Twitter・Instagramも運用始めました!

【ヴァイオリン製作】パーフリングの工程

ヴァイオリン製作 パーフリング

ヴァイオリン表板・裏板の縁にはパーフリングと呼ばれる黒い線上の装飾があります。パーフリングはただの装飾の為だけのものではなく、割れの進行を防ぐ目的で施される”機能的なパーツ”であることも特徴です。

そこで今回はパーフリングを作り上げていく工程を解説します。

パーフリングは線を描くのではなく、バイオリンの縁に本体の木とは別の材料を埋め込むことで作られるパーツです。一見機械で書いた線のように思えますが、実は溝を掘る・木材を曲げるといった細かな作業を行う必要があります。

工程1.パーフリングを掘るために平らな部分を作る

パーフリングを施す場所はヴァイオリンの縁から4mmの位置です。まずはパーフリングを施す為に縁から7mmほど「全て平ら」にしていきます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

この線までの部分が約7mmなので、この部分をヤスリで平らにします。この工程でとにかく注意しなければいけないのは「削りすぎ」てしまうこと。もう縁の厚みは完成サイズの約4mmに調整してしまっているため、仮にヤスリで間違ってこれを削ってしまったら、取り返しがつかなくなります。

そのため、とにかく慎重に削りましょう。

ヴァイオリン パーフリング

ちなみにボタン周辺(アッパーバウツ)は10mmほど削ります。この部分は4mmだとパーフリングが入りません。

工程2.ヤスリがけをする

ヴァイオリン製作 パーフリング

削る部分が決まったら、ヤスリを平らに構えて、ゴシゴシ擦ります。とにかく「平ら」にです。ただ、必要以上に削ってしまいそうなら、その前に削るのをやめましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

カーブ部分もラインに沿って平らにゴシゴシ!とにかく平らにゴシゴシ!

ヴァイオリン製作 パーフリング

ヤスリでは削りにくいCバウツ部分はノミで慎重に削っていきます。ヤスリに比べて、ノミは削れてしまいやすいので、ヤスリ以上に慎重に削りましょう。

ちなみにCバウツの先端はパーフリング部分よりも若干厚みを残した状態にしておきます。

裏板一周削りました!

ヴァイオリン製作 パーフリング

だんだんヴァイオリンっぽくなってきました。次はこの削った部分にパーフリングの線を加えます。

工程3.パーフリングを入れるための線を入れる

パーフリングを入れるためには溝が必要なのですが、その溝を彫るためには彫る位置を決めなくてはなりません。そこで、「パーフリングカッター」という道具を使って、まずは線を入れていきます。

ヴァイオリン製作 パーフリング
パーフリングのラインをつけるのに使用するがこの「パーフリングカッター」です。パーフリングカッターには側面に沿わせて進めるための「楕円形の棒」とラインをつける為の2重の刃がついています。

パーフリングカッターの使い方は簡単。パーフリングカッターの棒部分を側面に合わせ、ケビキで線を入れる時と同じ要領で1周線を入れていきます。力を抜いて線を入れれば薄く線が引かれますし、力を入れればクッキリと線が刻まれます。今回はある程度クッキリと線を入れても構いません。

ヴァイオリン製作 パーフリング

1周ラインが入りましたら、次は平行に引かれた2本線をナイフでなぞって線を深くしていきます。

この際にナイフを斜めに入れてしまうとパーフリングが入れにくくなるので、垂直になぞることを心がけましょう。

工程4.パーフリングを入れるための溝を掘る

ヴァイオリン製作 パーフリング

ナイフで両サイド2本の線を深く入れたら、パーフリング用の小さなノミで溝を彫っていきます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

この工程では「線をナイフでなぞる→ノミで彫る」を1周繰り返します。彫る順番はアッパーバウツ・ロウアーバウツを彫ってから、Cバウツ部分を彫るのがオススメです。

ヴァイオリン製作 パーフリング

パーフリングを入れるための溝は割と深いです。縁の厚さは4mmほどなのに対し2mmほど彫ります。

ヴァイオリン製作 パーフリング

上の写真のように、彫りながらパーフリングの端材を使って深さを確認していきます。理想は全て綺麗にパーフリングが埋まって収まることですが、若干はみ出しても削ればいいので、まぁOKです。

深く掘りすぎて穴を開けてしまうのが一番ダメなので。

ヴァイオリン製作 パーフリング

ひたすら、線をなぞる&彫る→パーフリング端材を入れて確認を繰り返します。注意したいのはナイフで線をなぞる時の角度です。ナイフを線に対して斜めに入れてしまうと、どんどん溝が広くなってしまったり、溝が斜めになってしまいます。

とにかく真っ直ぐに線を深く入れ、溝が広がらないように彫っていくことを心がけなくてはなりません!

ヴァイオリン製作 パーフリング

2mmほどの溝を裏板裏面の縁に彫り込みました。上記の写真のようにパーフリングの端材を入れて確認してキッチリとはまっていればOKです!

ヴァイオリン製作 パーフリング

なお、Cバウツの溝は先端をちゃんと鋭角にしておきます。ここが丸かったり四角かったりすると、うまくパーフリングが重ならないです。

工程5.パーフリングをアイロンで曲げる

裏板1周パーフリングの溝が彫り込めたら、次はパーフリングそのものを溝の形に合わせてベンディングアイロンで曲げます。

パーフリングはヴァイオリン本体とは違う質感の細い木材です。だいたい1本のヴァイオリンを仕上げるのに3本使用するのが基本となります。1本数百円で買えるので、失敗した時用に余分に揃えておくのもアリです。

ヴァイオリン製作 パーフリング

パーフリングの曲げ方は横板やライニングと同じく、アイロンで曲げます。ただ、パーフリングは柔らかいので蒸気を当てる必要はなく、そのまま直接アイロンに当てて構いません。Cバウツなど、曲げが大きいところだけ、水に浸してから曲げます。

パーフリングの曲げ方

横板やライニングを曲げた時と同じく、パーフリングをアッパーバウツ・ロウアーバウツ・Cバウツの左右「計6パーツ」分、ある程度の長さで切り分けます。

そしたら、あとは溝にフィットするようにアイロンで曲げていくだけです。

ヴァイオリン製作 パーフリング

真ん中の棒が未使用のパーフリング。裏板1周で1.5本分くらい使うのが目安です。

ヴァイオリン製作 パーフリング

Cバウツの先端は現在このような状態なので、次の工程で綺麗に溝にはめます。また、この工程で失敗するとパーフリングが足りなくなるので、やっぱり最初は4本くらいパーフリングを用意しておきたいところです。

溝にはまるように切り揃える

現在のパーフリングの長さは溝に対して若干長くなっています。そこで、切り揃えて溝にはめ込むことが必要です。

ヴァイオリン製作 パーフリング

結果から見せると、上の写真のようにキッチリとCバウツの溝の先端で交わっていればOKです。そのためには長さを少しづつ短くして調整することが必要になります。

ヴァイオリン製作 パーフリング

Cバウツの先端に合うようにパーフリングを切り揃えるには、少しづつ斜めに切ってパーフリングを短くします。そうすれば、2つのパーツが交わるときに三角形になるのです。

また、その際に揃えたときに隙間ができないように切っていくことが重要。切る角度の目安としてはパーフリングの断面が「黒・白・黒」と三色になっていれば大丈夫!

ヴァイオリン製作 パーフリング

全てのCバウツが綺麗に出来上がればいいのですが、なかなかうまくいきません^^;この難しさもヴァイオリン製作の楽しさですね!

ヴァイオリン製作 パーフリング

ちなみにアッパーバウツとロウアーバウツは上下で斜めに切り揃えることで接着します。

ヴァイオリン製作 パーフリング

図の下がアッパーバウツとロウアーバウツの切り方です。6mmから11mmくらいの長さに上下を斜めに切り、ちょうど合えばOK。Cバウツに比べるとこちらは簡単です。

ヴァイオリン製作 パーフリング

長さを切りそろえて、溝にいれるとこんな感じになります。できる限り綺麗な仕上がりになるよう心掛けましょう!

最後にニカワで接着

ここまでくればあとは接着するだけ!接着方法は恒例のニワカです。

ヴァイオリン製作 ニカワ

グツグツグツ。ちょうどいい温度になったら、素早く接着をします。

ヴァイオリン製作 パーフリング

パーフリングの接着はスポイトを使用することで、溝にニカワに注入します。注入後はすばやくパーフリングを入込みましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

入れ込んだら、プラスチックハンマーで押し込みます!奥までパーフリングが入ってないと意味がありませんので、ガシガシ叩きましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

最後は適度に硬い素材のモノでパーフリングをゴシゴシさらに入れ込めば完成です。あとは、乾くのを待つだけ。

まとめ

今回はパーフリングを入れる作業を行いました。

パーフリングが視覚的に目立ちやすい部分なので、うまくいけばいくほど美術品としての価値が高まります。

ただ、この作業は1本作っただけで全てのパーツが綺麗に揃うことはありません。何本もヴァイオリンを作っていく中で上達していきます。

熟練の職人さんが作りあげるパーフリングはとても美しいので、ヴァイオリンを眺めるときは是非パーフリングの美しさにも注目してみてください。

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン アーチ仕上げ【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ製作 〜彫り込み/仕上げ〜 ヴァイオリン製作工程表ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください