Twitter・Instagramも運用始めました!

WEBライターの将来性と今後。ステップアップは必須!

WEBライター 将来性

以前「辞めました!搾取が当然のクラウドWEBライターの世界」という記事を書きましたが、遂に私は社内WEBライター職からも身を引くことにしました。

理由としてはSEOの為に書かれた読んでいてつまらない記事を書くのに疲れたからです。

今回はWEBライターを辞めることを決心した経緯を踏まえつつ、WEBライターの将来性と今後について個人的な意見を述べます。

結論から先に述べますと、「WEBライター」という職業に将来性を感じることはできません。

WEBライターはモチベーションが保てない

正直WEBライターは面白くない仕事だと思います。

私は記事を書く事は好きなので、ブログには愛着をもっていますし、少しでも面白い記事を誰かに届けられたらいいなという気持ちを強く持っています。

しかし、WEBライターとして業務に当たる場合、殆どの企業ではSEOの為、広告収入(アフィリエイト)に趣を置いた機械的な記事を書かされます。

WEBライター 将来性

信憑性のある記事を書いている優良企業も存在しますが、費用対効果ばかりを考え、読み手よりもGoogleに評価されればいいというスタンスで記事を書かせる企業があまりにも多いです。

責任を取らなくても許される当たり障りのない言葉で、広告に誘導させるための文章を書く。さらには、あまりお勧めできない商品をお勧めしたり、内容のない記事を書き続けたり。

私はどうしてもこれが楽しいとは思えませんでした。

おそらく書くことが好きで、ユーザーにとって本当に良い記事を書こうという想いが強いほど「何をやっているのだろう・・」という気持ちになるのではないでしょうか?

 

そんな気持ちを抱えながら3年ほど今の職場で過ごしましたが、もうこれ以上書くモチベーションが保てなくなったため、WEBライターを辞めることを決めました。

WEBライター モチベーション

クラウドソーシングとは異なり、会社に来てとりあえず記事を書いていればお金が貰えるのは企業ライターのメリットです。

しかし、ユーザーではなく会社の利益のために尽くすと割り切ることができなければ、徐々に仕事をしていて辛くなります。

仕事は楽しいことばかりではありませんが、クリエイティブ職に関しては自分が楽しめなければ仕事を続けることは難しいです。

WEBライターの現状

私主観ではなく、WEBライターという職業の現状を綴ります。

正直なところ、現在WEBライターが置かれている状況は芳しくありません。誰でも参入することができる仕事であるため、ライターが増えすぎてしまい、単価が異常なほどに下がってしまいました。

クラウドソーシングにおいては1文字0.5円以下の単価が当たり前になっており、高単価の案件であってもリサーチや制約の多さを考えると決して旨味がある仕事とはいえなくなっています。

副業としてもコスパが良いとはいえず、これに気づいてライターを辞める人が後を絶ちません。

また、記事が世に増えすぎた影響からライターの需要もピークより随分減っており、求人数も減少傾向にあります。

できるライターは不足している

WEBライターは確かに飽和していますが、優秀なライターは不足しているといわれています。

アフィリサイト記事の作業員は掃いて捨てるほどいますが、成果の出せるライターはそこまで多くはありません。

優秀なWEBライター

・最後まで読ませる文章力
・SEOに関する知識
・HTML/CSSに関する知識
・Word Pressに関する知識
・写真に対する知識
・コミュニケーション力 など

文章を埋めるだけではなく、有益なコンテンツを納品してくれるライターは様々な知識を持ち合わせます。

このようなライターはメディア運営者からすると重宝しなければならない存在であり、このレベルまで達することができれば、ライターとして食べていくこともできなくはないです。

 

ただ、知識のあるライターは「コンテンツの価値」が分かっているので、安価で記事を売ることをせず、自分でブログを運営します。

また、マーケッターにランクアップしたり、メディアの編集者になる人も多いです。

結局のところ、できるライターが不足しているというよりも「できるだけ安価でスキルと知識を提供してくれる都合のいいライター」が不足しているというのが正しい見解かもしれません。

WEBライターの今後

クラウドソーシングでのWEBライターを辞め、企業でのWEBライターも辞める方向で動いていますが、ライティング自体は辞める気はなく、今後もブログでの執筆はどんどん続けていこうと思います。

