Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】横板を組み立てていくVol.1

ヴァイオリン製作 横板の組み立て

前回「横板」の厚みを出しましたが、今回はその「横板」を使って枠の形に横板を組み立てていきます。この横板の組み立て作業は「2日」に分けて行われます。今回は「1日目」の作業です。まずは以前に「接着面だけ綺麗にして枠に接着した」ブロッグ材を綺麗に整えていくことからスタートです。


↑この状態から横板を組み立てていきます。

6パーツの表裏面全てにラインを引く


まずは型枠の半面板(完成元)をブロック材に当てて鉛筆でラインを引きます。ポイントは尖っている部分は若干ラインを伸ばして引いておくことです。ブロックの表、裏どちらも同じようにラインを引きますが、その時に木目の方向を書いておくと、削る方向がわかるので便利です。


このように削りやすい木目の方向を記入しておきます。

ラインに沿ってノミで削っていく


引いたラインに沿って、ノミを使い削っていきます。注意したいのは「引いたラインより内側に決して削らないこと」です。削った分は取り返しがつかないので、かなり慎重にやります。


上記のように、ちょっとずつ慎重に削っていきます。このブロックに沿って横板が組み立てられるので、凸凹のないように綺麗に削らなければいけません。実際に削らないとイメージしにくいと思いますが、以下のコツがあります。

「画像のブロック 上から下の方向」に削っているのですが、下の方の木材のラインに沿ってノミで切り込みのラインを刻んでおくと、これ以上削っちゃいけない限界点がわかります。

この工程を「中央4パーツの内側→Cの型の部分」だけ行います。この箇所以外は削ってはいけません!あせらないで!

横板をアイロンで曲げる

中央4パーツの内側のブロックを「型に合わせて、型通り」に削り出したあとは、難関の「横板曲げ」です。この作業は「ベンデイングアイロン」というヴァイオリン製作用のアイテムを使って行います。

ベンデイングアイロンのスイッチを入れて、温度を上げていきます。温度の目安はアイロンに水滴を落とした時に「ポヨンポヨン」と水滴が跳ねるくらいです。

※ごめんなさい、ここから写真が足りなくなります。写真を撮っている余裕が、、、、。いずれ追記したいです。

横板曲げ工程

水で濡らした布を横板に当てる。


引っ張り金具(ベルト)の上に横板をセット!この上に水で濡らした布を全面に当て、ベンデイングアイロンに擦り付けます。これは水分の蒸気で横板木材を柔らかくして、曲げやすい状態を作るためです。

横板をアイロンに巻きつけて曲げる

木材が柔らかくなったら、ベルトに横板木材を乗っけて「ベンデイングアイロン」の丸みを使い、少しずつ木材を曲げていきます。注意したいのは「急に曲げようとしたり」、「無理な力が入っていたり」、「木材が柔らかくなっていない状態で曲げよう」とすると、、、

ヒビが入ったり、割れます。。。。

このアイロン作業は難しいので、ちょっとづつ慣れるしかないと思いました。

※横板をアイロンで曲げる作業は計「6パーツ」です。どの横板をどこに配置するかを木目を考慮してあらかじめ決めておきます。


まずはCのラインのパーツを2つ作ります。曲げたり、伸ばしたりを繰り返して「型」にぴったりの型に横板を曲げます。必要ない余分な部分は「スコヤ」でラインを入れて、カッターにて切り落とします。


Cの型に曲げた横板を「型枠」に隙間なく完全にピッタリに合うようにして「クランプ」にて挟みます。


↑ピッタリと枠に合うように横板を曲げた状態です。これを左右2パーツ作成したのち、ブロック材を型枠に接着した時に使った「ニカワ」を再度使い、ブロック材と「C型の横板」を接着します。

工程としては、一度クランプを外して「ブロック材+横板の接着面」に素早く「ニカワ」をつけて接着、さらに素早くクランプを再度装着します。「ニカワ」は時間が経つと粘着力が落ちるため「素早く接着」することが非常に大事です。

※接着させたくない部分【型枠】には石鹸を塗りたくっておきます。じゃないと【型枠】が取れなくなります。。。。


両サイドの「C型横板」を接着したところで今回は終了です。「C型横板」がブロックと接着できてないと次の工程に進めないので接着を待ちます^^;

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作