2019年4月より 日本バイオリン製作研究会に所属することになりました。

もしかして、故障?壊れた? 機械式時計がオカシイ時の対処法

機械式時計 故障

機械式時計を身に着けている人であれば、一度は「もしかして、壊れた?」という状況に遭遇したことがあるのではないでしょうか?

本当は故障していないこともありますが、普通に故障していることもあります。

今回は時計を使っていると偶に遭遇する「壊れたかも?」な状態をまとめてみました。

これ、ヤバくね・・と思った時に、読んでみてください。

機械式時計を持っているなら必見です!

故障?その1 時計がすぐに止まる

機械式時計 歯車

時計がすぐに止まる場合、原因は様々ですが、最も多いのはゼンマイの巻き上げ不足です。

たまに機械式時計ユーザーであっても、「自動巻き時計は腕につけていれば、全自動でゼンマイが巻き上がる」と思っている人がいますが、自動巻きローターは左右に振れることでゼンマイをチャージしますので、腕を動かさなければゼンマイは巻かれません。

子供の時にポケットピカチュウを持っていた人は、本体を振って歩数を稼がないとピカチュウがいなくなることを経験したはずです。アレと同じ要領だと思って下さい。

つまり、すぐ止まるのは時計の運動量不足です。内勤仕事の人は一日中身に着けても、MAXまでチャージされないことがしばしばあります。

このようなケースは時計のゼンマイをしっかり巻き上げておくことで、時計がすぐ止まることを防ぐことができるので、是非試してみてください。

時計に衝撃を与えた場合はヤバさUP

巻き上げ不足で時計がすぐに止まってしまう場合は良いですが、時計を落としたり、ぶつけてしまった場合は、その衝撃によってパーツが破損した可能性があります。

ちなみに一般的な機械式時計のゼンマイ稼働時間は40〜50時間程度です。仮にゼンマイをしっかりと巻き上げた状態なのに、大幅に駆動時間を下回る場合はパーツの破損が考えられるので、その場合は修理店に持ち込んでみましょう。

故障?その2 時間を合わしても狂う

時間を合わしても狂う場合、クォーツ時計なら電池切れの可能性が高いですが、機械式時計の場合はパーツや歯車の何かしらに問題が生じた、もしくは磁気帯びをしてしまった可能性があります。

磁石 時計 磁気帯び

磁気帯びって何?

時計パーツの大半は金属でできています。そのため、電化製品といった磁気を放つモノを時計に近づけると、パーツが磁化してしまい、正常な動きができなくなります。

特に機械式時計の心臓部にあるヒゲゼンマイというパーツは磁化しやすく、パーツが磁気帯びすると一時的に進みすぎたり、遅れたり、さらには止まったりします。

オーバーホールしたばっかりなのに、時間が狂う場合は磁気帯びしている可能性が高いと思ってよいでしょう。

磁気が強い主な製品

 

ヘアドライヤー、電気毛布、スマホ、パソコン(主にスピーカー部分)、オーディオスピーカー、ピップエレキバン、磁気ネックレス など

ちなみに磁気帯びしている場合は方位磁石を近づけると、針が振れます。もし、振れた場合は時計店に持ち込んでください。

磁石 時計 磁気帯び

時計店には磁気抜きというモノがあり、その機械に時計をおいてボタンをワンプッシュするだけで磁気が抜けます。尚、価格は1000円程度のことが多いです。(良い商売ですね。。)

癪な方は磁気抜き機を買うのもよいでしょう。安いモノであれば数千円で売ってます。

多少のズレは機械式時計の精度の範囲化かも?

ただ、機械式時計はクォーツ式時計よりも精度が劣るため、クォーツ時計と同等の精度を期待してはいけません。

モデルや個体によって精度に差はありますが、一般的な機械式時計の精度は以下の通り。

現行モデル:日差-10〜+20秒ほど
アンティーク時計:日差-30秒〜+60秒ほど

 

※日差=1日に生じる時間のズレ

もし、この範囲に収まった時間のズレであれば、故障ではないので安心してください。

時計に衝撃を与えた場合はヤバさUP

時計がすぐ止まる場合と同じく時計に衝撃を与えてしまった場合、もちろんヤバさはupします。

時間が狂う場合は、「調速機構」と呼ばれる機構のどこかに不具合が生じてしまった可能性が高いです。

この場合もそのままにしておくと不具合が加速しますので、修理店に持ち込んでみましょう。

故障?その3 時計から異音がする

時計からシューシューといった異音がする場合。これは内部機械の油が切れて、歯車・自動巻ローターがスムーズな回転をしなくなったことによる「摩擦」が音を出している可能性が高いです。

機械式時計 自動巻ローター

自動巻きモデルは巻き上げる時に多少音を出しますが、あまりにも音が大きい場合は油が切れていると思ってよいでしょう。

しかし、この症状はオーバーホールに出せば音はなくなりますので、安心してください。

機械式時計 オーバーホール

ただ、時計の中から「カタカタ」というような音がする場合は、パーツが外れてしまった可能性が高いです。この場合は特に早めに修理に出した方がよいと思います。

故障?その4 カレンダーが切り替わらない

カレンダー機能を搭載している時計を使っていてカレンダーが切り替わらない場合。ユーザーが昼の12時と夜の0時を勘違いしているか、0時ジャストにカレンダーが切り替わると勘違いしているということが原因に挙げられます。

機械式時計 デイト表示

機械式時計はデイトジャスト機能を有していない限りは、日付が切り替わるのに±10分ほどの猶予があるのが一般的です。0時ちょうどに変わらないからといって故障ではありません。

ただ、やっかいなのは機械式時計特有の「カレンダー操作禁止時間帯」にカレンダーをいじってしまった場合です。

恐ろしきカレンダー操作禁止時間帯

機械式時計において午後8時から午前4時はカレンダー禁止時間帯に当たります。

機械式時計 カレンダー 禁止時間帯

この時間内はカレンダー板の歯車と時間表示の歯車が噛み合っているため、無理やり日付を変更すると、カレンダーを動かす歯車やパーツが「バキッと」いきます。

そうなると、カレンダーは使い物にはならないため、修理が必要です。

結構修理代は高くなってしまうので、禁止時間帯に日付をいじるのは絶対にやめましょう!

日付が中途半端に止まることもある

ちなみに日送り自体はできても、歯車の欠けやカレンダーディスクが傷みによって、日付が中途半端に止まることもあります。緊急性は高くはありませんが、早めに修理に出すことをお勧めします。

故障?その5 リューズを巻いてもゼンマイが巻かれない

主ゼンマイが切れてます!全部解けているの切れているのではなく、物理的に切れてます。

機械式時計 ゼンマイ

※写真はひげゼンマイですが、イメージとして

多分、MAXまでゼンマイが巻かれているのにさらに巻きませんでしたか?

チョロQなどのゼンマイ式おもちゃをイメージしてください。限界まで巻いたあと、さらに巻こうとすると嫌な感じになったと思います。

機械式時計はパーツの性能が良いので、そのイヤな感じが若干薄いですが、限界を超えて巻いた場合は勿論切れます。

ゼンマイが切れたら、そもそも時計が動かなくなるので、修理にだしてゼンマイを交換しなくてはいけません。

ただ、ゼンマイを交換するだけなら意外と安いので(5千円〜くらい)、「終わった、、、」とか思わなくても大丈夫です。

故障?その6 しばらく使わなかったら、精度が悪くなった

機械式時計を使わずに長期間放置していると、内部機械の油が固まります。するとパーツがスムーズに動かなくなるたり、精度にも影響が出ます。

これを避ける方法は、たとえ身に着けないとしても定期的に時計のゼンマイを巻いておくことです。

定期的に巻いておけさえすれば、油が固まることはありません。

機械式時計は一度買ったら、愛着をもって使用しないとスグ駄目になってしまうのが難点でもあり、魅力でもあります。

故障?その7 ガラスが曇ってる

時計のガラスが曇っている場合、時計内部に水が入ってしまった可能性が高いです。

防水性能が弱い時計を水につけてしまった場合は勿論のこと、たとえ防水性能が高い時計を使っていたとしても、リューズを引き抜いた状態で水につけてしまうと、水分が時計に侵入してしまうことがあります。

また、防水性能が高いからといって「お風呂」に入れてしまったことも故障の原因の一つです。

防水時計といえど、時計は「熱」には強くなく、特に水蒸気にはとても弱いです。

これらのことが原因で時計に水が浸入してしまうと、ガラスが曇ります。そして、時計内部に水が浸入しているのに「放置」することは時計にとって最悪です。

金属が常に水分に晒されるとどうなるのか?

サビます。。

時計 パーツ 錆

水の侵入を放置し続ければ機械内部のパーツは全てサビてしまい、再起不能となります。人間で言うとガンを放置しているのと同じです。

ガラスが曇っている場合は、すぐに修理を検討してください。

単に結露している可能性も

ちなみに「曇っている=即修理」というわけではありません。寒暖差が激しい場所を行ったり来たりしたことで時計内部の空気が結露しただけという可能性もあります。

結露した場合は一時的に曇りますが、時計と外気の温度が一定となれば次第に曇りは消えていきます。

なので、ずっと曇っている場合はアウト。一時的な曇りはセーフといったところでしょうか。

まとめ

機械式時計はある程度雑に扱えるクォーツ時計と比較すると非常に繊細です。ちょっとした衝撃で機械のバランスが崩れたり、丁寧に扱わないと不具合を起こします。

とてもめんどくさいアイテムといえますが、その分愛着が湧きますし、何よりも美しいです。

日常的に機械式時計を扱っていて、「ちょ、、ヤバい、、。」と感じることがあったら、是非またご一読ください!

2 COMMENTS

遠藤康治

拝見させて頂きました、同じ姿勢で置いていると止まりませんが腕にはめると止まってしまいます、その原因が知りたいのですがいかがでしょうか?大体のことは理解しているのですけど。

返信する
高屋 千尋

腕にはめなければ大丈夫とのことなので、磁気帯びではなさそうですね。
自動巻でしょうか?ローターの軸に不具合があり、歯車の動きを止めているといった可能性があるかもしれません。

いずれにしても状態をみてみないと流石に原因を突き止めることは難しそうです。。
一度修理業者にみてもらった方が良いかと思います。

お力になれず申し訳ありません。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください