Twitter・Instagramも運用始めました!

【ヴァイオリン製作】表板の製作 切り抜き〜荒削り・アーチの形成

ヴァイオリン製作 表板 工程

ヴァイオリン製作も中盤に差し掛かり、いよいよ表板の製作に移ります。

表板の作業工程はほとんど裏板を作った時と同じですが、決定的に違うのは「f字孔」の有無、そして音に大きな影響を与える「バスバー」を作らなくてはいけないことです。

剥ぎ合わせは裏板と表板同時に行っているため、ここでは切り抜き・荒削り・側面の厚み出し・アーチの形成を一気に行います。

「f字孔」に至るまでは裏板と同じ工程をたどるため、極端に作業工程が違う部分以外は少し軽めにご紹介しようと思います。再確認したい方は裏板の工程を参考にしてください。

表板の削り出し〜切り抜き

ヴァイオリン製作 表板

まずは裏板を製作した時と同じで、表板の片面をカンナで平らにします。反対の面が山なりになっていますので、今回も木片をひきつめて、ズレないようにした上で削ってください。

ヴァイオリン製作 表板

平らにしたら横板を表板に乗っけて、実際に「使う部分」を選びます。位置が決まったら横板に沿ってラインを引き、そのラインからさらに2cm外にもワッシャーを使ってラインを引きます。

ヴァイオリン製作 表板

このワッシャーでのライン引きはズレるから難しいんですよね。ズレたらうまく修正しましょう。

ヴァイオリン製作 表板

うまくラインを引けたら一旦横板をどけて、ズレてないか確認してください。OKなら、Cバウツの先端の丸みを整えます。

ヴァイオリン製作 表板

先端は7mmほどの幅で、左右対称にします。カタチがダサくならないように注意してください。

ラインに沿って電動ノコギリで切る!

ヴァイオリン製作 表板

まずはアッパーバウツから入り、上部の余分な木材をカット。

ヴァイオリン製作 表板

次はロウアーパーツの余分な木材をカットし、最後にCバウツをカットします。

ヴァイオリン製作 表板

ちなみに細長く木材をカットして「ライニング用パーツ」を作っておくのも良いかと思います。

ヴァイオリン製作 表板

カットが完了しました!これからこの板を表板の形に仕上げていきます。

アーチの荒削り

カットが完了したら、アーチの荒削りを始めます。まずは中央に縦に2本の直線を鉛筆で引き、削りの目安ラインを作成。

その次に平らにした面にケビキを合わせ、8mm幅の線を側面に入れます。

ヴァイオリン製作 表板

この作業はだいぶ慣れてきたので、綺麗にラインを引けるようになってきました。少しづつですが成長しています!

ヴァイオリン製作 表板

ケビキのラインは鉛筆でナゾっておきます。ラインを見やすくしておかないと、削りすぎてしまうので。

ヴァイオリン製作 表板

線が引けたら表板をクラスプで挟んで、丸ノミでボリボリ彫ります。

裏板を彫った時はまだ工程が分かってなかったので慎重に彫りましたが、今回はどんどん掘ります。荒削りなので、側面の8mmラインさえ越えず、アーチの形を意識さえすればOK。

ヴァイオリン製作 表板

リズミカルに!スピーディーに!どんどん彫ります。注意したいのは、表板はメイプル素材なので、裏板よりも柔らかいです。なので、調子に乗りすぎて彫りすぎないようにしてください。

ヴァイオリン製作 表板

とりあえず、このくらいまで彫ればひとまず完了です。裏板の時と同じくらい彫りましたが、かかった時間は1/3くらいでした。

ヴァイオリン製作 表板

側面から見たらこんな感じです。ひとまず荒削りはこれにて終了。

側面を平らにする

裏板製作時と同様に、荒削り後は側面をヤスリで平らにします。長い木材を作業台にセットし、複数のヤスリを駆使して完璧に平らにしていきましょう。

ヴァイオリン製作 表板

セットが完了したらヤスリを縦に構えて、側面を平らに整えます。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

こちらは裏板製作時の写真になりますが、この目線を保って「手がぶれないように」上下運動させれば、かなり綺麗に平らに出来ることがわかりました。表板もこの技術を使って、ほとんど平らな仕上げに成功しています。

ヴァイオリン製作 表板

側面一周平らにできたら作業は終了です。

パーフリングカッターで線を入れる

まずはパーフリング工程に入る前に、「板がズレないようにするための台座」にはめるブロックをつけます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

これが台座です。台座の中央に四角いブロックがありますが、このブロックを表板の裏面に貼り付けます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

つけ方はこんな感じ。ちなみに木工用のアロンアロファーなどで接着してもOKです。

ヴァイオリン製作 パーフリング

ブロックを本体に接着したら台座に差し込んでクランプで止めます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

次に表板の縁から約5mmのところに一周鉛筆でラインを書き込みます。その後、裏板の時と同様に縁からこのラインまでの部分を平らにします。

ヴァイオリン製作 パーフリング

ゴシゴシとヤスリを使って削っていきますが、注意したいのは裏板よりも圧倒的に表板は柔らかいので、調子にのると一気に削れてしまいます。エッジ部分をガリっとやらないように本当に気をつけましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

Cバウツはヤスリでは削りにくいので、ノミで平らにします。縁周りを全て平らにしたらOKです。

ヴァイオリン製作 パーフリング

ここまで準備ができたらあとはパーフリングカッターを使い、パーフリングラインを入れます。ラインがズレないように、しっかりと楕円形の棒部分を縁に沿わせてカッターを回していきましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

コツは表板を縦にした時、パーフリングカッターが縁と並行であること。ここがズレてると、縁からパーフリングまでの距離が変わってしまいます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

力を入れてくっきりラインを入れておいた方が後で作業がしやすくなります。が、深くラインを入れる場合はズレないように細心の注意を測ってください。

パーフリングの溝を掘る

ヴァイオリン製作 パーフリング

さて、パーフリングカッターでラインを入れたら「ナイフ・パーフリング用のノミ」を使ってパーフリングの溝を彫っていきます。

基本的な彫り方は裏板の時の一緒です。溝の両サイドをナイフで切れ目を入れ、ノミでカリッカリッって感じに彫っていきます。

今回の注意点は2つ。1つは柔らかいため、エッジまで勢い余って削らないようにすること。もう一つは溝からノミを引き抜く時に、木目をめくらないようにすることです。

特にボトムパーツの一番下はめくれやすいため注意しましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

実際注意してもかなりめくれます。それも結構頻繁に。確かに裏板の時よりも彫りやすいのですが、木がめくれるのは非常に厄介です。

ただ、めくれてしまった場合もアロンアロファーでくっつければOK。基本的にはめくめないようにするのがベストですけど。

ヴァイオリン製作 パーフリング

深さは裏板と同じく、1.9mm〜2mmほどに彫ります。パーフリングの端材を使って確認しつつ一周彫っていきましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

完成!裏板の時よりは全体的に上手くいってます。特にCバウツ付近は全然マシになりました。

ヴァイオリン製作 パーフリング

とはいっても、マシになった程度ですね。これはどんどん練習しなければ。。

パーフリングの接着

横板・ライニング・裏板のパーフリングと幾度なく戦ってきたベンディングアイロン。今回もこのアイロンをつかってパーフリング材をアッパーバウツ×2、Cバウツ×2、ボトムバウツ×2の計6パーツ分曲げていきます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

パーフリングの角度に気をつけながら、上手く一周はまるようにアイロンで曲げます。基本的な工程は裏板のパーフリングを作った時と一緒です。ただ、表板の場合はアッパーバウツの先端はネックが入り、ボトムバウツの先端はエンドピン等が入るため、裏板の時のようにパーフリング先端を合わせる必要はありません。

ヴァイオリン製作 パーフリング

アッパーバウツの先端とボトムバウツの先端は上の写真くらい隙間が空いていてもOKです。ただ、開きすぎないように注意はしてください。

ヴァイオリン製作 パーフリング

Cバウツの先端は黒・白・黒となるように斜めに切り落とし、2つ合わせて三角形になるような形に整えます。この作業はCバウツの上下4箇所とアッパー・ボトムのCバウツ寄りの部分4箇所に施します。

ヴァイオリン製作 パーフリング

その後Cバウツのパーフリング溝にパーフリングを合わせたら、接着用にラインを引いておきます。

接着へ

ヴァイオリン製作 パーフリング

パーフリングの接着はスピードが重要です。裏板の時と同様にニカワをスポイトで吸って流し込んでいきます。写真ではCバウツのパーフリングを外していますが、実際はパーフリングを少し浮かせた状態でニカワを流し込みます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

具体的にはCバウツの先端は合わせたままで、その他の部分を浮かせ、その間にニカワを流し込みます。

ヴァイオリン製作 パーフリング

ニカワを流し込んだら、プラスチックハンマーで溝深くまで押し込みます。この押し込みが甘いと耐久性に問題が生じるため、確実に押し込みましょう。

ヴァイオリン製作 パーフリング

一周全て接着できたら完成です。表板は溝が彫りやすく、アッパーバウツ・ボトムバウツの先端を接着される必要もないため、裏板よりも若干簡単かもしれません。ただ、木がめくれやすいのは注意です。

まとめ

表板は裏板よりも柔らかいという特徴がありますが、基本的には裏板と同じ工程を進めていきます。

2度同じ作業をするため、どちらを先に製作しても構いませんが、表板には「f字孔・バスバー」があるので、やはり裏板→表板の順番がセオリーです。

今回は切り抜き〜パーフリングの入れ込みまで行いました。

次回はf字孔の作り方を解説します。

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン製作 表板 アーチ【ヴァイオリン製作】表板アーチの仕上げ/f字孔の位置決め ヴァイオリン製作工程表ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

2 COMMENTS

若井周治

はじめまして。札幌のアマチュアヴァイオリン弾きです。ためになる記事ありがとうございます。私は現在キットですが、ヴァイオリンを製作中です。今パーフリングを入れる作業に入るところです。写真入りの親切な記事本当にありがたいです。

返信する
高屋 千尋

暖かいお言葉をありがとうございます!
ヴァイオリンを弾かれる方にとってヴァイオリンを作ることは演奏に必ずプラスになると思います。
どう作られているのか、どんな構造になっているのかを身をもって体験できるのは非常に貴重です。

今後も様々な方にヴァイオリンおよびヴァイオリン製作に興味を持っていただけるような記事を作っていきたいと思いますので、是非これからも読んでみてください。

若井様のヴァイオリンライフがより実りのあるものになることを祈っています。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください