Instagram・Twitter 始めました!

【ヴァイオリン】録音レコーダー「SONY PCM-A10」を買いました!

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

ヴァイオリンの演奏技術向上には録音レコーダーが必要不可欠です。

先生の演奏を聴いて正しい音程を知ること、アイリッシュフィドルにおいてはノリを体に叩き込む上で重要となります。

一応スマホでも代用はできますが、少しでも良い音質で音を保存するためには、やはり一台は持っておきたいところです。

と、いうことで今回私は試行錯誤の末、「SONY PCM-A10」を購入しました。

これがオススメ!と断言することはできませんが、参考にしてみてください。

SONY PCM-A10を選ぶまで

まず録音レコーダーを選ぶ上で考えたかったのが予算です。

ハイクオリティーで録音したい。それは誰もが思うことですが、ヴァイオリンには弦交換や弓の毛替え、松ヤニなどの消耗品といった様々なコストがかかるため、正直なところ録音レコーダーにそこまでお金はかけたくありません。

加えて私は楽器製作の材料費がかかるため、うん十万もするレコーダーを買うのは無理です。

なので、予算2万円前後でレコーダーを探しました。

予算 2万円

いくつか調べたところ、最終的に候補としては

SONY PCM-A10

Zoom H4n

の2つが上がりました。

どちらも評判がよかったのですが、1時間半ほど考えた末に「SONY PCM-A10」をチョイス。

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

まだ使いこなしているとはいえませんが、現状とても満足しています。

SONY PCM-A10を選んだ理由

「SONY PCM-A10」を選んだ理由は以下の通り。

・小型・軽量ながら高音質

・2018年発売の新型

・再生側のBluetoothに対応

・ハイレゾ録音対応

・約1万8000円で購入できるコスパのよさ

細かな機能はメーカーのホームページを見れば確認できますが、ここでお伝えしたいのは兎に角コスパが良いこと。

持ち運びやすくて、音質がいい。それでいて安い。

これだけでもう優れたレコーダーであることがわかります。

「SONY PCM-A10」の注目機能

SONY PCM-A10がヴァイオリン録音に適している理由は、録音前に最大音量をしばらく演奏すると録音レベルを自動調整する「リハーサル機能」を持つことです。

他の録音レコーダーでは録音レベルの調整に苦戦してしまい、高音が割れたり、キンキンした音で録音されがちですが、SONY PCM-A10はボタンひとつで録音レベルを自動調整してくれるため、最適なレベルでより良い音で録音できます。

また、ノイズを低減する「ローカットフィルター」、狙った音をクリアに録音する「ズームポジション」機能、奥行きのある音を録音する「X-Yポジション」といった弦楽器録音に適した機能も多数備えています。

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

難しいことはさておき、とにかく「いい音」で取れるというわけです。

手にちょうど収まるコンパクトなサイズ感もGOOD。

 

ちなみに比較対象となったZoom H4nは「高音が金属的な音が強調される」「録音レベルの調整が難しい」という感想が見受けられ、さらに起動の遅いというコメントも目立ちました。

それを踏まえ、総合的に判断してSONY PCM-A10の方が良さそうだなと思った次第です。

SONY PCM-A10のデザイン

SONY PCM-A10は抜群の機能性を持つことも魅力ですが、デザイン性の高さもピカイチ!

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

正面から見たデザインはこんな感じ。エッジに丸みがあり、どこ可愛らしい雰囲気を出します。各種ボタンもシンプルな配置になっていて、直感的に使いやすいのもポイントです。

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

背面はこんな感じ。マット加工されたブラックカラーに高級感を感じます。細身かつ薄型ボディであるため持ちやすく、なによりもオシャレです。

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

マイク部分はこんな感じ。ボディ内に収まるデザインとなっているため、突起が邪魔になることもありません。ブラックとゴールドのコントラストも美しく感じます。

ヴァイオリン録音 SONY PCM-A10 レコーダー

ケースサイドにあるツマミを引くと、USB端子が現れます。ケーブルがなくても簡単にデーター転送ができ、パソコンと接続れば充電も可能です。

利便性が高く、DTMユーザーにとってはうってつけのレコーダーだと思います。

総括

気軽に高音質な録音を楽しみたい」という方にとってSONY PCM-A10は良い選択肢の一つだと思います。楽器録音に向いた機能性が多数搭載されており、特に弦楽器や管楽器奏者に向いてるレコーダーだといえるでしょう。

もし録音レコーダーをお探しの方がいたら、一度検討されてみてはいかがでしょうか?

私もこれからSONY PCM-A10をガンガン使っていこうと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください