Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】横板の調整

ライニングの接着が終わったら、横板の完成はもうすぐです。そこで今回は、横板の調整を行います。

ライニングの余分な部分を削る

ライニングを接着した時に、1mmほど余分に飛び出させて接着しましたが、その部分をまずは削ります。

ヴァイオリン 横板

まず、カンナで横板そのものを削らないように気をつけながら、ライニングの余りを削る作業から。横板とぴったりになる一歩手前までぐるっと一周削っていきます。

ヴァイオリン製作 横板

一周ある程度削れたら、あとは紙ヤスリにてライニング材と横板を均一の幅に揃えます。

ヴァイオリン製作 横板

上下にこすることで、不要な部分が削れていきます。両面が完全にフラットになるまで削る作業を続けますが、もうフラットになっている部分をどんどん削るとどんどん横板の幅が狭くなっていくので注意が必要です。

Cバウツの角を削る

この時点でCバウツの「4つの角」が不揃いの状態なので、調整していきます。

ヴァイオリン製作 横板

画像の通り、角の部分は板と板が重なっており、完成の形よりも若干長くなっています。これを整えます。

ヴァイオリン製作 横板

中央のラインから角の長さは左右対称・均一にしたい為、コンパスを使い、角の「切りたい位置」にラインを書き込みます。

ヴァイオリン製作 横板

ヴァイオリン製作 横板

コンパスにて左右同じ位置にラインを引きました。注意点は側面のラインを引くときは「スコヤ」を使って、ズレないように慎重に引くこと。

ラインに沿って角を削る

ヴァイオリン製作 横板

コンパスとスコヤを使って引いたラインに沿って、ナイフで角を切り落とします。最終的な調整はカンナで行うため、ラインの若干外側を切り落とすのがポイント。

ヴァイオリン製作 横板

4箇所全てある程度切り落とせたら、あとはカンナでライン丁度に調整します。ここでも削りすぎると左右対称にする為にどんどん両角が短くなる為、慎重に削ります。

ヴァイオリン製作 横板

角の長さが調整されたので、最後の調整として「Cバウツ内側」の板を削ります。角が丸いと形としてカッコ悪い為、スクレーパーで角を鋭角に整えていくのがポイント。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作