一人っ子だった私の小学生時代の遊び方

一人っ子は「協調性がなさそう」「マイペース」「我儘」といったマイナスなイメージを持たれやすいです。

自分では我儘ではないと思っていますが、多少マイペースであることは否めません。
今回はTHE・1人っ子として育った私の小学生時代の遊び方を紹介します。
同じ1人っ子なら共感してもらえるでしょうか??

一人っ子

協調する相手がいない故に

一人っ子は兄弟がいないため、同じくらいの年の子と接する機会が極端に少ないです。学校に行けば友達を過ごす時間がありますが、家に帰れば完全に一人の世界になります。
しかも、私の家は親戚づきあいが殆どないうえに家族とそこまで話す家ではなかったので、より一層1人で過ごすことが多かったです。
いわば1人っ子のプロといっても過言ではありません。

兄弟がいれば、一緒に遊ぶことで自然にコミュニケーション力が身に付きます。しかし、一人っ子の場合はそれが出来ず、1人で過ごさなければなりません。

そこで発揮されるのが一人っ子ならではの妄想力です。
一人っ子はどうすれば1人でも楽しく遊べるかを考え、試行錯誤しながら様々なことを楽しむことができます。

1人格闘ゲーム

年の近い兄弟がいれば格闘ゲームを一緒に遊べますが、1人っ子である私はそれができなかったため、苦渋の策で一人でコントローラーを2つ操作して戦わせていました。

ゲーム機

例えばドラゴンボール。
1人で2つのコントローラーを操作するため、必殺技やコマンドは出せません。そのため、もっぱら攻撃方法はパンチとキックのみ。もはやターン制のキックボクシングです。
もちろん戦いを盛り上げるためには互角の戦いを演じなければならないため、HP調整には気を使います。
片方が殴れば、もう片方が殴る。
最終的にお互いギリギリのHPになったところで「気」を溜め、同時に必殺技を出して勝敗を決めます。

どうです?楽しそうですか?

当時の自分は十分楽しかったんです。

1人遊戯王

遊戯王カード

出典:http://yugioh-card.com/japan/products/cp18/

小学生の頃遊戯王のカードゲームが流行っていました。
これもテレビゲームと一緒で兄弟がいれば対戦相手になってくれますが、1人っ子の場合はもう一人の自分を対戦相手に設定します。
所謂「もう一人の僕」です。
もう一人の僕はこちらの手札が丸わかり、そして僕自身もも相手の手札が丸わかり。
意外と互角の勝負に持っていくのが難しく、凄く頭を使います。
最後はうまく逆転の一手を演出して「僕」が勝つのですが、策が見事にはまったような気がしてコレもまた楽しいのです。

量産ガンダム

プラモデル

男の子であれば誰もが通るプラモデル製作。もくもくと製作に打ち込めるため、1人っ子の私にとっては最適の遊びです。
プラモデルを作るのにハマってからは、主にガンプラをひたすら作りました。
時には同じガンダムを複数体作って「悪の組織」を形成したりも。

ただ、作るとどんどん置き場所がなくなっていくため、一人で戦わせて定期的に数を減らしていました。
あれです。僕が作って俺が壊すというやつです。

傍からみたらヤバイやつなのですが、1人っ子だと不思議と日常だったりします。

量産ホビー

プラモデルを作るのが好きということは、その他のホビーを作ることも好きということです。
ミニ四駆・ビーダマン・チョロQなどなど。様々なホビーを私も作りました。

チョロQ

作ったホビーで友達と遊んでいるときは楽しいのですが、友達が帰ってしまった後は再び対戦相手がいない状況に陥ります。そのため、暇なのでとにかく数を作りこむわけです。無駄に。

加えて1人っ子は兄弟がいる家庭よりおもちゃを買ってもらいやすい為、どんどんホビーがたくさん増えます。

ひたすらゲーム

「ゲームの世界に浸る」これは1人っ子が陥りやすい状態ですが、私も例にもれずかなりゲームっ子として育ちました。
ポケモンでは2バージョン同時進行させ、一人で通信ケーブルを駆使しポケモンをコンプリート。FFやドラクエといったRPGもとことんやりこみました。

ドラゴンクエスト

友達と遊ばずにゲームだけをするのは問題ですが、私は友達と遊ぶことが大好きだったので、ある意味健全だったとはいえるでしょう。

そしてゲームの世界観やBGMの素晴らしさにどっぷり浸かったことが、のちに私をヴァイオリン製作へと導くこととなります。

まとめ

行動だけ見ると友達いなくてヤバいやつだと思われそうですが、ちゃんと小学生の時は友達多めでした!あくまで、友達と遊んでないプライベートな時間が一人仕様だっただけです。
改めて小学校時代を振り返ってみると、1人っ子の特性を磨きに磨く生活をしていたとは感じます。ただ、この時代があったからこそ「作る」ことが何よりも好きになったのは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください