進行状況は Instagram&Twitter にて更新中!

【ヴァイオリン製作】 横板の作り方 〜厚み出しと幅の決定〜

ヴァイオリン製作 横板 厚み出し

ヴァイオリン製作の最初の工程ブロックの製作を終えたら、次は横板の製作に入ります。

前回のブロック製作に続き、またもひたすら「カンナ」で削ったりする作業がメインとなるので、休みながら少しづつ仕上げていきましょう。

工程1.カンナで厚みを削る (1.4 〜 1.3mm)

ヴァイオリン製作は厚みにシビアな世界です。

厚すぎると音は鳴らなくなり、薄すぎると耐久性が無くなります。

まず最初に材料として購入した横板を出します。

おそらく3枚か4枚のセットになっていると思うので、1枚づつ作業台にセットし、厚みを削ります。

作業の進め方ですが、横板をクランプで挟み、カンナで全面均等に削っていきます。

簡単に言ってますが、もちろん最初は均等に削れません!

最終的には「1.1mm」の厚みにしますが、「カンナ」での作業では「1.4mm」を目指して削っていきます。

ちなみに、実際に横板として使うのは「2.5枚」ほど。

薄くしすぎたor割ってしまった箇所が板の端の方であれば、ミスを挽回することはできます。

ヴァイオリン製作 カンナ くしば

ちなみにカンナで横板を削る時は刃を櫛刃に代えます。

理由としては横板は非常に薄いため、通常の刃を使うと板と刃が引っかかって割れる可能性があるからです。

ギンギンに研いだ刃で作業を行う方もいるようですが、櫛刃を使ったほうが安全だとは思います。

ヴァイオリン製作 横板 厚み出し

なお、厚みを計るためにはキャリパーと呼ばれる精密測定器が必要になります。

日本製のモノやドイツ製のモノがあり、高価なモノほど精密な測定が可能です。このキャリパーで逐一厚みをチェックしながら作業を進めます。

最初のうちは本当に頻繁にチェックしないと、いつのまにか「あ、、ここ薄い・・」となりがちなので、注意深く厚みを測定しましょう。

工程2.スクレーパーで厚みを削る(1.1mm)


平均的に「1.4mm」に削り出したら、スクレーパーとという上記画像の道具を使い、削り出した面を細かく調整をしていきます。これで「1.1mm」の厚みに仕上げます。

均一に削っているつもりでも、どこかやたら薄い部分が出てきてしまうことがあります。

その場合は削ってはいけない箇所にシャーペンで印を入れておきましょう。

私の場合は

これ以上削るとヤバイの「ヤ」!

を目印にしています(笑)

最初のうちは作業を続けていくと「ヤ」のマークがどんどん増えますが、慣れていくとあまり書く必要がなくなります。

ちなみに「ヤ」以外の線には削るべき線を意味し、「削れる→線が消える→板が薄くなる」を繰り返すことで仕上げの厚みである「1.1mm」に近づけていきます。

「ヤ」マークを回避しつつ、その他の部分を削れば、最終的に均一な厚みになるというわけです。

ヴァイオリン製作 横板 スクレーパー

丁寧にスクレーパーをかけると最終的にこのように綺麗な仕上がりになります。

この作業を適当に行うとニスを塗るときにムラができやすくなるため、妥協してはいけません。

工程3.横板の高さを調整する (31.5mm)

厚みを「1.1mm」に調整したら、次は横板の高さを調整します。


まずは側面を平らにします。

削る側面は「ヤ」のマークがないor少ない側の側面です。こちら側の側面が底面となります。

大きなカンナを持っている場合は大カンナを、なければ普通のカンナで作業しましょう。

次は整えた側面を基準にもう一方の側面も平らにします。

工程としては「ケビキ」を「31.5mm」にセット。整えた面をケビキの台座に合わせ、横板に線を刻みます。

なお、横板の高さの目標寸法としては「31mm」ですが、少し余裕を持たせた長さにしておく方が無難です。薄くなりすぎることが心配であれば「32mm」にセットしても構いません。

「0.9mm」になってしまい「アウト」となった箇所を切り取りつつ、「ケビキ」にぴったり横板をくっつけ、「31.5mm」の高さになるようラインを引いていきます。

現時点で1.1mmの厚みしかないため、何回も同じ箇所にラインを引き続けることで、やがて木材は切り落とされます。

コツは力を入れずに何回も線を引くこと。

力を入れすぎるとラインがガタガタになってしまうので、感覚を頼りに綺麗な線を引ける体勢を工夫してみてください。

力を入れるとこうなる。(1本目の記憶)

 

綺麗に切断できたら、こちらの切断面もカンナで平らにして「幅31mm」に調整します。

両側面・厚みが全て均一に整えば、この工程は完了です。

なお、横板は3本使うことになるので、3本とも全く同じ工程を行う必要があります。

1本が1.2mm、もう2本が1.1mmではおかしいので、3本とも全て同じになるように頑張りしょう!

今回は「31mm」で調整していますが、これは絶対的なものではなく、幅はブロックの厚みと一緒になります。

ブロックの厚みが30mmであれば横板も30mmに調整しますし、29mmであれば目指す横板の幅は29mmです。

失敗談

これは余談ですが、一本目はケビキの扱いに慣れていなかったため、「31.5mm」にセットしたにも関わらず「30mm」の高さになってしまいました。横板の幅が短くなると、後の作業でブロックの高さも低くなります。


ガタガタに切れてしまったため、カンナをかける量が増えてしまい、結果的に「31.5mm」から「30mm」になってしまったのです。結局横板を計3本作るのに

・1本目はボツ(ガタガタすぎた)
・2本目が上記の寸法(ガタガタ)
・3本(ギリギリOK)
・4本目(本当はやらなくてもいいけど、1本ボツになったから予備のをつかってギリギリOK)

な有様となりました。

慣れてしまえば楽ですが、私のように慣れるまで時間がかかる人間もいるので、目標よりも2mm以上余裕をもってケビキを引くのもアリだと思います。

【失敗した原因】

・「ケビキ」を引くのに無駄な力が入っていた。
・「ケビキ」の扱いに慣れていなかった。
・横板を押さえる左手が横板をうまく固定できず、ブレていた。

まとめ

横板の工程では「厚みを薄くする」「幅を均一の長さで整える」作業を行います。

製作者やモデルによって厚みや幅は異なりますが、作業方法はどれも同じです。本数をこなすことで慣れていくので、たくさん数を重ねてレベルアップしていくしかありません!

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン製作 横板 接着【ヴァイオリン製作】横板の組み立て方 Atelier Eren ヴァイオリン製作ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください