進行状況は Instagram&Twitter にて更新中!

【ヴァイオリン製作】裏板の切り抜き

ヴァイオリン製作 裏板 切り抜き

難関工程である「剥ぎ合わせ」をクリアしたら、次は裏板・表板の完成を目指し作業を進めます。

裏板と表板はどちらから作り始めても大丈夫ですが、個人的には裏板→表板の順番がベストだと思います。

今回はまず剥ぎ合わせた裏板をヴァイオリンの形へと切り抜き、そこから弦楽器特有のアーチを作り上げます。

工程1.接着した裏板をフラットにする

裏板をヴァイオリンの形に切り抜くため、まずは表面をフラットにします。

ちなみにフラットにする面は接着したときに線をつけた面です。もう片面は山なりになっているので、木片をひきつめてカンナで削りやすい状態にしてから削り出します。

ヴァイオリン製作 裏板製作

削る準備ができたら、この面が平らになるまで削りましょう。また、この工程は極めて完璧を求めなくても大丈夫です。

横板を乗せた時に隙間が開いてなければ問題ありません。

ヴァイオリン製作 裏板

ただ、剥ぎ合わせた中心と面が直角になっていることは絶対に意識しておかなければいけません。

もし曲がった状態で作業を進めてしまった場合、楽器のアーチが曲がった形になってしまいます。

非常にカッコ悪くなるので、スコヤを使って直角であることを確認しつつ、カンナをかけましょう!

ヴァイオリン製作 裏板

一通り平らに削り終わると、綺麗な杢目がその姿を現します。

直角であることも確認し、よければ次の工程へ進みます。

工程2.横板を基準にワッシャーで切り抜き線を書く

裏板をヴァイオリンの形に切り抜く工程へと入りますが、ここで必要となるのが以前に完成させた「横板」です。まず、この横板を板にセットします。

ヴァイオリン製作 裏板製作

裏板の木目を見て、使いたい部分を決めます。位置が決まったら横板を裏板にセット。そして「横板」の線に沿って丸錐で線を引き、さらに「2cmワッシャー」を使い、横板から2cmの位置にもラインを引きます。

ヴァイオリン製作 裏板製作

ラインが2重になっている部分や、ずれてしまった部分は綺麗に整えます。

これで完成かと思いきや、ワッシャーを使ってラインを引いているため、Cバウツの4つの先端が丸みを帯びています。次はこの丸みを整えなければいけません。

ヴァイオリン製作 裏板製作

使用しているテンプレートの「角の形」「角度」「幅」を手書きで調整します。ヴァイオリンは左右均等であることが求められるため、左右で差がないように描きあげましょう。

ヴァイオリン製作 裏板製作

幅は6.5〜7mmくらい。ストラディヴァリにおいては曲線は広がらず平行に進むイメージです。

なお、画像に書かれている広がっていくパターンは「ガルネリ」などで使用されるパターンとなります。

製作者や年式によってデザインは異なるので、参考にするモデルをよくみて、書き込み方を工夫しましょう。

ヴァイオリン製作 裏板製作

4つの角を綺麗に描き揃えたら、この工程は殆ど終わったも同然です。

書き込んだアウトラインを参考モデルやテンプレートと照らし合わせて、問題なければ切り抜きへと進みましょう。

工程3.電動ノコギリで切り抜く

最後に作成したアウトラインに沿って電動ノコギリで切っていきます。

線より内側に削りすぎてしまったら、その時点で「終了(ジ・エンド)」なので、アウトラインよりも余裕を持って切り抜くのがオススメです。

ヴァイオリン製作 裏板製作

アナログな糸ノコギリを使う方もいますが、できれば電動ノコギリで一気に切り抜いてしまいましょう。

切る順番としてはヴァイオリンのボタン部分から切り始めるのがオススメです。

ヴァイオリン製作 裏板製作

難しい「Cバウツ」の部分は残して、それ以外をカットします。そして最後に「Cバウツ」部分を綺麗にカットして終了です。

電動ノコギリの扱いに慣れていない場合は、別の木材で練習してから作業するようにしましょう。

切り終えた裏板

ヴァイオリン製作 裏板製作

切り終えた裏板がコチラ。木材がだいぶヴァイオリンらしくなってきました。

次の工程と全体の工程表はこちら

ヴァイオリン製作 荒削り【ヴァイオリン製作】裏板のアーチ製作 〜荒削り/側面厚み出し〜 Atelier Eren ヴァイオリン製作ヴァイオリン製作工程 〜木材が楽器になるまで〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください