Twitter・Instagramも運用始めました!

弦楽器製作に必須!トルメック水冷式研磨機T-8を買いました。

トルメック水冷式研磨機 T-8

ヴァイオリン製作はカンナや平ノミといった刃物を多数扱いますが、これらを研ぐことが出来なければ作業をスムーズに進めることが出来なくなります。

また、たとえ研ぐこと技術があっても、手動で研ぐのには手間です。

そこで是非揃えておきたいのがトルメック水冷式研磨機 T-8

この研磨機は世界中で使われている研磨機の決定版ともいえる商品で、安全かつ静かに刃物を研ぐことができます。

製作環境を整えるうえで必須の機材ですが、かなり高価です。

トルメック水冷式研磨機について

トルメックはあらゆる刃物を砥ぐことができる高品質の砥ぎ機です。

あらゆる研ぎ機の中でも最もメジャーであり、最も定番な砥ぎ機として世界中に愛用者がいます。

トルメック水冷式研磨機 T-8

トルメックの特徴は低速回転する砥石でゆっくり丁寧に刃物を研ぐことができること。

水冷式であるため火花が飛ぶこともなく、自宅の一室で作業をしている人でも手軽に使うことができます。

プロ用のツールではありますが、アマチュア製作家にこそ手に入れて欲しい機械です。

サポートツールも豊富

トルメックには研ぎをサポートしてくれる様々な治具が存在します。
これらを活用することにより、研ぎ初心者であっても正確に刃物を研ぐことが可能です。

トルメック水冷式研磨機 T-8 治具

治具によって同じ角度をキープすることができる

ヴァイオリン製作でいうとカンナ刃、平ノミといった主要道具が簡単に研げます。

いろいろ揃えると結構な出費になってしまいますが、研ぐ頻度の高い道具に関する治具は買っておいても良い気がします。

レザーホイールは必須

どの治具を揃えるかは製作者に寄りけりですが、レザーホイールだけは必須だと思います。

トルメック水冷式研磨機 T-8 レザーホイール

レザーホイールは刃物を丸く研磨する道具であり、丸ノミの研磨に必要となります。

これだけは買っておかないと表板・裏板を削る際に作業が止まってしまうので、トルメックと一緒に購入してしまうのがベストです。

T-8とT-4の価格と違い

トルメック水冷式研磨機は正直高価な機械です。

ラインナップとしては上位版のT-8と廉価版のT-4がありますが、T-8の価格は約109,940円(税込)、T-4であっても65,290円(税込)という価格です。

本気で長くヴァイオリン製作を続けたいという方でなければ、なかなか敷居が高い機械であることは否めません。

T-8とT-4の違い

トルメックの購入を検討している人であれば一度はT-8とT-4どちらを買うか迷います。

が、私はT-8の購入を強くオススメします。

トルメック 水冷式研磨機 [ T-8 ] 日本正規代理店版

本体筐体(ハウジング)

T-8…ユニバーサルサポートのスリーブ部分が亜鉛製ヘッドとして一体化。ボディ部分は耐衝撃性ABS樹脂を採用。
T-4…重要な部品に近いヘッド部分は亜鉛製。ボディ部分は耐衝撃性ABS樹脂を採用。

重量

T-8…安定感のある14.8kg
T-4…持ち運び・移動しやすい8.0kg

定格時間/稼働可能時間

T-8…連続稼働が可能なタフなモーターで業務用にも。稼働可能時間は25000時間。
T-4…連続使用時間は30分まで。30分使用後は30分休ませてから再度使用可能になります。可動可能時間は10000時間。

砥石サイズ

T-8…250mm x 50mmの大きな砥石。
T-4…200mm x 40mmの一回り小さな砥石。

レザーホイールサイズ

T-8…直径220mm x 幅31mm
T-4…直径145mm x 幅26mm
別売のプロファイル・レザーホイール LA-120はどちらも取り付け可能です。

出典:https://www.off.co.jp/category/HOWTO_U16/H_0127.html

T-4は稼働時間に制限があり、砥石の幅が狭いためにカンナの刃が研ぎにくいです。

重量こそ軽いですが、そもそも持ち運ぶ機会もあまりないと思うので、安定感のあるT-8の方が良いと思います。

また、T-8には治具が付属していますが、T-4には付属していません。

別途必要な治具を揃えなくてはならないため、結局価格差は1〜2万ほどになります。

何回も買い替える機械ではないため、T-8を買ったほうが幸せになれるでしょう。

輸入で買うか国内で買うか

トルメック水冷式研磨機は国内でも海外でも買うことができます。

ヴァイオリン製作の道具を輸入する際にトルメックも一緒に買おうと考えている方もいるでしょうが、これに関してはオススメできません。

ヴァイオリン製作 道具 個人輸入

トルメックは個人輸入であれば数万円ほど安く買えますが、結局「送料」がかなり高くついてしまいますし、ましてや精密機械をヨーロッパから長距離輸送させるのは不安過ぎます。

それに日本とは異なり、海外の人は商品管理が適当過ぎます。。

少し高くとも、日本で買った方が安心安全です。

送料込みでも輸入の方が8千円ほど安かったのですが、信用できないので日本で買いました。

最後に

研ぎが苦手、もしくはできない製作者の必須アイテム「トルメック水冷式研磨機」。

かなり高価な機械ですが、これがあれば誰でも刃物を研ぐことができます

プロでもこの機械を使っている人は多いので、使いこなせれば大きな武器となるでしょう。

もし気になった方はT-8の購入を是非一度検討してみてください。

きっと後悔することはないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください