
忙しい朝の一杯として、または仕事中の息抜きとして。

どんなシーンにおいても気軽に飲めることがケニア紅茶の魅力だと思います。

ケニア紅茶のクオリティーシーズン

多くの紅茶は1年間の中で最も美味しい茶葉が摘めるクオリティーシーズンというものがあります。

インドのダージリンやアッサムは梅雨、スリランカのウバは夏といった具合に、産地によってそれぞれ茶葉のピークが異なります。

さて、ではケニアの紅茶はいつがピークなのか?

その答えは7〜9月です。

紅茶 ケニア

ケニアの紅茶は年間を通して品質は安定しているため、インドやスリランカの紅茶と比較するとピーク以外の時期との差があまりありません。

とはいえ、7〜9月の乾期に収穫される茶葉はコクと香りが強く、高い評価を得ています。

次いで1〜2月の紅茶も品質が良く人気です。

最後に

ケニア紅茶はブレンドティーとして販売されていることが多く、紅茶好きの方であってもあまり馴染みがないとは思います。

ただ、パッケージをよく見ると「生産国:ケニア」と表示されている紅茶をよく見かけるので、紅茶を購入した際には生産国を確認してみてください。

もしかしたらいつも飲んでいるお気に入りの紅茶はケニアの紅茶かもしれませんよ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください