ブログのアクセスが全然増えない原因

集客やブランディング用途で個人メディアを運営する人が現在増えています。
主にワードプレスや無料ブログを使って運営を行っている方が多いと思いますが、実際に記事を書いてみると、全然アクセスが増えない。。という方が大半です。
そこで今回はブログが読まれない4つの原因について解説していきます。

アクセスが増えない

1.適当にブログ運営に取り組んでいる

オウンドメディアの有効性が注目され、現在は多くの企業が本格的な自社メディアの運営を行っています。
経験豊富なライターが専属でついている企業もあれば、外部ライターやアルバイトを大量に雇って、記事を量産しているメディアも存在します。
つまり、掛けている手間と費用が個人とは桁外れなのです。

仕事をしながら個人で記事を増やすには限界がありますが、本気でメディアを量産している企業は一日に数本以上の良質な記事を日々作り上げます。
そのため、基本的には大手メディアと検索上位争いをしても勝てません。
ブログを書いてもアクセスが増えないのは、ごく当たり前の事なのです。

ブログは手間をかけただけ成長する生き物のような存在であり、よい結果を生みだすためには、時間を割いて真剣に取り組まなければなりません
日記のような1000文字以下の薄い記事を幾ら書いても、アクセスは増えていかないのです。

2.人気ワードを狙いすぎている

ブログのアクセスが増えない大きな原因はココ。
人気ワードを狙いすぎているからです。

例えば、「京都 観光」といった内容の旅行ブログを書くためにグーグル検索で「京都 観光」を検索してみます。
すると多くの旅行メディアの記事が1ページ目に出てきます。

検索サーチ
それぞれの記事の中身を見てみると、非常に作り込まれた内容の記事が多いと思います。
また、上位に食い込んでいるメディアは大手のメディアであることが大半であるため、個人が片手間で書いたブログは余程優れた内容でない限り、検索上位に食い込むことはありません。
また、仮に10000万字の大ボリューム記事を書こうとも、グーグルから高い評価を得ているドメインパワーの強いメディアの記事に勝つことは難しいです。

「じゃあ、全部無理じゃん!」
と、思われてしまいそうですが、もう少しワードをニッチなモノ且つ優れた記事をかけばドメインパワーが弱い個人メディアでも1ページ目に記事を表示させることも可能です。

具体的には
月間検索数20万オーバーの「京都 観光」ではなく、月間検索数720程の「二条城 観光」を狙うといったイメージです。
月間検索数が多い人気ワードで読まれる記事を作り上げるのは非常に困難ですが、ニッチな検索ボリューム数のキーワードならば勝ち目はあります。
とはいっても、専門的に本気で書いた記事でなければグーグルから高い評価を獲得するのは難しいのが現状です。書くからには、1ページ目に掲載されている他の記事よりもクオリティーの高い記事を作る本気さが必要です。

WEBライティング

3.内容が薄い

そもそもクオリティーが低いという問題。
検索エンジンを使う人の約7割は「情報収集」を目的に、自分の知りたい情報を得られるであろう記事を検索します。
そして、検索して表示された記事の内容が薄かったり、当たり前のように知っている内容だったりとすると、ガッカリしてページから離脱してしまいます。
一昔前はSEOだけを意識した内容の薄い記事でもグーグルを欺くことができましたが、アルゴリズムが進化した現在のグーグルにはそれは通用しません。
つまり、ユーザーの需要を満たせるであろう記事が上位に表示されるようになっています。

人気キーワードを狙っているわけではないのに、ブログが読まれない場合、記事のクオリティーが低いと評価されている可能性が高いです。

4.専門性が薄い

剣の道を極めた剣士と剣も魔法も使える魔法剣士がいるとします。
あなたはどちらに「剣」の技術を教えてもらいたいですか?
魔法剣の技を教えてもらうのでない限り、おそらく剣の道を極めた剣士から教わりたいと思うはずです。

これは、ブログにも当てはまります。
一般的にユーザーは専門性の高い人の情報を信用しますので、あれもこれも手を出している雑記ブログと専門ブログを比較すると、どうしても専門性が高いブログに人は流れます。

もしあなたの運営しているブログに専門性がない場合、ユーザーを逃がしている要因になっているかも知れません。

ブログ 専門性

ただ、単一ジャンルの専門ブログであることが理想ではありますが、専門ブログはネタ切れを起こしやすく、モチベーションを保つのは容易ではありません。
そのため、ある程度関連性のある記事ならばどんどん書いていった方が良いと思います。

書かなければ文章力も上がりませんし、書いた記事を分析・検証することも重要なので、とにかく「文章を書くことに慣れる」ことも大切です。

まとめ

ブログを運営以上、多くの人に記事を読んで貰いたいもの。しかし、情報社会となった現代では、全国各地の企業・個人とのキーワードの奪い合いに勝利しなければ検索上位に表示されないのが現実です。

個人メディアとして結果を出すには相当のエネルギーが必要であることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。