そのうえで、私が感じるWEBライターの今後についての予想を述べます。

WEBライターの立場はかなり厳しくなる

近年のGoogleはアップデートにより、低品質の記事は評価されなくなってきています。

また、専門性や権威性がより重視されるようになってからはオリジナリティーのない記事は上位に検索されにくくなっています。

その結果、知識がない人間にネットの情報をパクらせる記事を書かせても費用対効果が悪くなり、ライティング業務の内製化が進みました。

WEBライター 内製化

記事を書かせればいいという時代は終わりつつあり、内容が重視される様になった今、外注として記事を作るテンプレ的なWEBライターは専門性が無い限り淘汰されつつあります。

 

ただ、残念なことに「専門性」を求められるようになったのに記事単価は以前と変わっていません。

1文字1円未満でオリジナリティーのある記事を書いてくれという更に酷な世界となりました。

専門知識をそんなおこずかい程度の利益のために売るのであれば、自分のブログに記事を投稿し続けた方が何倍もマシです。

専門性がないライターはもちろんの事、専門性があるライターもWEBライターとして仕事を続けるのは難しくなってきた気がします。

企業ライターも稼ぎにくい

ライターの内製化が進んでいると書きましたが、多くのWEBメディアはアルバイトライター+編集者社員という編成でメディアが運営されています。

「ライティング業務=アルバイト程度の価値」と考えられているため、最低賃金+αくらいしか稼げないのがWEBライターの現状です。

WEBライター 稼げない

加えて、その分野の専門知識がないと採用されにくくなっており、求められることが多いのに低賃金という非常に割に合わない職業になっています。

EC系のメディアや法律といった強い専門性が求められるメディアであれば社員がライター業務を専門に行う事もありますが、それでも給与は新卒初任給以下であることが多いです。

結局のところ、WEBデザイナーがディレクターにならなければ立場が厳しいのと同じで、WEBライターに関しても編集者にならなければ将来性はないと考えます。

WEBデザイナー/プログラマへの転身はアリか?

少し脱線しますが、WEBライターがWEBデザイナーやプログラマに転身することの是非について考えを述べます。

WEBライターとして仕事をしたことがある方は、HTMLやCSS、分析といったことも勉強している方も多いです。

「WEBライターでやっていくのは厳しいな」と感じ、「WEBデザイナーにシフトしていこうかな?」「プログラマーになろうかな?」と思う方も少なからずいます。

私もこの選択肢に関しては一度考えたことがありますが、結局思いとどまることにしました。

なぜなら勝ち目がないからです。

WEBデザイナーも参入障壁が低い

WEBデザイナーはライターのスキルが生かせる仕事だと思います。ライティングもWEB制作も行っているという人も多く、プログラマーに比べると現実的な選択です。

しかし、WEBデザイナーもWEBライターと同じで、不足しているのは一流デザイナーだけ。ただサイトを作れるだけの人間は飽和しています。

一流以外は買い叩かれる傾向にあり、将来性はWEBライターと大差ありません。

WEBデザイナー

WEBデザインの求人を見るとわかると思いますが、どの求人もあまり条件が良くありません。専門的なスキルが求められる仕事なのに、一般事務員に毛が生えた程度の給与のところが多いです。

また、フリーランス案件も件数に対して応募者の数が多く、なかなか仕事をもらうことが難しいのが現状です。

クラウドワークスやランサーズに登録してみれば分かりますが、比較的難易度の低いWEB制作案件の受注倍率は10倍~20倍になることも珍しくありません。

デザインを本格的に学んだ経験があるならまだしも、苦手意識が有ったり、ある程度年齢を重ねてしまった方にはオススメしかねる道に思えます。

プログラマー/エンジニア

プログラミング

プログラミングは向き不向きが強く、出来ない人は本当にできません。特に文系出身の人は数学的思考力がなく、仮になれたとしても苦労することになると思います。

また、ライター・デザイナーよりも更に日々の勉強が重要となるため、プログラミングが本当に好きな人でなければ続けるのは難しいです。

ブログ運営にも役立つ「JavaScript」「PHP」を学んでみて、出来そうであれば検討してみても良いかもしれませんが、万人にオススメのジョブチェンジだとは到底思えません。

WEBライター プログラミング

私自身を含め、現在進行形でライティングをメインに仕事をしている人間は「プログラミング」への適正はあまりない気がします。数学的思考がある人は最初からプログラマーへの道を歩んでいる気がしますし。

