Twitter・Instagramも運用始めました!

【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ製作 〜荒削り/側面厚み出し〜

ヴァイオリン製作 荒削り

ここまでの工程で「剥ぎ合わせ」→「電動ノコギリ」によるカットを終えました。

さて、ここから行うのは弦楽器特有の膨らみ【アーチ】の製作です。

カットした裏板をひっくり返し、順序に沿ってノミで木材を掘り進めることで、一段階づつヴァイオリンの形に近づけていきます。

アーチ製作は工程が多いため、今回はパーフリングを入れるまでの荒削りの部分を解説します。

工程1. 2本の中心線 / 側面に8mmの線を入れる

裏板を平らな面からひっくり返し、中央部分を頂点に山なりになっている面を表にしてクランプで止めます。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

ちなみに、こちら側が完成した時ヴァイオリンの裏側になる面です。

ヴァイオリンの形は側面から見ると「真っ直ぐ」ではなく、「弧」を描いています。この弧をアーチを呼び、木材を掘ることでアーチを徐々に出していく行程がこの段階で必要になります。

まず、下準備でやるべき行程は2つ。

1つは中央に縦に2本の直線を鉛筆で引くこと。もう1つはケビキを真っ平らな底面に合わせ、8mm幅の線を側面に入れていくことです。

特に側面に入れる8mmの線は今後重要になる線なため慎重に刻む必要があります。

工程2. 縁から中心を目掛けひたすら掘り進める

ヴァイオリン製作 アーチ製作

中央と側面のラインが引けたら、この線を基準に「丸ノミ」で木材を掘り進めていきます。側面は8mmのラインまで掘り、中心の線まで傾斜に見えるように掘り進めます。掘るといっても「デコボコ」な形になるのはよくないので、丸ノミは寝かせた状態で、なだらかに掘りましょう。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

このように中央に向けて掘りますが、力も必要ですし「8mm」のライン以上進めることはNGなのでゆっくりでいいので正確に進めることが重要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

1/3くらいまで掘りましたが、だいぶ腕が痛くなりました。軍手をして休みながらやるのがベストです!

ヴァイオリン製作 アーチ製作

側面から見るとこのような状態になります。だいぶ薄くなりました!Cバウツの先端は大きく削ってしまいがちなので、注意が必要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

2/3付近まで掘り進めたところ。「無の境地」に到達し、ひたすら掘るしかありません!

工程3. 中央にラインを追加し、さらに掘る

ヴァイオリン製作 アーチ製作

2/3ほど掘った時点で中心に更に2本のラインを引きます。次はこのラインに向け掘り進めますが、掘る方向に注意が必要です。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

ノミを進める方向はあくまでも上の画像の通り。この進めかたを守りつつ、底辺部の8mm厚から鉛筆でラインに向かってなだらかな傾斜をつくります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

掘り進めると、このような形になります。まだ傾斜が少しふっくらしているため、この部分を若干削れば概ねOKといったところ。

ボタン部分をのこぎりで削る

底面部が削れたら上部も削っていきますが、まずはボタン部分(ネックを取り付ける部分)を8mmの線に沿って切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

使用する道具は「ノコギリ」です。まずは真横に切っていき、ある程度まで切り終えたら真上から切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

横からギコギコ。線より深く削らないために若干線の上から切り始めましたが、上過ぎたかもしれません^^;

ヴァイオリン製作 アーチ製作

横からボディまで線に沿って切ったら、次は上から切っていきます。こちらも間違って線をこえて切らないように注意をしつつ慎重に切ります。

ヴァイオリン製作 アーチ製作

だいぶ臆病な切り方をしてしまいましたが、とりあえず切れました!あとはノミを使っていらないところを調整します。

調整が終わったら、底部と同様に中央部分に引いた線を目掛けて、傾斜を作っていきましょう。

削り終えた状態

ヴァイオリン製作 アーチ製作

一通り削り終えると、中心に引いた線の内側を除いた部分が削られたことがわかります。ここまで削れたら、一度アーチ面を削る作業はストップです。

工程4. 側面をヤスリで平らに削る

アーチの面が一通り削れたら、次は側面を平らにしていく作業です。

この時点では電動ノコギリでカットした際に残った側面のガタつきがあるはずなので、それをヤスリで平らに削ります。

まずは作業台に裏板をセット

ヴァイオリン製作 裏板 側面

まず、長い角材をクランプを使って作業台に固定します。その先端に裏板をセットし、この状態で側面をヤスリで削っていくのが今回の作業です。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

必要な道具は「各種ヤスリ」と側面が平行になっているか確認するための「スコヤ」です。比較的直線的な箇所は真っ直ぐなヤスリを使い、Cバウツには丸いヤスリ・円型ヤスリを使って削ります。

頻繁に確認しつつ、ヤスリで削る

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ヤスリの持ち方は普通の持ち方とは逆で、細くなっている部分を上に持ちます。縦方向に削ることを意識しすぎると、指で側面をなぞった時に「ガタガタ」してしまうため、斜めに進めながら削っていくことがコツです。

その際に板とヤスリが平行でなければならず、ヤスリが斜めになっていると、板の側面も斜めに削れてしまいます。そして削れた側面を直そうとして削ることを繰り返すと、どんどんボディが小さくなっていくことに。。

なので、正確かつ平行に削ることは必要不可欠です!

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ある程度削ったら、スコヤでちゃんと平行になっているかチェックしていきます。これを側面1周繰り返し、全て平行になるように頑張りましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

綺麗に平行になっている場合は指で側面をなぞった時、凄く滑らかに進みます。側面全体がこの滑らかさになることが理想です。

また、慣れないとなかなか平行に削れないので、しゃがんで目線をヤスリと板と平行にして削ることもオススメ。ヤスリと同じ目線にすることで、ヤスリが斜めになっていないか分かります。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

Cバウツの先端が丸まったり、角度を変に削ると凄くかっこ悪くなるので、ここは特に注意して削りましょう。1周削り終わった時点で、電動ノコギリで切断するときに書いた鉛筆の線は消え、2mm内側に横板に合わせて引いたラインだけが残ります。

工程5. 裏板と横板を合わせて間隔をチェックする

側面を平らにしたら、一度以前に完成させた横板を乗せてみます。横板を乗せる位置は側面から2mm内側に薄く引いてあるラインの位置です。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ライン上に横板を乗せると、大抵横板から裏板側面にかけての「左右の幅」が微妙に違います。例えば左側のCバウツは横板から側面まで2.3mmなのに、右側のCバウスは2.1mmだった・・・、など。

これはもともと引いたラインのズレや側面を削った時に左右の面で削った量に差があったことによるもの。この最後にこの左右の差をできる限り均等になるよう、再び側面をヤスリで整えます。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

もちろん、削りすぎには注意が必要です。この作業を削りすぎない程度に、納得がいく状態まで仕上げたら完成です!

ヴァイオリン製作 裏板 側面

均一に調整した状態がこちら。問題がなければ側面の調整は終わりです。

工程6. モデルに合わせた厚みを書き込む

裏板側面を平らに削ったところで、次は再びアーチを彫ります。この時点ではある程度アーチが作れればOKで、縁に関しては現在の8mmから完成サイズの厚さ約4mmへと掘り進めます。

なお、厚さは箇所によってバラツキがあります。

ヴァイオリンのモデルによって厚さはまるで異なるので、まずはモデルに合わせた厚みを側面に線を書き入れる工程を行うのがオススメです。

完成系の側面の厚みを部分ごとに書く

現在製作中のヴァイオリンは「ストラディヴァリ 1704年製 ベッツ」 をモデルとして製作しているので、完成形の側面の厚みを部分ごとに書き込みます。

ヴァイオリン製作 裏板

ロウアーバウツは「4.0mm」。

ヴァイオリン製作 裏板

アッパーバウツもロウアーバウツと一緒の「4.0mm」の厚さ。

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツ角は「4.5mm」と若干厚め。

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツの中央付近は「4.2mm」です。

ヴァイオリン製作 裏板

最後にボタン部分。コチラは「4.5mm」です!

これが完成した時の側面の厚みとなります。

ケビキを使って側面に線を入れる

各箇所の厚みが決まったところで、最初に8mmにケビキで線を入れた時と同様に線を入れていきます。

ヴァイオリン製作 裏板

今回は厚さが違うため「線が2重」になる箇所がありますが、そういうものなので全然OKです。

ヴァイオリン製作 裏板

ケヤキで1周線が引けたら、線をシャーペンでなぞって線を濃くします。そして、シャーペンの線も1周引けたら、いよいよこの線までノミで掘り進めます。

工程7. アーチを掘り進める 2段階目

再びアーチを彫り進めますが、今回は縁を目標の厚さに整えることが重要です。この厚さは最終ラインとなるので、線以上彫り進めないよう細心の注意をはかって彫りましょう。

ヴァイオリン製作 裏板

また、縁を線の厚さまで落としつつ、全体的な厚さも薄くアーチを描くように彫り進めます。

ヴァイオリン製作 裏板

縁以外はかなり厚くなっているため、じゃんじゃん彫っていって構いません!どんどんパワフル彫り進んじゃいましょう♪

ヴァイオリン製作 裏板

Cバウツも4.5mmに丁寧に削ります。そして、アーチの高さがまだまだ高いので「ゆるやかな丘」のようになるまでコチラも削ったり彫ったりを繰り返しましょう。

ヴァイオリン製作 裏板

ひたすら削る・彫るを繰り返し、ある程度緩やかなアーチになってきました。

ここからまだまだ彫り進めますが、一度ここで区切ります。

まとめ

ヴァイオリン製作は一つ一つの工程を精度よく行うことで完成度が高まります。

今回の荒削りの工程は力仕事が中心にはなりますが、削りすぎてしまったところは元には戻せません。大胆に掘り進めるのも大切ですが慎重さも重要です。

側面の厚みに関しては適当に決めるのではなく、名匠たちが残した歴代の名器を参考にすると良いと思います。

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン製作 パーフリング【ヴァイオリン製作】パーフリングの工程 ヴァイオリン製作工程表ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください