2020年もよろしくお願いします!

SEOに有利な記事の書き方

SEOに有利な記事の書き方

SEOは様々なテクニックが必要であり、個人では結果を出すのが難しいとされています。

しかし、現在のGoogleアルゴリズムは、「ユーザーに満足してもらえるコンテンツ」を作ることさえできれば、高い評価を得ることが可能です。

たとえ孤軍であっても戦い方次第では検索上位に名を連ねることもできます。

そこで今回は3年に及ぶWEBライター生活から学んだ、上位表示されやすい記事の書き方を紹介します。

良い記事を書くためには最低限知っておかなければならない事ばかりです。

SEOに有利な記事の書き方1.独自性を持たせる

GoogleAIの進化により、近年は誰でも書ける記事の評価が下がっています。

そのため、記事を上位に押し上げるには「他者に真似できない独自性」が求められるようになりました。

ブログ記事 独自性

独自性はネットに転がっている記事を繋げるだけでは生まれません。

自分の体験談や具体的な数字、個人的な主観といった他の記事と被らない切り口が必要となります。

SEOに有利な記事の書き方には様々なテクニックがありますが、まず第一にこの「独自性」を磨かなければ厳しい戦いを強いられるのは間違いありません。

自分のキャラや立ち位置を明確にすること

個人がブログ運営するうえで、これは常に意識しておきたいところです。

独自性重視の記事の書き方はブランディングSEOと呼ばれ、今後の主流になるとも囁かれています。

なお、個人ブログでありながら法人メディアのように「質より量」な運営方法を取っている人もいますが、これはオススメできません。

個性を殺した量産型記事を書いたところで、人海戦術を使う法人メディアに勝てるわけがありません。

似たような内容の記事である場合、権威性・信頼性で上回る法人の記事が私たち個人の記事を淘汰します。

ブログに限らずなんでもそうですが、弱小者が生き残るためにはニッチな分野で地位を築くしかないので、大手の戦い方を参考にするのは程々にしておきましょう。

SEOに有利な記事の書き方2.1つのキーワードを狙って書く

検索上位表示を果たすには、何のキーワードに対して記事を書くのかをあらかじめ設定しておくことは必要不可欠です。

これはSEOの定番テクニックですが、これを怠ると誰にも読まれない記事ができあがるので、適当に書き始めてはいけません。

コンテンツマーケティング キーワード

具体的な手順としては、aramakijakeやGoogleキーワードプランナーといったツールを使って「キーワード」の検索ボリュームを調べ、該当ワードの検索上位をリサーチしつつ、狙うべきキーワードとタイトルを設定します。

適正なキーワード設定を行わないと、誰に向けて書かれたか不明瞭な記事になるので、よくリサーチしてから記事を書き始めましょう。

また、これも定番テクニックですが、1記事に対して狙うキーワードは1つに設定します。

テーマを絞って記事を書くことで、ユーザーの需要を満たすコンテンツと認められやすくなります。

SEOに有利な記事の書き方3.ターゲットを明確にする

記事によって狙うターゲットは異なります。

例えば「チェロ 弦の張り方」というキーワードに対して書く記事であれば初心者がターゲットになります。

対して「チェロ 3rdポジション」というキーワードであれば、中級者以降がターゲットになるでしょう。

初心者と中級者では知識量に差があるため、同じ書き方はしません。

もし中級者向けの記事に「ビブラートのかけ方」といった内容が書かれていても、知っているわ!と思われるはずです。

ターゲット

 

20代 女性 独身
3040代 男性 既婚 ヴァイオリン初心者
50代 女性 音大卒

上記はターゲット設定の例です。記事を書く前に具体的なターゲットを設定するとユーザー満足度の高い記事となるので、ぜひ意識してみてください。

ブログ記事 ターゲット

SEOに有利な記事の書き方4.文字数を増やす

2017年あたりが長文SEOのピークで、現在は必ずしも長文が上位表示に絶対優位というわけではなくなりました。

しかし、文字数が少ないよりかは多いほうが有利であることは事実であり、リサーチに十分時間をかけた内容の濃いコンテンツのほうがGoogleには評価されやすいです。

ブログ 文字数

ただ、勘違いしないでほしいのは「とりあえず文字数を増やせばOK」という考え方は危険であること。

あくまでも記事に関して必要な内容が充実しているほど有利なわけで、無駄な文章や蛇足をしたところでプラス評価が得られるわけではありません。

私の経験上では4000~5000文字以上書くと上位表示されるケースが多いです。

もちろん独自性があり、キーワード設定も的確に行っていればですが。

SEOに有利な記事の書き方5.他者の文章を見過ぎない

記事を書く上でリサーチをすることは大切ですが、Googleからもユーザーからも支持される記事は、何も見ずにスラスラ書いた記事だといえます。

本当に知識があること、本当に好きなモノであれば、他の記事を吟味しなくとも記事は書けます。

人の記事を参考にしすぎると自分のオリジナリティーがなくなってしまうので、上位表示を狙うのであれば、他者の記事は構成の参考にする程度にとどめておくことをオススメします。