ライターからスキルアップすることが大切

WEBライターの将来性がないからといって、プログラマー・WEBデザイナーを目指しても、結局は一流以外は厳しい環境となっており、職種を変えたところで別の苦しみが待っているだけな気がします。

浅く広い知識を持つジェネラリストは組織人としては重宝されますが、長く生き残れるクリエーターになるには専門性に特化したスペシャリストになる必要があると思います。

WEB スペシャリスト

WEBライターは言い方は悪いですがWEBマーケッター・WEB編集者の下級職です。

より良い環境に身を置きたいのであればやはり上級職に就くしかありません。

分かりやすくドラクエを例にしてみしょう。

ドラクエでは物語が進むにつれ、魔法使い→賢者などの上級職に進みますよね?

もしストーリー後半になっても下級職だった場合、酒場送りにされます。

現実でもこれは同じであり、WEBライターは「WEBマーケッター」「WEB編集者」に転職しなければ都合のいい存在として扱われてしまいます。

WEBライター 苦難

WEBライター→WEBデザイナーはいわば下級職から下級職の転職であり、厳しい状況が続くのは同じです。

会社に勤めても残業が多かったり賃金が安かったりと、苦労を重ねることになります。

※WEBデザイナーの上級職はWEBディレクター

なので、WEBライターとしてある程度のキャリアを持つ方は、今後デザインの領域も学びつつ「ライター上級職」を目指すのが理想に思えます。

ライティングスキルがあり、SEOにも強く、分析・解析・マーケティングにも詳しくなれば、上級職に転職できる可能性も大いにあります。

WEBマーケッターWEBマーケッターの仕事内容と行うべき施策

総括

WEBライターの将来性は正直言って無いです。正確には、強みのないライターは淘汰されるといったところでしょうか。

専門性が求められる割にはその見返りがなく、企業ライターとしても編集者にならない限りは立場が危ういです。(使い捨てになる可能性が高い)

これを踏まえると、今後WEBライターは以下のような活動展開をすることが求められる気がします。

・自分のブログを育てる(専門性を突き詰める)

・取材もできる本格ライターになる

・編集者/マーケッターとなる

ライティングに拘っていきたいのであれば、フリーでも仕事がもらえるような存在になること。

具体的には単純なアフィリエイト記事だけでなく、取材記事PR記事コピーライティングが出来るようになること。さらにはランディングページを請け負えるようになること。

1文字1円未満で誰でもかける記事に応募するのではなく、クライアントから直接依頼が来るようになる人間になれれば、今後もプロとして戦っていくことができると思います。

 

もしくはライティングやSEOの知識を生かしてメディア会社の編集者/マーケッターになるのが現実的な選択肢です。

今はマーケッターの需要が高まっているので、集客に強いマーケッターに転職すればこれまでのキャリアを生かしながら将来性のある仕事に就くことができます。

いずれにせよ、WEBライターは魂を売って副業として小銭を稼ぐことはできても、それだけで食べていけるような職業ではなくなっていると思います。

2 COMMENTS

コロ助

こんにちは。
現在webライターで専業してますが、読んでいて共感するポイントばかりでした。

webライター、本当に将来性はないと思います。

大手クラウドソーシングの募集を見ても、ゴミのような案件か、弁護士や税理士などの専門性の高い案件の二極化が進んでいるのではと感じます。

今お世話になっているクライアントの仕事が切れたら、次を見つけるのは難しそうです^^;

自分もwebライターをやめようと考えています。
自分のブログに記事を書いたほうが、よっぽど財産になりますからね…。

お互い頑張りましょう!

返信する
高屋 千尋

コロ助さん、こんにちは。
WEBライターは名称だけみるとカッコいいですけど、本当長く続けられないなと思いますよね・・。
グーグルアップデートによってどんどんアフィリエイト系の案件も減っているうえに、今は動画やSNSが集客のメインになってきているので、どんどん需要はなくなる一方でしょうね^^;
ちょっと小遣い稼ぎにはいいかも?とずるずると続けるよりは、スパッと見切りをつけるのも悪くない選択肢だと思います。

文章を書くスキルっていろんな場面で使えると思うので、別の仕事でうまく活用できるといいですね。
コロ助さんの今後に幸あれ!

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください