ブログの理想的な文字数について

ブログの理想的な文字数ってどのくらいだと思いますか?
1000、2000、3000。更にはそれ以上。
ネット上では様々な意見が飛び交いますが、今回は昨年企業オウンドメディアで250記事以上書いた経験を踏まえ、私が感じた理想的な文字数を紹介します。

文章 文字数

私が考える理想的な文字数

一般的には最低1000文字以上書くのが望ましいといわれていますが、私がこれまでに書いた記事(当ブログ意外の企業オウンドメディア)の傾向を分析してみると、1000文字では少ないと感じています。

書くジャンルや内容にもよりますが、概ね3000文字以上の記事が評価を受ける傾向です。

そもそもグーグルはコンテンツの中身が充実している記事を評価しますので、文章量が多いコンテンツが有利なのは当たり前なのかもしれません。

「文字数の基本傾向」

 

1000文字以下=かなり評価されにくい
2000文字=コンテンツによっては評価される
3000文字=2000文字と比較すると評価されやすい傾向
4000文字=3000文字に近い印象。コンテンツによる
5000文字以上=長いまとめ記事がヒットするとかなりの高評価

文字数については諸説ありますが、私の感覚ではやはり「文字数が多ければ多いほど評価を受けやすい」という印象です。
もちろん、10000文字書いてもあまり読まれない記事もありますし、逆に3000文字程度でも高い評価を受ける記事も存在します。
ただ、運営を始めたばかりのドメインパワーが弱いブログは少ない文字数では上位表示させることが難しいため、よほどニッチなジャンルでない限りは4000文字程度のボリュームを意識したほうが無難です。

長すぎる文章は考え物

文字数を多くするために無理やり文章を増やす方も多いですが、ユーザーにとって読みずらい記事になっている場合があります。
小学生が作文の原稿用紙を埋めるために「何月何日何曜日、○○君(フルネーム)と東京都〇〇にいってきました」と無駄に冗長にする策と同じです。

例えば、読売ジャイアンツの坂本選手に関する記事を書くとします。
ユーザーは坂本選手の情報を知りたくてブログを読んでいるのに、「読売ジャイアンツとは」「野球とは」のような項目が書かれていると「知っとるわ。。」と思われてしまいます。

書き手はコンテンツを充実させようとして文字数を増やそうとしているのでしょうが、逆にユーザーにとって読みずらい記事になってしまっているのです。

適正なターゲットに向けて記事を書けていれば無駄に長すぎるコンテンツになることはないと思うので、もし自分が書いたブログが長すぎるなと感じる場合は今一度チェックしてみるのが良いでしょう。

現在の主流はスマホ

スマホレイアウト ブログ記事

ブログを閲覧するユーザーデバイスは現在スマホが7割近くを占めるようになってきています。
スマホのレイアウトはパソコンと比較すると横幅がかなり狭い為、どうしても文章が縦に長くなります。
つまり、パソコンでの3000文字とスマホでの3000文字ではユーザー視点でのボリュームが全然違うのです。

長文ブログを書く人の大半はパソコンで記事を作成すると思いますが、パソコンのレイアウトで完成させた文章
は3割ほどの人しか見てくれない事は頭に入れておいた方がいいです。

特に8000字を超える大作となってくると、スマホで読むのがかなりめんどくさくなってきます。ブログは電車の移動時間といった隙間時間に読む方が多いので、読むのに10分以上もかかる記事は即離脱に繋がる可能性もあるのです。
ちなみに3分で読める分量は平均すると2000文字といわれています。

いくら書いても全然ダメな場合

ちゃんと構成もしっかりしていて、読み物としてのクオリティーもバッチリ。
なのに、全然検索順位が上がらない。。

と、いう場合に考えられるのは以下のような点です。

◇書いてあることが他のサイトとほぼ同じ
◇ドメインパワーが弱い

まず他のサイトとほとんど同じような内容を書いている記事は【オリジナリティーの低い記事】と見なされ、低評価を受けている可能性があります。
この場合、いくら長い文章を書いてもダメです。

また、そもそも記事数が少ないドメインパワーの弱いブログは良質な記事を書いても中々評価されません。焦らず地道に良いコンテンツを増やす努力をするしかないのです。

一先ずは3000文字程度で書かれた高クオリティー記事の量産を目指すのが良いでしょう。

最後に

今回はブログの文字数について紹介しましたが、最後にここまでの文字数を報告します。

文字数=約2000

意外と少なくも感じますし、逆に多くも感じる数字です。尚、6000文字はこの倍読み進める必要があります。
やはり3000文字程度が読みやすいボリュームではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。