Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】裏板の側面を平らにする

今回は裏板の側面を平らにしていく作業になります。電動ノコギリで裏板をヴァイオリンの形にした時、どうしても側面が若干ガタついてしまっているため、それをヤスリで平らに削ります。

まずは作業台に裏板をセット

ヴァイオリン製作 裏板 側面

まず、長い角材をクランプを使って作業台に固定します。その先端に裏板をセットし、この状態で側面をヤスリで削っていくのが今回の作業です。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

必要な道具は「各種ヤスリ」と側面が平行になっているか確認するための「スコヤ」です。比較的直線的な箇所は真っ直ぐなヤスリを使い、Cバウツには丸いヤスリ・円型ヤスリを使って削ります。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ヤスリの持ち方は普通の持ち方とは逆で、細くなっている部分を上に持ちます。縦方向に削ることを意識しすぎると、指で側面をなぞった時に「ガタガタ」してしまうため、斜めに進めながら削っていくことがコツです。その際に板とヤスリが平行でなければならず、ヤスリが斜めになっていると、板の側面も斜めに削れてしまいます。そして削れた側面を直そうとして削ることを繰り返すと、どんどんボディが小さくなっていくことに。。なので、正確かつ平行に削ることは必要不可欠です!

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ある程度削ったら、スコヤでちゃんと平行になっているかチェックしていきます。これを側面1周繰り返し、全て平行になるように頑張りましょう。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

綺麗に平行になっている場合は指で側面をなぞった時、凄く滑らかに進みます。側面全体がこの滑らかさになることが理想です。また、慣れないとなかなか平行に削れないので、しゃがんで目線をヤスリと板と平行にして削ることもオススメ。ヤスリと同じ目線にすることで、ヤスリが斜めになっていないか分かります。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

Cバウツの先端が丸まったり、角度を変に削ると凄くかっこ悪くなるので、ここは特に注意して削りましょう。1周削り終わった時点で、電動ノコギリで切断するときに書いた鉛筆の線は消え、2mm内側に横板に合わせて引いたラインだけが残ります。

側面を平らにしたら一度横板を乗せてみる

側面を平らにしたら、一度以前に完成させた横板を乗せてみます。横板を乗せる位置は側面から2mm内側に薄く引いてあるラインの位置です。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

ライン上に横板を乗せると、大抵横板から裏板側面にかけての「左右の幅」が微妙に違います。例えば左側のCバウツは横板から側面まで2.3mmなのに、右側のCバウスは2.1mmだった・・・、など。

これはもともと引いたラインのズレや側面を削った時に左右の面で削った量に差があったことによるもの。この最後にこの左右の差をできる限り均等になるよう、再び側面をヤスリで整えます。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

もちろん、削りすぎには注意が必要です^^;この作業を削りすぎない程度に、納得がいく状態まで仕上げたら完成です!

ヴァイオリン製作 裏板 側面

次回は裏板のアーチをひらすら掘る作業です!。現在裏板の厚さは8mmに掘られていますが、これを最終段階の4mmラインに合わせていきます。

それでは、また♪

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作