SEOに有利な記事の書き方6.写真にこだわる。

記事の内容を濃くすると必然的に文章量は多くなり、Googleからの評価も上がりやすくなります。

しかし、あまりにも文章の羅列が続くと、それはそれで読みにく記事になってしまいます。

そこで大半の記事には写真やイラストが挿入されるわけですが、これを適当に選ぶとオリジナリティーが一気に下がります。

ヴァイオリン制作 AtelierEren

ブログ記事に使われる画像は自分で撮影したオリジナルの画像もしくはフリー素材の2択になりますが、フリー素材を使っている場合、他サイトの記事と写真が被ることがあります。

せっかく文章がオリジナルなのに写真が似たり寄ったりだと、一気に質が落ちた感じになるので注意が必要です。

全てを自前で賄うことは難しいですが、なるたけ写真に関してもオリジナリティーを出すことを心がけた方が、ユーザーからの評価は高くなるでしょう。

SEOに有利な記事の書き方7.画像にALT属性を入れる

常識なようで意外とやってない人が多いのがALT属性の入れ忘れ。

画像挿入画面で代替テキストの欄に入力すれば良いだけなのですが、なぜかやらない人います。

ALT属性を入れないと、画像が表示されない時にテキストが表示されません。

画像検索においても不利となるので、絶対に入れてください。

SEOに有利な記事の書き方8.URLと画像ファイルの最適化

これはかなり細かな方策にはなりますが、ページURLと画像ファイルを最適化することで、多少の効果があります。

※ブログツールにWordpressを使用していると仮定

まずURL。

WordPressの初期設定では末尾がp=123のようなURLになっていますが、これはGoogleに推奨されていない設定です。

なので、

https://atelier-eren.com/?p=123

 

https://atelier-eren/how-to

上記のような何の記事だかすぐにわかる英字URLに変更することをオススメします。その際の注意点としてはアンダーバー(_)ではなく、ハイフン(-)を使うこと。
どちらを使っても大差はありませんが、Googleにはハイフンを推奨すると記載されています。

ワードプレス パーマリンク

ちなみに設定はワードプレスの管理画面→設定→パーマリンク設定を選択し、「基本⇒投稿名orカスタム構造」に変えればOKです。

 

また、画像ファイル名も画像のイメージに合った名前を付けておくと多少なりとも有利です。

どうしても1.jpgのような適当な名前を付けたくなりますが、ピアノの画像ならpiano.jpgといった具合にすぐに内容が連想できるような名前にしておくのがベストです。

SEOに有利な記事の書き方9.分かりやすい装飾を施す

文章の内容はもちろんのこと、記事全体が読みやすいレイアウトになっていることも非常に重要です。

表やグラフ、箇条書き項目を入れるといったテクニックを随時行うことも大切ですが、最低限サイトの雰囲気に合った見出しタグ(目次)の設定は確実に行っておきたいところです。

見出しタグ

見出しタグ

各章ごとに明確な区切りがあることで視覚的にも構造的にも読みやすい記事となります。

また、その際に目次の構成が論理的になっていることも確認してください。

見出しタグの順番に気を付ける

今更な内容かもしれませんが、見出しタグはH1は1ページに1つ。H2~H6タグはそれぞれ入れ子にならないようにしておきましょう。

コンテンツの内容以外のところで評価を下げるのはあまりにも勿体ないので、基本的なテクニックは徹底的に抑えておくべきです。

SEOに有利な記事の書き方10.書くのをやめない

書いた記事が評価されるにはブログのドメインパワーが必要です。

そして、ドメインパワーを高めるには記事を書き続けなければなりません。

つまり、個人にできる最大のSEO対策は書くのをやめないことです。

これは書き方ではなく心構えになりますが、非常に重要なことだと思います。

ブログ 書き続ける

100,200,300と記事を重ねるごとにブログは着々と強くなっていきます。

コンテンツが思いつかない、書くのがめんどくさい、モチベーションが上がらない。

ブログを運営していればそのような状況に陥ることも多々あるでしょう。

しかし、それでも書くのをやめてはいけません。

ゴールのないレースに挑み続けるのは苦しみも伴いますが、続けていればきっと自分にしか生み出せない資産が手に入るはずです。

まとめ

どれだけユーザーがSNSや動画に流れても、Google検索の需要は尽きることがありません。

法人であっても個人であっても、SEOに強いブログを持つということはそれだけで大きな資産となります。

誰でも強いブログが持てると断言することはできませんが、チャレンジしてみたいという方は、今回紹介した10個の項目をぜひ試してみてください。

コツをつかめば個人ブログであっても人気記事を生み出すことができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください