Twitter・Instagramも運用始めました!

Webアナリスト検定を受験しました!

WEBアナリスト

先日Webアナリスト検定を受験してきました。

この資格はWebマーケティング全般の知識を問う資格であり、WEBマーケッターを目指す方や広告に関する勉強したい人が習得する資格です。

私はこれまで仕事でも分析・解析を行ってきましたが、WEBライターの延長上として業務に当たっていたに過ぎなかった為、知識の定着を目的にWebアナリスト検定を受けてきました。

今回はそのレポートとなります。

スポンサーリンク

Webアナリスト検定について

Webアナリスト検定は日本WEB協会による民間資格であり、WEB業界にこれから入る人や企業のWEB担当者向けの資格です。

Googleアナリティクスを体系的に学ぶことができるため、マーケッター志望の方にも人気があります。

WEBディレクターやWEBライターにも向いています。

難易度は然程難しくなく、マーケティング業務に携わっている人なら簡単に合格できると思います。

この資格があるからといって仕事に繋がるわけではありませんが、就転職のプラスアルファ、広告リテラシーの向上には非常に有効です。

受講した理由について

Webアナリスト検定では受験にあたり5時間の講義を受講することができます。

現在転職を考えていることに加え、「集客」について学び直したいと思っていたので、ついでに資格の取れるこの検定を受験(受講)することに決めました。

WEBアナリスト検定

WEBアナリスト検定で勉強する内容はマーケッターや分析士だけでなく、ライターや編集職の人にも有意義な内容です。よく比較対象に上がる「WEB解析士」の資格習得も考えましたが、コチラは年会費がかかってしまうため、今回はWEBアナリスト検定の受験を選択しました。

勉強期間に関して

Webアナリスト検定は試験場でのオンラインテストにて行われます。(今回はマークシートだった)

試験時間は80分。各カテゴリで40%以上かつトータル75%以上の正解で合格となります。

各章の内容は以下の通りです。

チャプター1:WEBアナリストとは

チャプター2:ユーザーフローに沿ったデータ分析の考え方

チャプター3:集客・流入

チャプター4:回遊

チャプター5:コンバージョン

チャプター6:リテンション(リピート)

チャプター7:デジタルマーケティング概論

チャプター8:コミュニケーションプランニング

チャプター9:データマネジメント

チャプター10:問題解決のための調査・分析の手法

 

※試験出題範囲はチャプター7まで

試験は講座と同日に行うことも可能であることから、簡単に受かると思われがちです。

もちろん勉強なしで合格することも可能だと思いますが、試験問題はだいぶクセがあるため、何も対策していない場合は知識があっても落ちる可能性もあります。

このような前情報があったため、私は申込み後に届いたテキストを3~4回ほど読んでから講座に臨み、試験を受けました。

勉強期間に関しては1日1時間×2週間くらいだったと思います。

講座に関して

講座に関してですが、全くマーケティングの知識がない方にとっては有意義かもしれませんが、経験のある方にとっては正直今更な内容だと思いました。

特にgoogleアナリティクスに関する講義は初歩の初歩しか行われないため、日頃からデータ分析を行なっている場合は退屈に感じるかもしれません。

ちなみに講座を受けない場合、受験料17,600円だけ払ってテキストはamazonで買うという手段も可能なので、少しでも資格習得のコストを抑えたいという方はコチラも検討してみてください。

講師がオススメしている「サイトの改善と目標達成のためのWeb分析の教科書」という本も見やすくて良い内容となっています。

試験と試験結果

今回私は講座と同日に試験を受けることはせず、受講の1週間後に試験を受けてきました。

気になる試験結果は以下の通りです。

WEBアナリスト検定 合格

問題文が日本語として??な問題も多々あり、結構点数落としました。。

合格はしましたが、もうちょっとテキストを隅々まで読んでおけば良かったと反省。

資格に合格しただけで実務に活かせるだけのスキルが身についたとは思いませんが、ブログの強化に役立つ知識は手に入った気がします。

まとめ

決して安くはない出費でしたが、無事Webアナリスト検定に合格することができました!

マーケティングの知識はWEBに携わる人間なら誰でも持っておくべきだと思うので、興味を持たれた方は受験してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください