Instagram・Twitter 始めました!

紅茶を楽しむために揃えておきたい基本セット

紅茶 ティーセット

癒しの時間を与えてくれる紅茶。

美容にも良くリラックス効果も高いため、男女年齢問わず誰にでもオススメの飲み物です。

紅茶にはペットボトル、ティーバック、リーフといった種類が存在しますが、今回は「リーフ」の紅茶を最大限に楽しむために買っておきたい基本セットを紹介します。

紅茶ライフをより楽しむためには、道具が必要です!

紅茶の基本セット1 ティーポット

紅茶を楽しむうえで必須となるのがティーポット。ガラス製、ステンレス製、アルミ製といった様々な種類のティーポットが存在しますが、陶器性のモノを買うのがオススメです。

スリランカ ティーポット

私も陶器性のティーポットを愛用していますが、これらのティーポットは他の素材のモノと比べて保温性が高いです。

紅茶は温度が下がると味が落ちるので、スイーツを食べながら紅茶を飲むのであれば、陶器性を使用した方が美味しい紅茶を楽しめます。

ちなみに形に関しては熱対流が起こりやすい「丸みと膨らみ」をもったティーポットがベストです。

ただ、気に入ったデザインのティーポットを使うことも紅茶の醍醐味なので、余程持ちづらかったり洗いにくいデザインでない限りは好みのモノを使えばよいと思います。

紅茶の基本セット2 ティーカップ&ソーサー

どんなティーカップを使っても紅茶は楽しめますが、テーブルに統一感を持たせた方がオシャレに見えます。

食器の組み合わせは自由ですが、やはりティーポットとティーカップは同じブランドで固めておきたいところです。

紅茶 ティーカップ

ティーカップは口が広く、浅いものがベストです。

口が狭いと香りが広がりにくく、深いと水色が分かりにくくなるため、これは確かなことに思えます。

ただ、ティーポットと同様に気に入ったものを愛用することも大切です。紅茶用のティーカップから選べば変な形のモノは少ないので、インスピレーションで選ぶのも悪くありません。

紅茶の基本セット3 ティーストレーナー

ティーストレーナーは茶がらが落ちてくるのをふせぐ道具。リーフタイプの紅茶はティーストレーナーを使わないと、カップの中に茶葉が入り込んでしまいます。

折角美味しい紅茶を作っても、茶葉が入り込むと残念な感じになってしまうので、紅茶を本格的に楽しむのであればティーストレーナーは必須アイテムです。

ティーストレーナー

持ち手がついてるものやティーカップに引っ掛けるタイプなど、ティーストレーナーは様々なタイプが存在します。

どれを選んでも問題ありませんので、使いやすい物を買ってください。

紅茶の基本セット4 ティーコージー

ティーコージーはティーポットに入っている紅茶が冷めないように保温するためのアイテムです。

使い方は簡単。ポットに被せておくだけです。

通常紅茶は2杯目以降は冷めてしまって味が落ちますが、ティーコージーを使えば2,30分は温度をキープすることができます。

ティーコージーが無くても紅茶は楽しめますが、あった方がより紅茶の良さを味わうことができるので、出来れば購入を検討してほしいところです。

紅茶の基本セット5 ミルクピッチャー

紅茶の飲み方はストレートだけでなく、ミルクティーもメジャーな飲み方です。

牛乳パックをそのまま豪快に持ってきてもオッケーですが、ミルクを入れておくために器「ミルクピッチャー」もあるとより紅茶が楽しくなります。

紅茶 ミルクピッチャー

ミルクピッチャーは好きな時にミルクを注げるようにティーポットの近くに置いておきます。

また、理想をいうと常温のミルクを使用するのが一番です。

ホットのミルクは独特の臭みを発してしまい、冷やしたミルクは紅茶の温度を冷やしてしまいます。

常温のミルクを用意するのは夏期などは難しいと思いますが、可能であれば常温ミルクを使いましょう。

紅茶の基本セット6 砂時計

リーフタイプの茶葉は概ね3分ほど蒸らすことが多いです。

腕時計やスマホで時間を計っても良いですが、3分計の砂時計を使用する方が視覚的にもティータイムの雰囲気を壊さない為にも良いと思います。

時間を見る仕草って何となく感じ悪く見えますからね、、。

なお、どんな砂時計を買うかに関しては完全に好みの問題です。

オシャレなモノであるほど会話のネタとなるため、センスの良い砂時計を一個は所持しておきたいところ。

紅茶 砂時計

最後に

必須アイテムとしてはティーポット・ティーカップ&ソーサー・ティーストレーナー。

ポットとカップは陶器性かつ気に入ったデザインのモノを選んでください。

あった方がいいアイテムとしてはティーコージー・ミルクピッチャー・砂時計。

無くても紅茶は楽しめますが、あった方がより良い時間を過ごせると思います。

ここまでリーフタイプの紅茶を飲む際に揃えておきたい道具を紹介しましたが、手軽に紅茶を楽しみたいときは、もっと気軽な飲み方をしても構いません。

朝の忙しい時間であれば、マグカップにティーバックを入れてお湯を注ぐだけでもいいんです。

時間があるときはゆっくり紅茶タイムを。忙しいときはザックリとした飲み方を。

紅茶は常に上品な飲み方をする必要はないので、あまり構えずに気楽に向き合っていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください