Twitter・Instagramも運用始めました!

【ヴァイオリン製作】裏板の内側を掘る工程

ヴァイオリン製作 裏板 厚み

前回までの工程で裏板のアーチ(表面)を完成させました。しかし、裏板はこれで完成というわけではありません。なぜかというとヴァイオリンは内側を掘る必要があるからです。

そこで今回は裏板の内側を掘って裏板を完成させようと思います。単純な工程ではありますが、楽器の音を大きく左右させる重要な工程です。

工程1.裏板の内側面にラインを入れていく

ヴァイオリン製作 裏板 内側

この工程では裏板にこのようなラインを書き込んでいきます。

何の基準も決めずに彫り始めるのはあまりにも危険なので、まずはラインを書くところから始めます。

アーチを作った表面はもう完成させているため、傷をつけないように革マットで保護するのが基本です。

まずはラインを引く

ヴァイオリン製作 裏板 内側

線の引き方を紹介します。

まずは横板を取り出し「上下のブロック」の横幅・縦幅を定規で図り、裏板の内側面にその寸法を移します。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

上下のブロック位置は横板のラインを書き写した時の線に沿って書き写します。最終的にこの書き写した部分にブロック及び横板が乗っかるため、寸法ミスをしないようにしてください。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

上下ブロックを書き写したら、次にフリーハンドで縁から4〜5mm付近にラインを引いていきます。なかなかこの作業は難しいのですが、指をうまく壁にして滑らせるように線を引いていくことで割と綺麗に引けます。

また、ブロックはのちに角を丸くするため、丸くラインを入れておくのが基本です。

第2のラインを引く

ヴァイオリン製作 裏板 内側

縁から4mm〜5mm付近のラインが一周引けたら、さらに内側にもう一つ線を引きます。線の引き方は厚さ6mmの箇所をキャリパーで測って、どんどん点を打っていき、その点を「線」として繋げていきます。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ひとまず6mmの部分に点を打ってみると、このようなひょうたん型のラインが見えます。どのヴァイオリンでもアーチが綺麗に仕上がっていれば、6mmの点を打つことでこのようなラインができます。あとはこのラインをなぞればOKです。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

なぞった状態がこちら!この第2ラインから内側をまずは掘っていくことになります。

工程2.第2ラインから内側を掘りまくる

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ラインを引いた裏板を専用の台座にセットし、ここからは掘りまくります!ひとまず第2ラインの内側が概ね6mmになるまでノミでガッツリ掘っちゃいましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

掘り掘り掘り。掘り掘り掘り。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

さらに掘り掘り掘り。掘り掘り掘り。注意したいのは「掘りすぎないこと」、そして縦方向に力を入れすぎないことです。この台座は橋のようになっているため、中央が空洞になっています。そのため縦方向に力を入れすぎると、、、割れます。。

そうならないために、とにかく横に掘っていってください。

工程3.各箇所の寸法を書き入れる

第2ラインを大体6mmの厚さまで掘り進めた時点で、細かな寸法を書き入れます。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

寸法は上の写真の通り。中央が6mmで、そこから5.0mm→4.5mm→4.3mm→4.0mmとだんだんと薄くなっていくように彫ります。中央はアーチ頂点の裏に当たる部分なため、一番厚くなっているのが特徴です。

また、内側に引いた第2ラインの外側は約3.0mmの厚さにします。この際に最初に引いた第1ラインを超えて削らないように注意してください。第1ラインの外側は最終的に横板を接着するとき「のりしろ」になるので。

各箇所の厚みは製作者やモデルによって異なります。今回は1本目なので、ある程度均一な厚みを目指して作っています。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

文字とか線とかいろいろ雑ですが、要は真ん中から円を描くようにだんだんと薄くなっていけばよいのです。削りすぎはもちろんよくありませんが、厚すぎると音が鳴らなくなるヴァイオリンになるため、適正な厚さに調整することが求められます。

ひとまずは、厚さを意識しつつノミにて寸法通りの厚さまで彫っていきましょう。

工程4.寸法通りに掘り進める

ヴァイオリン製作 裏板 内側

この工程はどこから彫っても構いません。今回は掘りやすいロウアー部分から始めました。

ラインの縁に気をつけながら3.0mm付近を削っていき、4.5mm・4.3mm・5.0mmに向けて寸法を合わせていきます。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ロウアー部分を削った状態がこちら。ここから寸法を合わせながら中央付近からアッパー部分へと進んでいきます。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

中央付近は角度が急なため、ノミの角度を変えながらうまく彫り進めます。ちなみにこの付近はノミの段階でしっかり削っておかないと、豆カンナで削るときに非常に疲れます。(手にマメができる、まさに豆カンナ)

ヴァイオリン製作 裏板 内側

中央付近を経過し、アッパー部分。こちらもボトム部分と同じように縁と寸法に気をつけて彫っていきます。アッパー部分をある程度彫れたら、あとは全体を見ながら調整していくのが基本です。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

一通り彫れました!ここからは表板と同じく、豆カンナでの調整へと入ります。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ちなみに横から見ると薄さはこれくらい。軽さもだいぶ軽くなってきました。でも、ここからさらに削って軽くなるのです!

工程5.豆カンナで最終調整

ヴァイオリン製作 裏板 内側

ノミである程度の寸法まで進めたら、アーチを完成させた時と同じように豆カンナ→スクレーパーで完成させます。また、この時点で「最終的な寸法」も書き加え、この寸法に合わせて豆カンナで削ります。

最終寸法は中央5.0mmから外に4.5mm→3.8mm→3.2mm→2.7mm。完全にこの寸法通りにすることは難しいですが、できるだけ近い寸法にしていきましょう。

ちなみにもっとも厚い5.0mmだけは必ず守ってください。この部分を削りすぎると、裏板の振動力が落ちて鳴らないヴァイオリンになってしまいます。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

厚さをうまく調節しながら少しずつ薄くしていきます。一箇所を集中的に削るよりは、全体を薄くしながら削るのがベストです。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

厚さは断固厳守!こまめにチェックしながら削るのを心がけましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

尚、厚さと同時に「重さ」も調整します。目指す重さは110.0g!板が重いということはそれだけ厚いということなので、この重さを目指して削るのがベストです。

工程6.スクレーパーで最終調整

ヴァイオリン製作 裏板 内側

最後は毎度おなじみのスクレーパー。もう厚みと重さはほとんど完成しているので、表面を綺麗に整えることに集中して削っていきましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 内側

この工程を綺麗に整えたら、裏板の内側は完成です。注意点は縁を削らないようにすることと、縁と掘り進めた部分の境界線をハッキリさせておくことです。この境界線が曖昧だと、横板を接着するときに分かりづらくなります。

完成!

ヴァイオリン製作 裏板 内側

完成するとこのような形になります。そして、これにて横板に続いて2つ目のメインパーツ「裏板」が完成です!

次回からは表板の製作に入りますが、手順はほとんど裏板と一緒の工程になります。2度目の作業なので、裏板よりも高い完成度を目指します。

まとめ

以上が裏板の内側の掘り方です。寸法を書き入れてひたすら掘るという力作業となりますが、掘りすぎて薄くなった箇所は取り返しがつかないため、大胆かつ慎重に作業は進める必要があります。

また、厚みに関しては「ある程度厚みがあったほうがいい」「できる限り薄くしたほうがいい」など様々な考え方がありますが、現存する木材を使って新作ヴァイオリンとして製作するのであれば薄くしすぎないほうが無難かなと感じます。

次回からは表板の製作に入るので、よろしければこちらもご覧ください。

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン製作 表板 工程【ヴァイオリン製作】表板の製作 切り抜き〜荒削り・アーチの形成 ヴァイオリン製作工程表ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください