Instagram・Twitter 始めました!

ヴァイオリンはクラシック以外を弾いても楽しめる

ヴァイオリンはクラシック音楽だけのもの?

ヴァイオリンは他の楽器に比べ敷居が高く、演奏している方も子供のころから演奏を続けてきた人ばかりです。

大人になってからヴァイオリンを始めようと思っても、クラシック音楽になじめなかったり、初心者お断りの雰囲気に負けて諦めてしまうという方もいるでしょう。

しかし、ヴァイオリンは「クラシック好き」「子供の時から始めた人」だけが楽しめる楽器ではありません。

ポップスしか興味ない、アニソンしか興味ない、ゲーム音楽ばかり聴いている。そんな庶民でも気軽に弾いていい楽器だと思います。

ヴァイオリンってなんかカッコいい。楽器を始める理由なんてそんなもんでOKなんです。

クラシックを弾かなくてもヴァイオリンは楽しめる

日本においてクラシック音楽ファンがどれだけいるかご存知でしょうか?

統計では「約1%」。

ヴァイオリンを始めたらこの1%の音楽を弾かなければならないというルールなんてありません。

ロックでもポピュラーでも民族音楽でもゲーム音楽でも自分がテンションの上がる音楽を好きに弾けばよいのです。

ヴァイオリン 初心者

両手で複雑な動きを展開するピアノに対して、ヴァイオリンは旋律楽器です。ある程度弾けるようになれば、好きな曲を自由に楽しめるようになります。

最初はクラシックの練習曲を頑張る必要はありますが、ずっとクラシック音楽を弾く必要はありません。

 

ヴァイオリンを含む弦楽器は美術工芸品でもあるため、格調高く感じてしまうのは仕方ありません。

ただ、だからと言って上流階級の方だけが嗜む楽器だと身構える必要はないです。

ロマ(ジプシー)音楽やタンゴ、アイリッシュ音楽、カントリー音楽。

ヴァイオリンを使う音楽はクラシック以外にもたくさん存在しますが、これらの音楽は農民や決して裕福ではない人たちから生まれました。

アイリッシュ音楽

日本では1%の世界に偏っているから取っ付きにくさを感じるだけで、本来はヴァイオリンは想像しているよりも気軽に楽器を始めることができる楽器です。

綺麗な服を来て上品に楽しまなくても、自分にとってちょうどいいランクの楽器を買って、ジャージを着ながら、こじんまりと好きな曲を弾くだけでも楽しめます。

ヴァイオリンはお金持ちが演奏するクラシック音楽の楽器。

日本では当たり前に染みついてしまったイメージですが、とりあえず一度これを忘れてみましょう。

たとえ数万円の楽器であっても演奏を楽しむことができるのですから。

問題 – モチベーションをどう保つかが課題

クラシックを弾かなくてもヴァイオリンは楽しめます。

カッコいい楽器で好きな音楽を弾く。

ヴァイオリン族の見た目の美しさは全ての楽器の頂点だと思っているので、楽器をケースに入れて持ち運ぶだけでも満足感を得られるはずです。

ただ、クラシック音楽を弾かない場合、モチベーションを保つが少しだけ難しくなります。

その理由は以下の通り。

・同じジャンルを楽しめる仲間が少ない
・旋律楽器である
・楽譜が少ない

なんだかんだいってヴァイオリンに対して敷居の高さを感じる人は多いです。

その結果、ヴァイオリンを始めても好みのジャンルが合う人がいないという状況になりがち。

ピアノは自己完結できる楽器だから一人でも十分に楽しめますが、ヴァイオリンは旋律楽器なので、どうしても誰かと楽しみたくなります。

同じジャンルを楽しむ仲間がいないとやっぱり寂しくなってくるわけです。

ヴァイオリンを弾く人はクラシックを弾く人ばかりですからね、、。

 

また、クラシック以外のヴァイオリン用楽譜が少ないこともモチベーション維持が難しい一つの要因です。

 

ヴァイオリン 楽譜

ピアノはクラシック以外にもアニソンやジャズ、懐メロ等、様々な楽譜が出版されていますが、ヴァイオリンに関してはまだまだクラシックに偏っています。

何故、クラシック以外の譜面が出版されないのか?というと、売れないからです。需要がないので。

その結果弾きたい曲の楽譜が無い=弾けないという状況に繋がり、モチベーションが下がります。

解決 – SNSをいかに使うかがポイント

モチベーションを保ちにくい。その問題を解決するためには、SNSの活用が大切だと私は考えています。

大人からヴァイオリンを始めると、なかなか発表会をモチベーションにすることができず、練習に身が入らないケースが多いです。

そこでSNSやブログを使って趣味の近い人と繋がることができれば、マイペースにモチベーションを維持できるのではないかと考えます。

SNS ヴァイオリン

例えばゲーム好きな方であればゲーム曲の演奏を趣味とする人と繋がることで、練習することが楽しくなります。

ゲーム音楽を弾きたいヴァイオリン仲間を作るのは大変でも、ゲーム音楽が好きなピアノ弾きの方と交流するのは、そこまで難しくありません。

交流によって前項で解説した

・同じジャンルを楽しめる仲間が少ない
・旋律楽器である

というモチベーション低下要因を解決できるかもしれませんし、誰かと楽しむことで弾きたい曲も増えると思います。

後は下手なりに演奏動画をyoutubeにアップしてみるのも面白いかもしれません。定期的に演奏を公開することを目標にすればモチベーションも上がりますし、誰か一人でも応援してくれれば力になります。

youtube ゲーム曲 演奏

 

やや脱線した内容にもなりましたが、何が言いたかったかというと、

ヴァイオリンはクラシックに興味が無くても楽しめるよ!

ということです。

弦楽器の世界に貴族的な雰囲気を感じてしまう人も多いと思いますが、もっと気軽に始めてみても良い気がします。

かくいう私も演奏に関してはこれから本格的に始める段階ですので、もし楽器を演奏していて「孤独だ!」と感じている方がいれば、お気軽に話しかけてください。

最後に

どうしてもクラシック音楽が主流になりがちなヴァイオリン。他のジャンルが弾きたいという方は、モチベーションの維持するための工夫が必要です。

そこでオススメなのはSNSやyoutube等を駆使すること。

サークルに入ったり作ったりすることも良いですが、負担を感じずに自分のペースで楽しむことが長く楽器を続ける秘訣な気がします。

自分の好きな音楽をヴァイオリンで弾く。

そして、誰か一人でも一緒に語り合える仲間をつくることができれば最高だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください