Instagram・Twitter 始めました!

日本バイオリン製作研究会 第17回作品展示会を終えて

ヴァイオリン製作

日本バイオリン製作研究会 第17回作品展示会を無事終えることができました。

当初は駆け出し製作者の楽器を試奏してくれる人なんているのだろうかと不安に思っていましたが、予想に反し、両日共にたくさんの方に試奏していただけました。

この機会をお借りし、感謝申し上げます。

第17回作品展示会 出展楽器 ストラド ベッツモデル

今回初めての展示会に出展した楽器はストラディヴァリが1704年に製作した「ベッツ」という名のモデルのコピーです。

コピーとはいえど、ところどころ寸法が変わったり、厚みが違ったりするため、いつの間にか自分カラーの楽器になってしまうわけですが、なんとか完成に漕ぎ着けることができました。

土屋貴寛 ヴァイオリン

ニスはオイルニスを使用。ペグ・テールピース・顎当ては柘植です。弦は全弦ドミナント、全体的にオレンジ系の明るい色味に仕上がっています。

細部まで覘くと一本目らしい粗がかなり目立ちますが、全体をぼやっと見渡すと割と素敵です。

土屋貴寛 ヴァイオリン

裏板は2枚板の杢目は中幅よりもやや細めの太さで下方向に伸びています。

色むらは少しできてしまったのと、最後の透明ニスが厚塗りになってしまったことは反省点ですが、表板同様に遠目から見ると気になりません。

ただ、先輩方の作品と比較すると全然粗いので、これは当面の課題です。

土屋貴寛 ヴァイオリン

横面から見るとこのような感じです。スクロールは割と上手くいきました。横板も大きな問題はなく、ニスも綺麗に塗れたのでよかったです。

アーチも最終的には綺麗な膨らみができました。

ただ、ネックとボディの接着面のニスが厚塗りになってしまったこと、ニス塗り後にネックを触りすぎて少し色味が変わってしまったことは反省点です。

音に関しての評価

と、木工的な部分では始めてながら上手くいった部分と全然ダメな部分が点在する形となりましたが、音に関しての評価はどうだったかというと。。

ありがたいことに、多くの高評価をいただきました!

これは素晴らしい先生の教えのおかげなのですが、本当に嬉しかったです。

土屋貴寛 ヴァイオリン

 

なお、試奏していただいた方から頂いた感想は以下の通りです。

・新作ヴァイオリンらしく、弾きやすく、よく鳴る。

・全体的にバランスがよく弾きやすい。

・G線が弾きやすい。

A線、E線の音の伸びがいい!

細部の仕上げについてはツッコミたい部分があったと思いますが、音に関しては嬉しいお言葉をいただけました。

実際にミニコンサートにてプロの奏者に演奏していただきましたが、自分の耳で聴いても高音の伸びはいい感じだったと思います。

プロの製作者の方からも褒めていただき、まだまだ自分だけでは仕上げられない未熟者ながらも嬉しかったです。

ヴァイオリン製作 展示会 アカデミーホール

ギリギリでの出展となった上に1本目からこのような場に参加することには正直不安でしたが、出展したことは自分にとって間違いなくプラスになりました。

他の製作者さんとも交流することができ、本当によかったです。

「次の作品も楽しみにしてます」と声もかけていただけ、俄然頑張ろうという気持ちが高まりました。

最後に

展示会デビューとなった日本バイオリン製作研究会 第17回作品展示会。

無謀にも1本目から展示会に参加することにしたわけですが、その分収穫も大きかったです。

今後も少しでも先輩方に近づけるよう頑張っていきたいと思いますので、応援の方何卒よろしくお願いしたします。

また、ブログを見て展示会に来ていただいた方々、いつもお世話になっている先生。

この度は本当にありがとうございました。

2 COMMENTS

taK

5月18日、作品展示会で高屋様のバイオリンを試奏させていただきました!
高音が印象的で、とても良く、感激しました。ありがとうございました。
私は趣味レベルのバイオリン弾きで、まだまだですが、
ゲーム等の演奏が好きなので、またお話できる機会がありましたら
よろしくお願いいたします。

返信する
高屋 千尋

taK様
先日はご試奏ありがとうございました!
初めての出展だったため不安でしたが、気に入っていただき嬉しいです。
まだまだ未熟者ですが、次作も気に入ってもらえるヴァイオリンを作れるように頑張ります。

私もゲーム曲は大好きなので、またお話したいです。
今後とも何卒よろしくお願いいたします。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください