Atelier Eren はWEBの仕事をしながらヴァイオリンを作っている「少し変わった人」の製作日記です

menu

Atelier Eren/アトリエ・エレン ヴァイオリン製作とファンタジーを綴る日記

【ヴァイオリン製作】表板の製作 削り出し〜側面を平らに

ヴァイオリン製作も中盤に差し掛かり、いよいよ表板の製作に移ります。表板の作業工程はほとんど裏板を作った時と同じですが、決定的に違うのは「f字孔」の有無。ヴァイオリンを象徴する装飾に取り掛かる時がついにきました。

「f字孔」に至るまでは裏板と同じ工程をたどるため、極端に作業工程が違う部分以外は少し軽めにご紹介しようと思います。

表板の削り出し〜横板に沿った形にカット

ヴァイオリン製作 表板

まずは裏板を製作した時と同じで、表板の片面をカンナで平らにします。平らでは内面は山なりになっていますので、今回も木片をひきつめて、ズレないようにした上で削ってください。

ヴァイオリン製作 表板

平らにしたら横板を表板に乗っけて、実際に「使う部分」を選びます。位置が決まったら横板に沿ってラインを引き、そのラインからさらに2cm外にもワッシャーを使ってラインを引きます。

ヴァイオリン製作 表板

このワッシャーでのライン引きはズレるから難しいんですよね。。ズレたらうまく修正しましょう。

ヴァイオリン製作 表板

うまくラインを引けたら一旦横板をどけて、ズレてないか確認してください。OKなら、Cバウツの先端の丸みを整えます。

ヴァイオリン製作 表板

先端は7mmほどの幅で、左右対称にします。カタチがダサくならないように注意してください。

ワッシャーのラインに沿って電動ノコギリで切る!

ヴァイオリン製作 表板

まずはアッパーバウツから入り、上部の余分な木材をカット。

ヴァイオリン製作 表板

次はロウアーパーツの余分な木材をカットし、最後にCバウツをカットします。

ヴァイオリン製作 表板

ちなみに細長く木材をカットして「ライニング用パーツ」を作っておくのも良いかと思います。

完成!

ヴァイオリン製作 表板

カットが完了しました!これからこの板を表板の形に仕上げていきます。

アーチの荒削り

カットが完了したら、アーチの荒削りを始めます。まずは中央に縦に2本の直線を鉛筆で引き、削りの目安ラインを作成。そしたら真っ平らな面にケビキを合わせ、8mm幅の線を側面に入れます。

ヴァイオリン製作 表板

この作業はだいぶ慣れてきたので、綺麗にラインを引けるようになってきました。少しづつですが成長しています!

ヴァイオリン製作 表板

ケビキのラインは鉛筆でナゾっておきます。ラインを見やすくしておかないと、削りすぎてしまうので。。

ヴァイオリン製作 表板

あとはクラスプで挟んで、ノミでボリボリ彫ります。裏板を彫った時はまだ工程が分かってなかったので慎重に彫ましたが、今回はどんどん掘ります。側面の8mmラインさえ越えず、アーチの形を意識さえすればOK。

ヴァイオリン製作 表板

リズミカルに!スピーディーに!どんどん彫ります。注意したいのは、表板はメイプル素材なので、裏板よりも柔らかいです。なので、調子に乗りすぎて彫りすぎないようにしてください。

ヴァイオリン製作 表板

とりあえず、このくらいまで彫ればひとまず完了です。裏板の時と同じくらい彫りましたが、かかった時間は1/3くらいでした。

ヴァイオリン製作 表板

側面から見たらこんな感じです。ひとまず荒削りはこれにて終了。

側面を平らにする

裏板製作時と同様に、荒削り後は側面をヤスリで平らにします。長い木材を作業台にセットし、複数のヤスリを駆使して完璧に平らにしていきましょう。

ヴァイオリン製作 表板

セットが完了したらヤスリを縦に構えて、側面を平らに整えます。

ヴァイオリン製作 裏板 側面

こちらは裏板製作時の写真になりますが、この目線を保って「手がぶれないように」上下運動させれば、かなり綺麗に平らに出来ることがわかりました。表板もこの技術を使って、ほとんど平らな仕上げに成功しています。

ヴァイオリン製作 表板

側面一周平らにできたら作業は終了です。

まとめ

今回は表板の削り出し〜側面を平らにするところまで表板製作を進めました。ほとんど裏板製作と同じ作業をしているため殆どの作業がスピードアップ・クオリティアップしています。ただ、削り出しで平らにするのだけは、なかなか上手くならない・・^^;

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ヴァイオリン製作

ヴァイオリン製作