【腕時計】防水性の種類についてのまとめ

腕時計には防水性能に関する表示がありますが、意外と数字を見ただけではどれくらいの性能があるかわかりません。なので、今回は時計の防水性能についてまとめてみました!

腕時計 防水性能

防水性能ってなに?

防水性能は時計に水圧がかかった時に、時計内部への水の侵入を防ぐ機能のことをいいます。水深10mを1気圧防水と示し、この数字の大きさが時計の防水性能です。

・非防水=防水性能がない時計。雑貨時計や手作り腕時計に多く見受けられる防水タイプで、その名の通り防水性能がありません。そのため、扱いには注意が必要です。

・3気圧防水=日常生活防水とよばれる防水機能です。汗・洗面・雨といった状況に耐えられます。

・5気圧防水=日常生活強化防水と呼ばれる性能。園芸や市場で働くといった水を扱うことが多い人向けの防水性能ですが、意外とこの防水性の時計は少ないです。

・10(20)気圧防水=プールやサーファー、温泉といった完全に水につかる状態にも耐えられる防水性能をもちます。ただ、10気圧防水以上になるとガラスやケースが大きくなりがちなので、薄くてシンプルな時計が欲しい人には不向きな時計が増えてきます。

・100m防水/200m防水=潜水用時計に使われる防水性能がコチラ。スキューバダイバー向けの時計となります。水深100m、200mの圧力にも耐え、水中での長時間利用が可能です。ちなみに第1種潜水時計とも呼ばれます。

・200m防水以上=飽和潜水用防水といわれる防水時計。メジャーな数字としては200m・300m・600m・1000m防水があり、空気ボンベを使用する潜水に使われます。コチラは第2種潜水時計という名をもちます。

10気圧防水と100m防水の性能は一緒?

防水性能をみて思うのが、1気圧=10mなら10気圧防水と100m防水って一緒じゃない?ということ。しかし、この数字はそれぞれ性能が違うので、非常にややこしいです。そこでこの2つの防水機能を比較してみます。

・10気圧防水=静止状況なら水深100mまで耐えられる仕様。ただ、この深さで動き回った時はどうなるかわからないよ。という性能です。

・100m防水=対して100m防水は水深100mの水圧の1.25倍にも及ぶ水圧に耐えることができます。もちろん10気圧防水とは異なり、水深100mで自由に動き回っても壊れることはありません。

まとめ

時計の防水性能は大き分けると日常生活用防水とダイバーズ用防水があります。ダイバーズ用の防水は〇〇m防水と表記されており、海に潜った状態で動いても壊れないような設計が施されているのが特徴です。ただ、大半の人は海に潜ることはないと思うので、5気圧防水もあれば十分だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。