マイナー時計メーカー「ジン」の特別モデルがかっこいい

高級時計ブランドといえばロレックス・オメガ・タグホイヤーといったところが有名ですが、世の中には知名度こそ低くてもすごくカッコイイ時計も存在します。その一つが「ジン」という時計メーカーの特別モデル。

正直「ジン」自体の時計は汎用ムーブメントをした当たり障りのない機械式時計なのですが、なぜか特別モデルだけ異常にカッコイイものがあったので、それを紹介します。

ジン 機械式時計
出典:http://www.sinn-japan.jp/

高級時計メーカー「ジン」

ジンの正式名は、ドイツ語で「ジン スペツィアルウーレン」日本語では「ジン特殊時計会社」という意味です。高級時計のほとんどはスイス時計ですが、このジンはドイツの時計ブランド。『使うためだけの時計』作りを哲学としたドイツらしい実用性重視の時計を製作しています。

高級時計 ジン
出典:http://www.sinn-japan.jp/

ジンの時計の新品相場価格は30万〜50万ほど。一般人からすれば凄く高いですが、高級時計の世界からするとエントリークラスの時計といえます。ただ、この価格帯は人気の時計ブランド「タグホイヤー・オメガ」辺りに良質な時計が揃っているので、よほどもの好きな人でない限りは手に取ることがない時計だと思います。

私も正直ジンのデザインは男性的すぎてあまり好きではありません。。

ですが、ドレスデン時計工房(UWD)、SUG(ザクセン時計技術社グラスヒュッテ)、そしてジンの3社がドイツメイドにこだわって製作したオリジナル時計“Meisterbund”は一味違いました。

Meisterbund

ドイツメーカー3社がドイツメイドにこだわって製作した腕時計がこの「Meisterbund」。この時計は全てドイツで製作されたもので、ドイツの技術者と職人の高度な時計製作の結晶でもあります。

ジン 時計
出典:http://www.sinn-japan.jp/

ローズゴールドのケースに細身の針。縦長のインデックスがとてもオシャレです。本体サイズは直径40mm×厚さ9.3mmと一般的な男性にちょうどいいサイズ。そして、このモデルは世界限定55本というとても希少性の高いものとしても魅力です。

ちなみに価格は¥2,300,000。。超高級時計です。普通の人は買えません。。

真のカッコよさはムーブメント!

このモデルの真のカッコよさはムーブメントに隠されています。この時計は裏蓋がスケルトンになっているシースルバックというタイプの時計なのですが、裏から見るムーブメントが異常にかっこいいのです。

ジン 時計
出典:http://timetransformed.com/

なんでしょう。歯車の並びがとてもカッコよく、まさに機械で動いている感がすごいんです。もっと華やかで美しいムーブメントは他の時計ブランドでたくさん見かけることができますが、この機械機械した感じはなかなかお目にかかれません。

世界で55本しかないというところもレア感があって素敵なので、もし自分が大富豪だったら欲しいと思っちゃいました。

まぁ、、そんなお金ありませんケドネ。

まとめ

高級腕時計はどうしても「ブランド品」としてのステータス性を見せびらかす為のものと考えられがちですが、ムーブメントがカッコイイ時計は純粋にカッコイイと思います。やっぱり、裏ぶたからムーブメントは見えないと。あの歯車感が素敵なのですから!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください