辞めてやる!搾取が当然のクラウドWEBライターの世界

在宅でも稼ぐことができるWEBライター。
企業に属している人もいれば、クラウドワークスを中心に個人事業主として仕事を受けている方も多いです。
私はどちらにも該当するのですが、クラウドワークスに関してはもう辞めようと思っています。
正直WEBライター自体にも興味が薄れているので、企業ライターに関しても辞めたいのですが、コチラはまだ旨味があるので継続中です。

今回はクラウドWEBライターを辞めたいと思った経緯について書き綴っていこうと思います。

WEBライター 搾取

自分の資産にならない

まず、これがWEBライターを辞めたくなる一番の理由です。
自分でブログを運営している場合、書いた記事は全て自分の資産になります。

私の場合はヴァイオリンに関する記事などをブログに書いていますが、自分のブログであれば書けば書くほど財産になるため、書いていて楽しいですし、良い内容の記事を残したいというモチベーションが生まれます。

対して、クライアントに提出するWEB記事は一切自分の資産にはなりません。(契約にもよりますが)
折角一生懸命記事を書いても「お金」と引き換えにクライアントの資産となります。
おそらく、自分でブログを運営している人なら、資産にならないのなら自分の記事を増やした方が得だと思うことでしょう。

例えば1000記事書いたとして、それが自分のブログであればかなりの資産となりますが、クライアントに納品する記事は一切それが残りません。

そして、記事単価が安ければ安いほどその虚しさは大きくなります。

WEBライターの単価が安さ

記事が自分の資産にならない代わりに「お金」がもらえるのがWEBライターですが、貰えるお金が少ないことが現在問題視されています。

WEBライター 報酬

現在のネットは無数のWEBメディアが存在するWEBメディア戦国時代です。
安い費用で自社のブランディングやSEO・広告が打てることから、大企業から中小企業までごぞってメディア運営を始めました。

WEBメディアを運営するには「大量の記事」が必要です。そして大量の記事を作り上げるには大量のWEBライターも必要となります。

この状態が今のWEBライターバブルです。

WEBライターと横文字で書くとカッコイイ響きがしますが、この仕事の大半は企業メディアもしくはアフィリサイトの記事を書く作業員です。

クライアントとしてはとにかく低コストで基準を満たした記事を書いてくれればよく、低価格で仕事を請け負ってくれる人を躍起になって探しています。

本来は直接雇用するべきなのですが、雇用すると社会保障といったコストがかかる上に最低賃金も保証しなければなりません。

その結果、とにかくコストを下げようとしたクライアントがクラウドソーシングとして「1文字0.3円」とか馬鹿げた単価を提示するようになりました。

0.3円の単価は2000文字書いても600円。
0.5円でも2000文字で1000円です。

この価格は普通に考えれば「搾取」といえる金額なのですが、この金額で有り難く仕事をしてしまうライターが多く、結果的に搾取が当たり前となっています。

特に主婦や勉学に忙しい学生といった節に在宅仕事を探している方は低価格でも請け負っているのが現状です。

在宅ワーク 主婦

クラウドソーシングの悲しき宿命

低相場を受け入れてしまう人がいると、全体的な相場がどんどん下がっていくため、本業として仕事をしている方には迷惑がかかるでしょう。

ただ、低価格で請け負ってしまう人を責めることが出来ないのも事実です。

「ちょっと稼げればいい」主婦の場合、搾取されていても別にいいと思っているのですから、「相場を崩すな!」と仕事を請け負った彼女らに文句をいうことはナンセンスです。

そもそもWEBライターは参入障壁が低く、パソコンがあれば誰でも出来る仕事です。供給過多になれば価格崩壊が起こるのは必然です。

誰でも出来る仕事として扱われるのですから、0.3円、0.5円という価格が提示されるのも避けられぬ宿命なのでしょう。

そして、そんな低単価であっても有り難がって受ける人もたくさんいます。

この現状を踏まえると、WEBライターは他のライターと差別化が図れる何かがなければ高単価を獲得することはできません。

0.3円、0.5円の世界から脱出するにはのし上るしかないのです。

誰でも出来ることをやっているのですから、自分にしかできないクオリティーの記事を作れるライターになるしかありません。

※フリーランスをサポートする社会の仕組みがもう少し日本でも整っていればここまでひどい搾取は起こらないのでしょうが、今の日本の法律ではクライアントはフリーランスに対してやりたい放題なので、このような状況がうまれます。

結局何が言いたのかというと「WEBライターは搾取されるのが当然の世界」となっているので、一生懸命やっても報われることは少ないです。

稼げるWEBライターになりたい方は本気でスキルを上げる必要があり、片手間で稼ぎたいという方は割に合わない仕事というのを受け入れて仕事をするほかありません。

ただ、後者の方は低単価の仕事するよりも他の仕事をしたり、自分のブログに力をいれたほうが良さそうではあります。

私も【本気】でライターを続けたいわけではないので、クラウドソーシングライターは辞めた方が賢明かなと感じました。

ちなみにWEBライターに拘るのであれば企業に雇われるのが一番です。アルバイトであれば最低限の時給は保証されますし、社員であれば安定した収入がもらえます。(労働環境は別として)

リサーチに時間をかけると賃金が下がる件

リサーチに時間をかけると賃金が下がります。

例えば1文字=0.5円の場合

2000文字を1時間で書けば時給1000円となりますが、知らない事を書くにはリサーチが必要です。

例えば、コンサートホールに関する記事を書くとします。

音楽に詳しい人なら比較的スムーズに書けると思いますが、全然分からない場合は下調べをしてから記事を書き始めます。

まず、その時点でかなりの時間を要するのです。

単純に1時間に2000字程度の文字を書くことは難しくありませんが、リサーチをして読み物として成立する文章を書くには1時間では足りないことが多々あります。

そして1文字=0.5円という価格が提示されている以上、作業に時間がかかるほど時給は低くなるのが現状です。

文章をただ書けばよいだけではないので、1文字1円以下はもはや相当な低賃金労働といっても過言ではありません。

WEBライター 低賃金

しかも、WEBライターは世に出回る記事がどんどん増えているのに「文章のコピー禁止」「中身をちょっと変えるリライトもNG」といった制約付きです。

知らないものをリサーチして自分の言葉に置き換えて、オリジナル記事に近づける。

この作業はネットに溢れる記事が増える程苦痛を伴います。

また、クラウドWEBライターは、ちゃんとした記事を書こうと思えば思うほど、リサーチに時間がかかります。

ライターで稼ごうと思うなら

「リライトを要求されない記事をいかに素早く書くか」

が重要となるわけですが、早く書かなければ割に合わなくなる以上、リサーチを簡易的にし、高速で記事を上げるスキルを磨かなければなりません。

しかし、その結果どうなるのかというと・・

素人がリサーチ不足の末に書いた説得力のない薄っぺらい記事が生まれます。

何の役にも立たない「薄っぺらい記事」を量産していることに気づいた時、この仕事にやりがいを持ち続けることが難しくなってしまうわけです。

ネットにゴミをバラまく虚しさ

記事が自分の資産にならないこと、クラウドワークスのライターであれば単価が安いこと。
WEBライターを辞めたくなる主な理由はこの2つですが、ネットにゴミをバラまいて人に迷惑をかける虚しさも辞めたくなる理由です。

ネット記事 ゴミ

量産型WEBメディアの記事は、取材を行わずに既存のネット記事から情報をかき集めた「2次情報」「3次情報」です。

自分が体験したことや取材したことを元に作る1次情報とは異なり、誰かが書いた情報を集めて書くだけなのでオリジナリティはありません。

本来は1次情報にこそ価値があるのですが、コストがかかる上にSEOを意識すれば2次情報が1次情報をグーグル検索で上回ることが出来てしまうことから、クライアントは2次・3次情報を低コストで発注することこそが最善となってしまっています。

その結果、指定された「テーマ」「文字数」「見出し」といった項目を短時間でこなす仕事=WEBライターのような構図になってしまっています。

所謂、1次(2次)記事をパクリに見えないようにパクる仕事です。

最初は文字を書く楽しさからパクリ記事作成も楽しく行えますが、1年ほどこの作業を続けて慣れてきたころ、このように思います。

これ、ネットにゴミを垂れ流しているだけなんじゃ・・・と。

だって専門家が書いた1次記事があるのであれば、該当する情報が欲しい人はその1次記事を見れば良いのです。

ユーザーとしても素人が書いた低品質の記事よりも信頼性の高い専門的な1次情報が見たいと思っているでしょう。

なのに利益最重視で運営しているWEBメディアは「文字数増やし」や「キーワード詰め込み」「サジェストの網羅」といったSEO技法を使って、1次情報を差し置いて無理やり検索上位に組み込むわけです。

低単価のクラウドライターはこれに加担していることになります。

そして、膨大な低単価記事によって作り出された力の強いサイトが次々と出来上がることにより、現在のアフィリサイト・広告サイトばかりが上位表示される状態のグーグル検索が生まれたわけです。

グーグル検索

一度ゴミを垂れ流していると思い始めると、モチベーションが低下してしまい、長くWEBライターを続ける気が起きなくなります。

現に私もこの状態になってしまったので、クラウドライターは辞めようと思いました。

最後に

クラウドソーシングWEBライターは決して良い仕事ではありません。
一流ライターとして有意義な情報を流しているライターは素晴らしい存在ですが、低単価でゴミのような記事を量産するライターは決して褒められる存在ではないと思います。

書くことが好きなのであれば、なるたけクラウドライターではなく、ちゃんとしたメディアを運営している企業に勤めるか、ブログで稼ぐようになることが本来は理想です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください