脱旧友のススメ!学生時代の友達がいなくても問題なし

友達が少ないという悩みをもつ方は多いですが、友達ってそんなに必要なモノなのでしょうか?
「同じ目標を持っている」「同じ趣味がある」という友達は勿論多い方がいいですが、ただ単に昔からの友達だからといって一緒にいるだけの友達って実は必要ないかもしれません。

今回は自分自身の経験を踏まえ、脱旧友のススメを説きます!

※内向的20代男性の主観的な感想がかなり含まれています

社会人 友達

旧友と疎遠になることは自然なこと

学生時代の友達と今も仲良くしていますか?
頻繁に集まっているという人もいれば、全く会っていないという人もいると思います。

私はというと、学生時代の友達との関りはほぼゼロです。

社会人になって最初の頃はたまにあっていましたが、徐々に会うことが少なくなっていき、遂に近年はゼロになりました。
数年に一回会う友達がいるので、完全にゼロというには語弊があるかもしれませんが、もはや旧友の情報は皆無です!
誰が何をしているかなど知りません。

社会人になると価値観がズレまくる

何故、徐々に疎遠となってしまうのか?それはやはり話していて合わなくなったと感じるからでしょう。

昔は仲が良かったのに今は一緒にいるとストレスを感じる。ちょっとしたことが気になるようになった。
など。

でも、これは異なる生活を送っていれば当たり前の話であって、そもそも昔と変わらない関係でずっと仲良くしようとする方が無理なのです。

社会人 友達

学生の時は同じ場所で学んで同じ話題があったからこそ一緒に楽しく過ごせたかもしれません。
しかし、卒業して環境が変わってしまえば、余程波長が合う・趣味が同じといった関係でない限り話すことがなくなります。

寧ろもともと相性自体そこまで良くなかったのに、たまたま一緒の環境で過ごしていたことで「凄く仲が良かった」と錯覚していただけなのかもしれません。

なので、友達がいない少ないから自分はダメ人間と思う必要など一切なく、ごく当たり前なことだと認識したほうが良いと思います。

学生時代の友達は美化されている

誰だって学校という閉鎖空間で孤立したくはないため、とりあえず友達を作ります。
そして学校で一緒の時間を過ごしていれば、テストの話題や先生の話題、そして友達の話題といった話題に尽きない為、ある程度相性がよければ仲良く過ごせることも多いでしょう。
この時の思い出から必要以上に「学生時代の友達は生涯の友達」という印象を抱きやすいですが、思い返せば実は大概薄っぺらい関係だったりします。
そして、旧友は特に必要のないモノであることも多いのです。

※本当に相性の良い友達とずっと関係が続いている方は、その関係を大切にした方がよいとは思います。
社会人になっても一緒に過ごせる関係は素晴らしいと思うので。

社会人になったら旧友に違和感を感じるようになった

さて、ここでは私が旧友と疎遠になった流れを解説します。
まず疎遠になった最大の原因ですが、それは「違和感」です。

学生の時は仲良く過ごせた旧友達。しかし、年を重ねるごとにどんどん違和感を感じるようになりました。

飲み会中心になってしまうことに疑問

社会人になると何故か「友達と会う=飲み会」となってしまいます。
昔はよくレストランで食事をしていた友達も、大人になると居酒屋で飲もう!と言ってくるのが定番です。

仕方ないといえば仕方ないのですが、酒ありきのコミュニケーションには疑問を感じます。

なにせ私はお酒が飲めないうえに嫌煙なので、居酒屋という空間で過ごすことにストレスを感じます。
昔凄く仲が良かった友達が断りもせず平気な顔して煙を吹いてくるようになってしまい、凄く残念に思ったことを今でも覚えています。
「何故わざわざ高い金を払ってまでうるさく臭い環境にいかなければならないのか。。」一般的にズレているといわれる私の思考回路はこう考えてしまうのです。

また、飲み会になるとと会社の話や愚痴、年収がどうのこうのという話題の話になったあげく、最終的に相手が酔っ払いが出してコミュニケーションが取れなくなります。

酔わないと会話できないのか?そこまでして騒ぎたいのか?と結局私は引いてしまうワケです。

学生の間は共通のネタで盛り上がることが出来ましたが、社会人となってはそれも難しいので「飲まないと間が持たない」というのも分かります。

しかし、飲まないと間が持たないというのであれば、もはやお互いにとって有意義な時間を過ごせる関係は終わっているのではないかと感じます。

旧友との関係というよりは下戸の悩みともいえますが、、、。

そもそも話が合わない。。

飲み会がうんぬんとか言う前に、そもそも話が合わないと感じることが多々あります。

学生時代は話が合った友達も成人すると話がかみ合わなくなってきます。特に私の趣味はだいぶ特殊であるため、あまり理解されません。
加えて地元の友達はギャンブルや酒好き・タバコ好きが多かったため、それが顕著となりました。

仲良く過ごした時間が確かにあった為、寂しい気持ちはありましたが、会ってもストレスが溜まるだけなので次第に疎遠になるのは当然の流れです。

結局、楽しかった思い出は汚さずにそのまま閉じ込めておくほうが良いのかもしれません。
無理に関係を続けようとすると、楽しかった思い出まで穢れそうです。

旧友と疎遠になったメリットとデメリット

旧友と疎遠になったことで得たメリットは以下の通りです。

・勝手なベクトルで比較されることがなくなった
・無駄な出費が減った
・無駄なストレスが減った
・自分の時間が増えた
・人間関係のトラブルに巻き込まれる必要がない

正直メリットだらけです。

趣味が近く今後も関係を続けていきたいと思えるような人ならばともかく、相性がよくもない旧友と時間を過ごすのはもはや無駄なことともいえます。
一見冷たい発言にも思われそうですが、ようは自分にとってもプラスにならない時間を過ごすなら、本当に仲良くしたい友達との時間を大切にした方が良いということです。
それは家族であったり、友達であったり、恋人であったり。時間という限られたモノを不必要なモノに宛がう必要はありません。

 

逆にデメリットも挙げてみます。

・結婚式に呼ぶ人が少ない
・寂しい人間だと思われる

目立つデメリットはほとんどありませんが、強いて言うならば結婚式・披露宴に呼ぶ人が少ないことでしょうか。
とはいっても、結婚式や披露宴を挙げない人も多く、結婚すらしない人も増えているため大したデメリットではありません。

また、寂しい人間だと勝手に決めつけてくる人間もいますが、そのような人はただ自分に自信がないだけなので無視しましょう。

つまり、旧友との関係がほぼゼロであろうとも全く問題はないのです。

まとめ

積極的に今後も仲良くしたいと思えるような関係でない限りは、旧友と疎遠になってしまっても何ら問題はありません。
寧ろ、自分にとってメリットの方が多いと思います。
学生時代と友人を今も大切に思える関係を築けた人はその関係がいつまでも続くことを祈りましょう。
逆にあまりいい関係を築けなかった人は新しい関係に目を向けましょう。
人間関係は「運」の要素も大きいので、必要以上に孤独感を感じることはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。